<   2016年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

0910-「20世紀少年」の町-291 (南吉生誕103年-146)

詩人・茨木のり子とふるさと西尾-3

茨木のり子のことをもう少し調べようとして先日、図書館へ行ってきました。ところでそこでハタとつまづきます。というか自分が根本から間違っていたことを知らされました。図書の検索をしますと一冊の本も出てこないのです。「そこそこ有名な詩人なのに、そんなばかな!?」

f0005116_22104122.jpg数秒考えてから検索し直したら、今度はいっぱい本が出てきました。何を間違ったかというと、茨木は「いばらき」ではなく「いばらぎ」と濁って読むのでした。そんなことさえ知らずに、茨木のり子の話を書こうとしているわけです。ついでに言えばタイトルがずっと「茨城」になっていました。(笑)

ところで少しのり子のペンネームのいわれを見ていきますと、歌舞伎の舞踊曲に「茨木」(なんと通常の読みは「いばらき」)というのがあり、ペンネームを考えていた時、ちょうどそれがラジオから流れていたからだといいます。

だったら初めから「いばらき」で良いのに、と思うのですが「いばらぎ」となった理由を、私はまだ見つけられていません。歌舞伎でもそう呼ぶこともあったのか、何か強い響きがほしかったのでしょうか。

また、歌舞伎の茨木童子(いばらきどうじ)は大江山の酒呑童子の家来の鬼で、羅城門または京都の戻り橋で源頼光の四天王の一人・渡辺綱に悪さをし、片腕を切り取られますが七日目の晩に綱の叔母に姿を変え、隙を見てその腕を取り返すと空に舞って消え失せます。

のり子はこの話が好きで、「鬼の我執というか、自我にあやかりたいと思って、ヒョイとつけたペンネーム」だったと「櫂」小史に書いています。何かに向かって真っすぐとか、意思をしっかり持つということなのでしょうか?
ところでのり子の生まれは大阪府で、5歳で京都へ移ったことしか知りませんが、同小史には後年京都の戻り橋に行った事や、大阪府の茨木(いばらき)市の茨木童子伝説に関連した記事がみられます。

f0005116_20462825.jpgということでのり子の生涯を知る参考本として、先にあげた後藤正治著「清冽 茨木のり子の肖像」を借りたり、「茨木のり子詩集 言の葉」1などを購入しました。

先の「清冽」というのは「水などが清らかに澄んで冷たい様」ですが、本文(10章-1)に「茨木の主調音が個の精神の清冽さであった」と書かれています。(詩「古歌」にも出てくるそうです)また図録「詩人・茨木のり子とふるさと西尾」の冒頭の、「ごあいさつ」文には「凛とした生きる姿勢」「社会を見つめる鋭い批評眼」「優しさとユーモア」という記述があります。

さて何も知らずに「清冽」を読んでいくと、「根府川の海」や「わたしが一番きれいだったとき」が、戦争詩の部類に入っていることに、最初は違和感を覚えていました。しかし読み進めていくと彼女の詩の底辺には、日本を奈落の底に陥れて、何百万もの人たちの命を奪った戦争や戦争責任に対する憤りが、戦後の時が流れてゆくほど降り積もっていきます。

もちろん彼女は戦争詩(反戦詩)ばかり書いていたわけでないのですが、二十歳の前後に受けた戦争への不信感は、1960年の安保闘争でのデモ参加を記した日記形式のエッセイ「恐るべき六月」や、日本軍に強制連行され北海道で炭鉱労働者となり脱走し、終戦も知らずに13年間逃避行を続けた中国人「劉連仁」のことを書いた長編詩「りゅうれぇんれんの物語」、天皇の戦争責任についての記者会見を題材にした「四海波静」(1975)などに、時にはユーモア、時には皮肉、時にはやさしいまなざしを向けて発表しています。
[PR]
by ttru_yama | 2016-02-24 23:45 | 茨木のり子

0910-「20世紀少年」の町-290 (南吉生誕103年-145)

詩人・茨木のり子とふるさと西尾-2

f0005116_0155528.jpg写真は「詩人 茨木のり子とふるさと西尾」展の図録の表紙と、ページ内容の一例です。今回の展示については、茨木のり子(1926-2006/以下のり子とする)の刊行図書の他、アルバム写真も含め、西尾の写真がふんだんに使われ、日記や詩なども西尾に関係する箇所に光があてられ、タイトル通り のり子が育った西尾との関連がよく分かる展示になっていました。

ところで今回は展示資料の撮影が可能で、図録写真の掲載許可もいただきました。
これはもちろんご遺族のご厚情によるものと、これから茨木のり子の「ふるさと西尾」を、全国に向けて発信していこうという関係者の思いから来ていることと思います。そういうことで単発の紹介だけで終わろうと思っていましたが、もうちょっと続けてみたいと思います。

まず、私が茨木のり子の詩がなぜ気になったかという、(というかこれしか知らなかった)とっかかりの作品「わたしが一番きれいだったとき」を載せてみました。この作品を知らなければ、いくら彼女が愛知県で育ったからといっても、ただ「ふ~ん」で終わっていてここに取り上げることもなかったでしょう。

f0005116_0424682.jpg
この詩はのり子が高等女学校から帝国女子医専で終戦を迎えるまでの軍国少女時代と、その後進駐軍による民主化政策とともに、自由化を象徴するようなジャズ音楽が入ってきたあたりの、世の中の価値観が180度ひっくり返された頃の心の変化を詠っています。
たぶん同世代の女子学生は誰もが、その頃を振り返って「若かった頃は戦争で不幸だった」と思っていたことでしょう。

ただ皆んなもそうは思っていても、なかなか のり子の様に詩などの形で発表するとか、己の鬱積を晴らすかのような事はなかったことでしょう。19歳で敗戦を迎えた灰色で暗かった青春時代を、11年後の31歳になった時に振り返って書かれたこの詩は、戦争の悲惨さを言葉をたくみに選び、持ち前の反骨精神で明るく吹き飛ばしているかのようにさえ見えます。

「とんでもないところから青空が見えたり」、「おしゃれのきっかけを落として」とか、「男たちは挙手の礼しか知らなくて」とか、「手足ばかりが栗色」だとか、随所にユーモアなのか皮肉っているのか選び抜いた言葉を注ぎ込んでいます。

しかしそうかといって、大事な事がらは漏らしてはいません。第4連の「わたしの頭はからっぽで、かたくなで」とか、ラスト前の7連目、「わたしはふしあわせ、とんちんかん、さびしかった」の語句からは、一見意味不明で矛盾するようにも見えますが、当時の心の動きがしっかり綴られています。

彼女の反骨精神が如実に表れているのは、やはり第5連の、「そんな馬鹿なことってあるものか、ブラウスの腕をまくり、のし歩いた」あたりに見られるスパイシーな言葉でしょう。そして最終連の「だから決めた」や「ね」の前向きな締め括りが、穏やかで爽やかな読後間をあたえています。
とはいいながら これは単に私の感想で、詩の解釈は人によりけりです。(ひとつぐらいは解説じみた話をと、あえて書いてみました)
[PR]
by ttru_yama | 2016-02-20 23:40 | 茨木のり子

0910-「20世紀少年」の町-289(南吉生誕103年-144)

詩人・茨木のり子とふるさと西尾-1

f0005116_0465096.jpg愛知県西尾市の岩瀬文庫にて、「詩人 茨木のり子とふるさと西尾」展が開催中(2015.12.12-2016.2.21)、というのを知り先日行ってきました。彼女の詩は「わたしが一番きれいだったとき」くらいしか知りませんでしたが、この展示のチラシで「えっ、西尾が故郷?」、ということで出かけたのでした。

『茨木のり子(旧姓・宮崎圀子/結婚後・三浦姓)はT15(1926)年6月12日に大阪で生まれ、6歳の時医師である父・洪(ひろし)氏の転勤で愛知県西尾町(現・西尾市)に移り住み、西尾幼稚園、西尾尋常小学校、西尾高等女学校、東京の帝国女子医学・薬学・理学専門学校に進みます。

学徒動員された軍需工場で敗戦を迎え、戦後は結婚後 東京で24歳から詩作活動を始めます。凛とした強さや優しさ ユーモアにあふれた詩は、H18(2006)年2月17日 西東京市で亡くなった今も、多くの読者の心をとらえています。』(以上、年譜記事概略)

f0005116_3231738.jpgということで、今書いている新美南吉とあまり接点はないのですが、無理やり関連付けて見ていきますと、多少身近になる様な気になります。(笑)
茨木のり子は南吉より13年後に生まれ、幼稚園から高女まで過ごした故郷は、父の勤めた山尾病院(写真は現在地の建物)と住まいがあった西尾市内と、その後父が独立して開業した宮崎医院のある(最近西尾市と合併した)吉良町とになり、南吉の勤めていた安城と西尾は隣町同士です。彼女が西尾高女を卒業したのがS18年3月16日で、その6日後の3月22日に南吉は亡くなりました。

f0005116_327662.jpgとすれば安城高女の南吉学級だった第19回生の卒業1年後に、西尾高等女学校(写真は名鉄西尾駅東口にある高女跡碑)を卒業したわけですが、S17年7月の南吉日記に「(元安城高女の校長だった)佐治先生が西尾中学校長になるそうだ。・・(安城高女に)来ている娘3人も西尾(高女?)にかわるだろう。」との記事があります。また茨木のり子は帝国女子医専ですが、南吉の恋人だった中山ちえさんは、東京女子医専の卒業でした。
 
こんなことで多少はそんな時代の話かと、うっすら見えてきたでしょうか?
(つづく)
[PR]
by ttru_yama | 2016-02-13 10:40 | 茨木のり子

0910-「20世紀少年」の町-288 (南吉生誕103年-143)

帰ってきた「ででむし詩碑」-48
f0005116_21173736.jpgさて50年記念誌を続けます。前回は担任クラスの入学記念写真(S13)を見てきましたが、翌14年度からは県の方針で「戦時下の非常時に対応するため職員は学校付近に居住すべし」となり、4月から南吉は新田の下宿に住み込むようになります。もとは安藤らく先生が使っていた下宿です。

以後南吉はこの下宿から学校に通い、週末などに岩滑(岩滑)の実家へ帰るという生活で、食事や昼の弁当などは市内の川本という料理屋でとっていました。下宿といっても母屋とは独立した、長屋門の中の縁側もある独立した部屋で、南吉自身はこの下宿を「宿」と呼んでいました。

f0005116_23544062.jpg
(写真は左ページ上、14年度の職員写真を拡大、南吉は上段左から3人目、ちなみに13年度の職員写真はこちら)さて50年誌の内容ですが、左ページ下は2年目となるS14年12月に発行された、安城高女の同窓会報の記事「職員室近況極あらまし」(全集9巻参照)の一部で、全体としては佐治校長以下、職員、小使いさん夫婦までの近況が、南吉の手により面白おかしく(時にはかなり辛辣な皮肉も交えて?)書かれています。新美先生本人については「新田に部屋を借り、さっそうとステッキで出勤」といいように書いています。

よくこの記事が印刷へ回ったことと感心しますが、会誌の編集委員である戸田先生も目を通していることですから、職員室の楽屋話的には暗黙了解されていたのかもしれません。南吉日記の中にも職員を虫に見立てて、自分は「かまきり」校長は「風船虫」古寺先生「尺取虫」、などと書いたりしています。

右のページは第20回生の「思い出の記」で、農業の時間に豚の世話をした話や、花畑や校舎の中庭の輪洋風庭園の様子、野菜畑の手入れ、田植えなど農業実習の思い出が綴られています。
[PR]
by ttru_yama | 2016-02-11 23:02 | 「20世紀少年」の町

0910-「20世紀少年」の町-287 (南吉生誕103年-142)

帰ってきた「ででむし詩碑」-47
f0005116_21562072.jpg
こちらは前回も小さく載っていましたが、S13年4月 南吉先生の赴任と同時に入学し、そのまま繰上がり4年後のS17年度末(S18.3)、第19回生として卒業していく いわゆる「南吉学級」の入学記念写真です。途中校長から担任替えしようかという話もあったようですが、南吉の希望により最後までクラス担任を続けました。

ちなみにここに写っている生徒数を数えると55人ですが、入学当時は56人でした。そして死亡や転校で入れ替えがあったようで卒業写真には54名が写っています。南吉先生は左端にいて坊主刈り頭のようです。担当教科は全学年の英語・1、2年の国語と農業でした。右端は安藤らく先生で、家事・作法・裁縫・農業を担当し、2年後に退職します。

f0005116_10562549.jpg
こちらの写真は「第一回卒業記念寫眞帖」にある教室風景ですので、まだセーラー服ではありませんが56人というと、1列が8人の7列並びだったわけです。

南吉日記をみていくと、生徒との間柄は最初から順調というわけではなく、一喜一憂を繰り返してよくなったり悪くなったりの繰り返しだったようです。教育的にはは芳しくはないでしょうが、先生も人間生徒も人間ですから好き嫌いもありました。それでも4年間ともに過ごし、遠足、花壇の手入れ、予選会の劇など学校での行事を数々経験していくうちに、南吉学級というものが形成されていきました。

全員が応募したわけではありませんが、そんな活動の中の一つにS14.2月から9月にわたり、全6回全員に配布された「学級詩集」がありました。戦時中の紙不足で中断を余儀なくさせられましたが、南吉自身は思い入れが強かったようで、19回生卒業後の5月、第一詩集と同名の近況通信「雪とひばり」を卒業生向けに発行しています。

19回生が卒業した翌年 南吉は病気に倒れますが、そのころ学校には卒業後も補習科に残り、南吉のクラスで学ぶ生徒たちがいました。彼女らは卒業生らと連絡を取り合い、南吉宅へ見舞いにも出かけましたが、3月22日ついに南吉は帰らぬ人となってしまいました。それから5年と8ヶ月後「ででむし詩碑」が建碑されたのは、このように4年間通じて南吉がクラス担任であったことが、大きく関わっていると思います。
[PR]
by ttru_yama | 2016-02-07 23:39 | 新美南吉