<   2015年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

0910-「20世紀少年」の町-246 (南吉生誕102年-100)

帰ってきた「ででむし詩碑」-17
f0005116_16115096.jpg
さて、この「愛知縣安城髙等女学校敷地及校舎平面圖」(安城市歴史博物館)ですが、昭和3年の図面ですので、教室などの呼称が、南吉先生の勤めていた時代(S13-S17)とは少し違っています。
f0005116_22114910.jpg
そしてせっかくですので、関連写真を図面上の場所付近に貼ってみました。

まず一番下は正門の写真(「写真集 明治大正昭和 安城」より)です。堂々とした石の門柱が4本建っていて、鉄製の門扉で仕切られていたようです。南吉先生もここを通って玄関に向かったことでしょう。
ただし一般の生徒(先生も)は右手にある、生徒通用門からの出入りでした。そして登校下校時には、校舎に向かって一礼をしました。

玄関を入るとまっすぐに中央廊下があり、3つの校舎をつないでいますが、南吉先生は左手に折れ、事務室、校長室ときて次の教員室(職員室)に向かいます。教員室の隣は図書室、會議室とあります。その郷土室で撮られたという、定番ともいえる「弥厚翁」の本に手を添えた南吉の写真を、上方に貼っておきましたが、同僚の戸田先生がここで撮った写真だそうです。

f0005116_237618.jpg写真が趣味の戸田先生は、もう一つ貴重な南吉先生の姿を記録しています。一番上(南校舎)の作法室の廊下でくつろぐ写真(S14.6/新美南吉記念館)ですが、南向きで縁側があり、外にはこの一角だけ囲った日本庭園があったところです。

写真は生徒のいない宿直の日かとは思いますが、実にリラックスした姿です。その作法室のある校舎の一番右端が、図画と音楽の教室(後に音楽室)でした。ここにあったピアノが生誕100年の時、修復公開され「安城高等女学校校歌」などを奏でた「周ピアノ」です。

ただし写真は生誕100年時のもので、周囲に合わせモノクロにしたものです。そして中校舎の右端が講堂でした。講堂には別のグランドピアノがあり、校歌の他、学校行事等の発表会に使用されました。

f0005116_23422714.jpgそして(ここからが大事なところなのですが)講堂には二つの出入り口があり、その入り口前の廊下は南北と東に通じていました。
特に東に通じる廊下は、一年から四年生までの教室に通じていましたので、講堂で行事があるときはその手前でいつも渋滞が起きました。

その渋滞する廊下の最後のあたり、中庭の角っこ付近には大きな石が三つぐらいあり、芭蕉とかバナナの木をバックに置かれていたそうです。そう、中庭の右上隅にあった石が、後の「ででむし詩碑」となる石なのでした。
(写真は桜町小学校に里帰りした詩碑を、雰囲気合わせのためモノクロにしたものです)
今回の記述は、安城高女19回生だった加藤千津子(旧姓・山口)さんのお話を参考にしています。
[PR]
by ttru_yama | 2015-01-26 23:55 | 新美南吉

0910-「20世紀少年」の町-245 (南吉生誕102年-99)

帰ってきた「ででむし詩碑」-16
南吉生誕100年-リーフレット-58(終回)
f0005116_21343133.jpg
掲載写真は前々回掲げた安城高女の絵葉書(個人蔵)で、実は校舎の図面(下図/安城市歴史博物館)も残っています。
f0005116_21594314.jpg
実際の図面(「愛知縣安城髙等女学校敷地及校舎平面圖」/昭和三年調製)では上方に校庭が広がり、下方右手には寄宿舎まで描き込まれていますが割愛しました。昭和三年というと女学校が建てられて(大正10年)、7年後となります。

図面でいうと左下方向から写真は撮られていますので、(はっきりと位置が確認できませんが)写真の右端部分に正門があり、右の校舎の正面中央に玄関がありました。

図面は次回には拡大し、詳細が分かるようにしたいと思いますが、玄関に入って左側に事務室、校長室、職員室等がありました。次の校舎との間には中庭があり、校舎間には三つの渡り廊下がありました。おそらく右から北・中・南校舎と呼んでいたかと想像しますが、中校舎が1~4年生の教室、南校舎は理科や割烹実習などの教室でした。
写真の左端に建物が2つ見えますが、図面によれば便所と物置の順のようです。
f0005116_23174414.jpg
もう一枚同じ方向から見た写真を載せておきます。(「写真集 明治大正昭和 安城」より) 少しコントラストがきついのですが、渡り廊下などの様子はよく分かると思います。

この写真の解説によれば、北校舎と中校舎の間に見える三角屋根は、一番奥にあった講堂だといいます。また運動場の東には、愛知県をかたどった池がありました。
------------------------------------------------------------------
f0005116_23555441.jpg
さてリーフレットのほうは、2013.12.23、南吉イヤー最後のイベント「半田少年少女合唱団 第36回定期演奏会」(雁宿ホール)です。3つあるステージのうちで特に南吉関連というのは、第2ステージでの音楽物語「ごんぎつね」と、オーケストラのための組曲「はんだ」より、南吉の「窓」「こどもはあそんでる」「鬼ごっこするもの」「母さんの歌」でしょうか。また第3ステージでは「赤い鳥」童謡
の「かなりあ」ゆりかごのうた」「赤い鳥小鳥」「たきび」などが歌われました。
f0005116_026849.jpg
写真は第2ステージの「ごんぎつね」のラストです。(「ごん お前だったのか・・・」)
f0005116_0374969.jpg
ステージが終ると合唱団は玄関ロビーに集まり、唱歌「故郷」で来場者をお見送りです。ごん吉くん(左端)もお手伝いで指揮をしています。
「故郷」の後はクリスマスメドレー「赤鼻のトナカイ」「サンタが街にやってくる」の合唱。そう明日の夜はクリスマスイブ、いきな計らいで「南吉生誕百年」のフィナーレとなりました。
(南吉生誕100年-リーフレット、おわりです)
[PR]
by ttru_yama | 2015-01-20 01:45 | 新美南吉

0910-「20世紀少年」の町-244 (南吉生誕102年-98)

帰ってきた「ででむし詩碑」-(お休み)
南吉生誕100年-リーフレット-(お休み)
f0005116_2231122.jpg
正月明けに、訃報が2つ飛び込んで来ました。まず1月3日に南吉研究の先駆者、大石源三先生(H26.7.30撮影/S4.7.10生、85歳没)が、お餅をつまらせる事故で亡くなられ、ついで1/9、第2代新美南吉記念館館長(H8.4-H16.4)であった榊原義夫さんも、亡くなられたとのこと。お二人のご冥福をお祈り申し上げます。

そのうち、とくに私が最初からお世話になっているのは、大石先生の書かれた「ごんぎつねのふるさと」(写真左/初版はH5年)です。大石先生は南吉のふるさと「岩滑(やなべ)」生まれで、小学校は南吉と同じ半田第二尋常小学校でした。南吉の16年後輩にあたり、南吉同様にその母校でも教員をされていました。
f0005116_0295672.jpg

先生が本格的に南吉研究に関わったのは、S34年の南吉17回忌法要からのようですが、資料収集を続け小学校に「南吉文庫」を作り、「岩滑コミュニティセンター」(写真)の3階に、「南吉資料室」(白枠部分/「ごんぎつねのふるさと」より転載)を開いて、南吉の故郷を訪ねてくる人々に資料の展示をしました。(そんな資料が現在の新美南吉記念館には、たくさん収容され展示されています)

f0005116_193395.jpg南吉の童話や日記には、「しんたのむね」とか「中山」など、数多く岩滑の地名が出てきます。
大石先生はそういう文学散歩の手引きとなる、「南吉のふるさと」というパンフレット(写真はコピー版)にまとめ、八幡神社など主要な建物を図入りで解説しています。

これは今で言うと、新美南吉顕彰会発行の「南吉のふるさと 半田」の、さきがけというべきパンフレットで、主要な場所を示す地図もついていますので、おそらく南吉の足跡を訪ねてやってきた人たちに、大変喜ばれたと思われます。

この他にも「新美南吉の生涯と作品」「南吉案内参考資料」「新美南吉文学散歩」などA4数ページものの資料を作られ、請われればボランティアでガイドもされていたようです。
f0005116_10175892.jpg
写真(白枠部)はH25.7.30の、「功労者表彰式」にてスピーチをされた時のものですが、まだまだお元気で南吉に関わった年代などをスラスラ覚えておられたことが思い出されます。
今まで大石先生にはご挨拶をする程度で、これからいろいろ教えて戴こうと思っていたのが悔やまれます。

お悔やみに先生の家をおたずねしますと、南吉の「また今日も己を探す」の碑(背景写真)が迎えてくれました。碑の後には南吉作品ゆかりの「椿の木」があり、まだ花は固い蕾の状態でしたが、それでもひとつだけ尖端が少し赤くなった蕾を見つけました。先生はこの蕾を見つけておられただろうかと思い、石碑に手を合わせました。長い間大変お疲れさまでした。
[PR]
by ttru_yama | 2015-01-13 11:06 | 新美南吉

0910-「20世紀少年」の町-244 (南吉生誕102年-97)

「明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。」

帰ってきた「ででむし詩碑」-16
南吉生誕100年-リーフレット-58
f0005116_1939979.jpg
さて毎度見慣れた安城高女へのマップですが、今回でついに安城高等女学校へ到着です。前回は旧市役所上空の航空写真もありましたので、この付近をgoogleマップで見てみましょう。
f0005116_21572013.jpg
と、こんな感じです。前回の復習をしますと、桜町交差点(赤〇)から南に行って、警察署や旧市役所を見てきました。そして旧市役所というのが現在の文化センターで、その向こう側に少し見えたのが安城高女(現桜町小学校)の運動場だったわけです。また旧市役所の北側には水田がありました。

ということで桜町小学校のおおむね敷地(少し民家も入ってしまいましたが)を、赤の四角で囲ってみました。ちなみに校内で青〇で囲ってみたところが、「南吉のうた庭園」というところで昨、じゃなかった年が明けましたので、一昨年H25.7.27に里帰りした「ででむし詩碑」の除幕式があったところです。また現在の小学校の正門はこちら側になります。
f0005116_2226670.jpg
そして正月らしくドーンと載せましたのが、安城高等女学校の校舎の写真(個人蔵/許可済)です。実はこの写真は絵葉書で、南吉もよく本を買っていた「日新堂書店」が発行したものです。

ですから桜町の交差点から西へ歩いていくと、途中から水田の向こうに三棟の校舎が見えたわけですが、現在はビルや民家に完全に遮られています。ちなみに高女の正門は一番右手の校舎の前になります。
お正月ですので、「安城高等女学校校歌」も載せておきましょう。

朝風きよく/ 笑む野の花に/ 高く床しく/ きらめく星に/ あしたのゆうべの/ 誓いは固く/
おお天地(あめつち)の ささやき ききて/ 栄(はえ)ある日本(やまと)の/ 小女子(おとめご)われら

広野(ひろの)を分けて/ うむことしらず/ 日夜旅行く/ 明治の水と/ きそい励みて/ 文読む窓に/
心の鏡/ 光をますと/ 手に手をとりつつ/ 磨かんわれら
------------------------------------------------------------------
f0005116_23144038.jpg
そしてリーフレットのほうですが、生誕百年実行委員会主催のイベントは終了しましたが、こちらはH25.12.21の「新美南吉 童話の魅力」特別講演(梅花女子大学/大阪府)と、12.22の安城市少年少女合唱団「第9回演奏会」(安城市文化センター)のチラシです。
f0005116_23275695.jpg
大阪の方へは行ってませんので、安城の舞台のフィナーレの様子だけでもどうぞ。最終が音楽劇「赤いろうそく」なので、みんなが動物たちに扮しています。(リーフレットはあと1回、次回で終了です)
[PR]
by ttru_yama | 2015-01-06 23:35 | 新美南吉