「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

0910-「20世紀少年」の町-248 (南吉生誕102年-103)

帰ってきた「ででむし詩碑」-20
南吉市民映画・「琥珀のような空」

f0005116_23533462.jpg
南吉先生も触れたかもしれないという、安城高女にあったグランドピアノを、教え子のひ孫である高校の女生徒が弾くというストーリーの市民映画、「琥珀のような空」の上映会が、2/22の安城マツバホールを皮切りに始まりました。(左・リーフレット、右・プログラム写真)

地元映画ということで、安城・半田・刈谷・知立・岡崎・豊田・蒲郡・豊橋等でロケが行われました。物語は安城高校の女生徒「渚」が、著名なピアノコンクールで緊張のあまりピアノが弾けなくなり、以後ピアノをやめてしまうところから始まります。

市民映画というだけに、ほとんどの出演者が初演技だそうですが、それでもそれなりのクオリティの映画になったのは、加藤行延監督の温かくねばりづよい指導と分かりやすい映像表現、ピアノを主体とした本多春道プロデューサーの楽曲によるものでしょう。

f0005116_282866.jpgさて肝心のピアノの話です。前々々回の、帰ってきた「ででむし詩碑」-17にて、周ピアノやグランドピアノの話をしましたが、今回映画の主軸となるのは、講堂に置かれていたグランドピアノです。(そのあたりを映画プログラム内の写真と記述を参照させて頂きます)

それによれば同ピアノはロシア製で、ドイツ人ベッカーが経営する会社のピアノだそうです。このピアノがいかに安城高女へやってきたのかは不明ですが、昭和30年代に行われた校舎の建て替えに伴い、職員に分配されていましたが年月とともに痛み、納屋に保存されていたと言います。

その話が「新美南吉に親しむ会」にもたらされたのは、南吉生誕100年の頃と思われますが、安城市議会に保存修復が提案され、以後予算通過となって引き取られ、栃木県真岡市のピアノ工房で現在修復中だそうです。

ということで実際に映画の中でも、かなり傷んだこのピアノが解体されてゆく映像が映し出されます。上映に先立って挨拶した神谷市長の話によれば、H29年にピアノのお披露目演奏会を予定しているとのことで、安城にまた一つ、南吉先生を偲ぶ思い出の一品が甦ることになります。
[PR]
by ttru_yama | 2015-02-24 10:00 | 新美南吉

0910-「20世紀少年」の町-247 (南吉生誕102年-102)

帰ってきた「ででむし詩碑」-19
f0005116_2241745.jpg
さてここからは、「ででむし詩碑」に刻まれた「生(ア)れいでて」から始まる詩の、誕生から詩碑となるまでの物語です。

前述したように、南吉先生はS13(1938)年から安城高女に勤め、通しで4年間19回生の学級担任を受持ちました。
担当教科は「英語」「国語」「農業」で、国語では作文などに重点を置き、生徒には日記なども提出させて指導しました。

そんな1年目が過ぎようとしていたS14(1939)年2月、南吉先生は生徒から詩を募り、生徒詩集を作ることにしました。
そのきっかけとして、S14.1.30の南吉日記(全集11巻P.568)には、細井と佐薙(さなぎ)という生徒が日記に詩を書くようになり、「一月毎に自由詩のパンフレツトを作らうと決心した。」とあります。また春に転校してゆく、佐薙の思い出とするためでもありました。

f0005116_2332656.jpg
その記念すべき第一集のタイトルは「雪とひばり」(新美南吉記念館、写真は文字識別のため、コントラストを強調したもの)で、日記によれば生徒の詩を30篇ほど載せたものでした。

その「雪とひばり」というタイトルは、南吉先生が考えたもので2/3の日記には、「冬ひばり」の詩を書いたと記され、2/8に原紙を切りはじめたとあります。ただひばりの出て来る童話はありますが、私は「冬ひばり」の詩を確認できていません。。

また私は詩集の中身を見てはいませんが、南吉研究者の「大野秋紅」氏の記事によれば、「詩集6冊の題名はすべて生徒作品の題名又は詩中の特異な語をアレンジしたものである。」といいます。
ということで、大野氏は生徒の詩に「雪」「残雪」の記事が5つあったことを指摘しています。

おそらく南吉先生からの「お題」の一つが、「雪」だったではと想像されますが、「ひばり」の出処については言及していないので不明です。また第一集だけは、袋折りした半紙10枚もの(ということは表紙も合わせて20ページもの?)だそうです。

この先書きますが大野氏も言われているように、この「雪とひばり」のタイトルは南吉自身も気に入っており、その後生徒との重要な絆となるキーワードになっていきます。

f0005116_2182422.jpg
そしてこちらが表紙の裏ページで、とくに詩のタイトルは無く「はじめに」という序の後に、

生(ア)れいでて/ 舞ふ蝸牛(デデムシ)の/ 触角(ツノ)のごと/ しづくの音に/ 驚かむ/ 風の光に/ ほめくべし/ 花も匂はゞ/ 酔ひしれむ

の詩が書かれています。この「生れいでて」については、2/2の日記には昨夜できたとあります。ですからこの詩集は、発行を思いついてからきわめて短期間に、序の構成まで考えられて作られたもので、もちろんこの詩には生徒への、メッセージが込められています。

そして生徒詩集は紙の配給の厳しくなる9月まで、ほぼ毎月第六集まで、全て南吉手書きのガリ版印刷により発行され、とくに南吉学級の19回生には、先生との思い出のつまった詩集となったのでした。
[PR]
by ttru_yama | 2015-02-17 16:00 | 新美南吉

0910-「20世紀少年」の町-246 (南吉生誕102年-101)

帰ってきた「ででむし詩碑」-18
話がだいぶ長くなってきたので、少しここまでの「おさらい」をしたいと思います。当ブログでは2013年1月から始まった「新美南吉生誕100年」を、当時出回ったリーフレットとともに紹介してきました。
そんな生誕100年イヤーの出来事の中で、私には特筆すべき出来事がありました。それは南吉没後の5年後に建立された「ででむし詩碑」が、その後安城高校に移動したのち、34年ぶりに元の地に里帰りするという出来事でした。

f0005116_151391.jpgというわけで、「その元々の石碑となった石は、学校の中庭にあった石なのでした」と、いう所までが前回迄のあらすじです。

ところで前回掲載した図は昭和3年のものでしたが、「人間・新美南吉」(写真参照)には、著者のかつお・きんやさんが、前述の加藤(旧姓山口)さんはじめ当時の教え子8人の協力をもとに、「安城高女略図」として見事にまとめています。

それまで私はこの本の存在を知らず、「愛知縣安城髙等女学校敷地及校舎平面圖」をもとに加藤さんにお聞きして、前回掲載した様な関連写真と合わせた図を作っていましたが、今回かつお・きんやさんに事情をお話し、そういうことならと「安城高女略図」掲載の許可を頂きました。

この図では詩碑の石の話には触れていませんが、当時の学校の庭の様子が生き生きと伝わってきます。写真やこういう資料により、南吉先生の時代を身近に感じて頂くことも、このブログの主題なのです。

f0005116_1627124.jpg
ということで、こちらが南吉先生の時代の「安城高女略図」となります。(かつお・きんや著「人間・新美南吉」より)本文にある19回生の記述を抽出しておおまかに編集しますと、

「(学校は)緑の木々にかこまれ、正門のそばには赤紫の木蓮、通用門の右には八重さくら、左には金木犀、玄関付近にはのうぜんかずら・朴の花があった」
「中庭には四季の花があふれて、すみれ・水仙・チューリップ・ヒヤシンス・デージー、一年の教室の南の窓からは垣根のようなこでまりが垣根をつくっていた」
「つつじ、さつき、梅雨の頃には紫陽花、初夏には校庭の池のほとりに藤棚・あやめ・水蓮・桜・桃・ねむの花・萩が咲いていた」
その他「朝顔・カンナ・グラジオラス・ばら・ひまわり・夾竹桃・木槿・くちなし・けいとう・ダリア・サルビア・コスモス・菊」
というように四季を通じて、庭には多彩な花が咲いていたといいます。
f0005116_20141649.jpg
とくに中庭を中心に図を拡大してみました。この本に出てきた19回生の加藤さんたちは、1年生から4年生までずっと南吉先生の学級でした。

加藤さんのお話によれば、4つある中庭の花壇には学級別に受け持ち区分があり、南吉学級は講堂の左下にある花壇の管理を任されました。(後に詩碑に使われた石の置かれていた花壇です)
この花壇は、他がさつきとか椿のように日本的な木が多かったのに比べ、菊もありましたが主に洋花(ひまわり・けし・チューリップ・ばら)が多く植えられていました。

担当花壇なので花好きの南吉先生も植え替えなどを手伝い、年に一度中央にある池の水を干したりしたそうですが、とにかくこの19回生の思い出多き中庭の、右上の場所にあった石がそのまま詩碑として使われたわけです。
(次回1回お休み)
[PR]
by ttru_yama | 2015-02-03 21:39 | 新美南吉