「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

0910-「20世紀少年」の町-228 (南吉生誕101年-81)

帰ってきた「ででむし詩碑」-(お休み)
南吉生誕100年-リーフレット-44(2013.7)
f0005116_20273193.jpg
あー、気づけばもう8月も今日で最後、1年前の南吉生誕100年に同期させる計画が、見事1ヶ月遅れ。(当面、帰ってきた「ででむし詩碑」はお休みです)

とはいうものの気になる話は省けませんので、まずは2013.7/30、13:00から雁宿ホールにて繰り返し上映された、アニメ「巳之助の灯り」(チラシ部分は2012年のもの)です。原作はもちろん「おぢいさんのランプ」で、半田市制75周年(H24、2012)に、「おぢいさんのランプ」執筆70周年を記念して制作されました。
またこの日ホールでは半田空の科学館から出張してきた、ミニプラネタリウムの展示体験がありました。
f0005116_2173173.jpg
名鉄半田駅から半田市の施設も入る、クラシティ半田ビルへの連絡通路です。生誕100年の幟がいっぱいで、クラシティでは「生誕100年うちわ(配布用)」も置かれていました。
f0005116_2128145.jpg
いっぽうこちら安城市では、新美南吉絵本大賞で入選した作品(右上の35作品)、からの絵が描かれたラッピングバスが走っています。1号車の絵は「去年の木」で、9号車まであり10号車が南吉写真の入ったバスです。
f0005116_21531661.jpg
そしてこちらが、安城市の生誕百年祭のメイン会場となる、交流広場の入場ゲートです。吊り下げられた南吉さんの絵のウォールペイントは、近くの喫茶店・南吉館の壁(右下部)に描かれています。
f0005116_2216171.jpg
安城市の生誕100年の目玉の一つは、16:30から開催された「南吉モニュメント」の除幕式です。モニュメントは南吉が5年間勤めた安城高女の校舎を模して造られ、内部に当時の南吉や教え子たちの記念写真が飾られており、除幕にあたった神谷市長(右から2人目)は、「南吉の下宿が修復されたこと、商店街がウォールペイントで飾られたこと、「ででむし碑」の移設が済んだこと、合わせて除幕した南吉モニュメントにより、南吉の足跡を見てもらえることを期待しています。」と話されました。
f0005116_2248321.jpg
18:00からは交流広場のステージにて、「誕生日式典」が行われました。式典に先立ち、南吉絵本大賞となり製本された「二匹のかえる」(250冊)と安城の街を紹介したDVD(20点)(が、安城神谷市長より半田榊原市長に贈られました。

両市長は生誕100年を機に、いっそうの安城市-半田市の協力関係を築いていくことを話されました。
f0005116_23293223.jpg
そしてこの後、両市町によりひとつのキャンドルに火がともされ、その火が交流広場のキャンドルにも移されました。これは南吉作品「ひとつの火」の話から来ています。

「わたし」がつけた火は、うしかいのろうそくに、つぎに別の旅人のちょうちんに、そして狐にばかされた子供をさがす村人たちに・・、とひとつの火が人々に渡ってゆくお話です。
(7/30、あと少し話が残りました。また次回です)
[PR]
by ttru_yama | 2014-08-31 23:50 | 新美南吉

0910-「20世紀少年」の町-227 (南吉生誕101年-80)

帰ってきた「ででむし詩碑」-(お休み)
南吉生誕100年-リーフレット-43(2013.7)

f0005116_872124.jpgさあ、今回は2013.7.30、言わずと知れた新美南吉生誕日ですが、1年前の日付と同期させる計画がだいぶ遅れぎみです。(笑)

ということで掲載したのは、新美南吉記念館での式典次第(上段-表、下段-裏)です。以下写真で主だった内容を紹介します。

f0005116_8194435.jpg
2013.7.30、記念館のカウントダウン表示が、ついに「0」となりました。
f0005116_8272260.jpg
右端は式典であいさつをする、新美南吉生誕100年記念事業実行委員会の新美勝彦委員長。その後ろは榊原純夫半田市長、左端は来賓の神谷学安城市長です。

新美委員長は南吉写真に向かい、来場者とともに「南吉さん百歳のお誕生日おめでとうございます」と呼びかけ、すでに始まっている生誕祭の様子を紹介し、そんな生誕祭を祝ってもらえる人は世界中でもそんなにいないのでは、と話されました。

榊原市長は南吉の略歴を紹介し、南吉作品が人間誰もが抱える弱さ、悲しさと真正面から向き合うことから生まれて来る愛を描くことで、どんな時代にも人々を引きつける力があると話されました。

神谷市長は、南吉が24歳から5年間の若き日々を過ごした安城を「南吉の第二の故郷」と称号していること、そしてドイツのメルヘン街道の例を挙げ、顕彰や観光活動に半田市・安城市・愛知県で取り組めたらと今後の希望を話されました。
f0005116_1010787.jpg
続いて南吉の母校・半田中学校合唱部による南吉の詩「明日」の合唱です。「♪ ・・明日はみんなをまつてゐる~♪」
f0005116_10251042.jpg
半田農業高校は、マリーゴールドによる記念館入口の100年記念装飾と、館内にリボンをかけた花飾りをしてくれました。マリーゴールドは斜面の設置で滑りやすく、見映えのための角度調整に苦労したようです。
f0005116_10403061.jpg
次いで参加者全員でのバースデイケーキへの献花です。トップバッターは遺族代表の渡辺さんが務めました。
f0005116_1161275.jpg
式典の後は図書閲覧室にて、著作権継承者名義委譲式が行われました。著作権法では南吉の著作財産権は没後50年で切れましたが、「著作者人格権」は継続し、その権利が生誕100年を節目として、「新美南吉の会(旧新美南吉著作権管理委員会)」より、半田市(新美南吉記念館)に委譲されます。「著作者人格権」は著作者や著作内容を、勝手に変えることを守る権利だそうです。
f0005116_11393191.jpg
続いての「功労者表彰式」では、南吉の顕彰に功労のあった方たちに、半田市長より感謝状が贈られました。

まず、すでに亡くなった巽聖歌の代わりとして来場した、長女の中川やよひさん(中央)に感謝状が渡されました、「新美南吉のよき理解者として、創作活動を支え作品を世に広めるために、多大なるご尽力をされました」の言葉に、目頭を押さえておられました。
やよひさんは南吉もファンであった、母の形見の油絵も持参し会場で披露されました。

安城高女教え子のみなさんを代表した、19回生加藤千津子さん(左)には「・・あなた方は新美南吉の、教師と童話作家と言う二つの素顔を語り伝え、南吉顕彰に多大の貢献をされました」という感謝状が渡されました。

そして最後に南吉研究に携わった、元新美南吉顕彰会事務局長の大石源三さんには、「長年にわたり新美南吉の研究の発展に多大な尽力をされ、南吉顕彰の基礎を築かれた」旨の感謝状が渡されました。
f0005116_134768.jpg
最後に当日配布された、半田市名誉市民「新美南吉」のリーフレットです。次回はまた7/30の、後半以降を続けたいと思います。
[PR]
by ttru_yama | 2014-08-24 14:00 | 新美南吉

0910-「20世紀少年」の町-226 (南吉生誕101年-79)

帰ってきた「ででむし詩碑」-(お休み)
南吉生誕100年-リーフレット-42(2013.7)
f0005116_9113977.jpg
昨2013年7月28日、半田市の南吉生誕祭(福祉文化会館)で展示(7/20-8/4)された、市内の幼保小中・南吉作品展示作品の代表として、岩滑こども園さんの作品を載せました。題材はもちろん岩滑の山車と彼岸花です。

会場にはみんなで協力して、作った作品(絵手紙、学年発表、習字、俳句・・)がいっぱいでした。(安城市でも同様な展示がありましたが、いろんな事情があるとは思いますが、全て撮影禁止なのは残念でした)
f0005116_9483945.jpg
同じ会場で見かけた「新美南吉ポスター展」(7/27-8/4)の様子です。
f0005116_21243388.jpg
新美南吉記念館での「キッズワークショップ・フェスティバル2013」(7/22-8/25)の、「おじいさんのランプ」ストラックアウトゲームです。まずは左上を獲得したようです。
f0005116_2138549.jpg
記念館での紙芝居は「ごんぎつね」。感動のラストシーンです。「ごん、お前だったのか。」
f0005116_21462733.jpg
13:30、福祉文化会館に戻って「市民音楽祭」。開演前にはゆるキャラの「ごん吉くん」が、入場者をお出迎えしていました。
f0005116_21543565.jpg
矢勝川の堰に放った?00匹の「うなぎのつかみどり」風景です。はりきり網も仕掛けられました。15:00(2回目)。
f0005116_2295018.jpg
安城市の交流広場では、「南吉ウルトラクイズ」が終盤でした。
f0005116_2315414.jpg
リーフレットも見ておきましょう。左が半田市の「新美南吉ポスター展」(7/27-8/4)100年を記念して制作されました。
右は安城市の「南吉たいそうコンテスト」(7/27)。
f0005116_23192569.jpg
前回も掲載しましたが、左が7/28の半田市「市民音楽祭」です。右は安城市の「南吉ウルトラクイズ」、1チーム3人でクイズに挑戦します。
f0005116_23232797.jpg
7/29安城市のサルビアホールにて行われた、「朗読と音楽でたどる南吉の青春in安城」(安城市教育委員会)です。このイベントは事前のチラシを知らずにいて、たまたま公演終了直後に遭遇し、余ったプログラムを貰えました。
f0005116_23384359.jpg
7/29は1日ずっと雨でした。写真は安城市のイベント、石川恵深さんの公演「南吉さんへLOVEをこめて 朗読パーティー」の様子です。
[PR]
by ttru_yama | 2014-08-18 23:45 | 新美南吉

0910-「20世紀少年」の町-225 (南吉生誕101年-78)

帰ってきた「ででむし詩碑」-(お休み)
南吉生誕100年-リーフレット-41(2013.6~8)

f0005116_1681722.jpg昨年の「南吉リーフレット」少し抜けていた所があったので、まず6/2「安城市文化センターホール」で開催の、「祝!新美南吉100歳 朗読パーティ」です。
安城市出身で南吉さんが大好きな、女優・石川恵深(えみ)さんの朗読、他ゲストの歌などがありました。
f0005116_16231340.jpg
そして、こちらは7/7の「七夕の第九」、半田市雁宿ホールです。
f0005116_16373787.jpg
続いて半田市の「新美南吉生誕祭」(雁宿ホール、7/27-28)で、裏面(右側)のように5つのイベントを紹介しています。
f0005116_16485645.jpg
そのうち7/20~の「南吉絵本原画展」は、すでに南吉生誕100年-リーフレット-39にて紹介していますので、この左にあるのは7/27の、「読み語り~南吉と出合う」で、元NHKアナウンサー5人による朗読会です。
私は見てないのでですが、このチラシ内容では生誕祭開幕式典があり、南吉に対し遺族に名誉市民章が贈呈された様です。またこの朗読会のため山根基世さんは、小学生の朗読を事前に指導されたようです。

右側の7/28の「市民音楽祭」は、第1部が半田少年少女合唱団はじめ、市民合唱団の合唱、第2部がオーケストラの演奏、第3部が合同による合奏でした。
f0005116_1719988.jpg
そしてこちらは8/3の「朗読のあるシンポジウム 南吉童話の「声」」で、朗読家、西川小百合さん、松丸春生さんの「権狐」の原作との読み比べが話題になりました。

つづいて右側は、8/4の「南吉の愛したクラシック音楽」中京テレビアナウンサーの朗読と、名古屋フィルハーモニー交響楽団でした。

f0005116_222299.jpgいっぽうこちらは、安城市の「新美南吉生誕百年祭」(7/27~30、中心市街地交流広場)の、1ページ目(B4四つ折り)です。

7/27はすでに述べたように、11:00より桜町小学校にて、「ででむし詩碑移設除幕式」があり、本会場では15時から開会式があったようですが、私は都合がつかず見ていません。
f0005116_22182914.jpg



2ページ目は7/27、7/28のイベント内容です。
f0005116_22243122.jpg
























続いて3ページ目は7/29、7/30のイベント内容です。
























f0005116_22294689.jpg
4ページ目は、その他会場の案内です。別チラシがあるものは、次回貼ってゆく予定です。
[PR]
by ttru_yama | 2014-08-10 22:40 | 新美南吉

0910-「20世紀少年」の町-224 (南吉生誕101年-77)

帰ってきた「ででむし詩碑」-(お休み)
南吉生誕100年-リーフレット-40(2013.7)

一昨日(7/30)のこと、半田市新美南吉記念にて南吉生誕101歳の誕生日式典が開催され、生誕日の名称を「南吉さんの日」と呼ぶことが発表されましたが、ブログの方は相変わらず1年前を追っかけています。(笑)
f0005116_0592683.jpg
さて帰ってきた「ででむし詩碑」はお休みにして、昨年の生誕100年の今頃起きていた事柄を見ていこうと思い、まずは南吉の安城高女時代の下宿先、「大見(おおみ)家」への案内写真「新田ふれあい広場(新田町出郷78番2)の駐車場」です。

とはいえ、あまり目印もない「下宿先」へ辿り着くのは、JR安城駅からも徒歩で20分(?)、下手をすれば、さらにかかるかもしれません。(「大見さん」の表札のかかった家もこの辺りやたら多いですし、この付近には一般の駐車場はありません)

まあとにかく、この写真の新田ふれあい広場駐車場にたどり着いたら、向こう正面にあるお地蔵さんの足元にある、オレンジのキツネの足跡を追ってゆけば、下の写真の下宿先の長屋門に辿りつけます。
f0005116_1402410.jpg
ちなみに右上に切り出した写真は、昨年の7/5の「キツネの足跡つけ」作業の様子です。
f0005116_8545540.jpg
こちらは長屋門を敷地側からみた様子で、門と住居が一体となった造りを門長屋と言います。そして南吉は右手の部屋を、S14(1939)年4月から亡くなる3ヵ月前の、S17(1942)年12月まで借りて下宿にしていました。

この門長屋はその後農具の納屋とか、離れの別室用に使われていましたが、南吉と深い関わりのある部屋を残そうと復元され、生誕100年の7/26に地区の新田小学校の児童が、南吉の詩「百姓屋」を朗読するお披露目会が催されました。
f0005116_92664.jpg
7/21、安城市にある道の駅「デンパーク」近くに造られた、「ふれあい田んぼアート2013」の南吉っつあんも見頃です。
f0005116_11112514.jpg
7/22、JR安城駅では「南吉が安城にいた頃」の展示と、背後にある自転車駐車場の壁に「大力の黒牛と貨物列車の話」のウォールペイントが見られました。
f0005116_9135181.jpg
半田市新美南吉記念館の入り口のスロープに、半田農業高校生による、「100th」の花壇ができていました。(写真7/25)
f0005116_9391630.jpg
安城市歴史博物館で、7/20より「南吉が安城にいた頃」が始まり、開始記念イベントとして安城高女の音楽室にあったピアノにより、「安城高等女学校校歌」が演奏されました。(写真7/26)
f0005116_9553369.jpg
半田市の雁宿ホールには、「生誕祭」(7/27-8/1)の看板が置かれ、市民音楽祭が開催されていました。(写真7/28)
f0005116_1062364.jpg
安城市の「中心市街地交流広場」では各種イベントが開催されていました。(写真7/28)

このあたり、次回のリーフレットでも振り返るつもりです。

[PR]
by ttru_yama | 2014-08-01 22:51 | 新美南吉