「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

0910-「20世紀少年」の町-180 (南吉生誕100年-42)

南吉生誕100年-リーフレット-4(2012.12以前~)

f0005116_1810585.jpg
こちらは半田市の、「南吉生誕百年」のリーフレットのおもて面ですが、1月になると左部のポスターが、今年1年通していろんな所で見られるようになりました。(このリーフレット自体は、少し遅れて出てきた?ように思います)

この写真にある南吉の立っている場所は、南吉の母校・半田第二尋常小学校(現・岩滑小学校)の理科室の前の廊下だそうで、南吉が中学校卒業後の半年間、代用教員をしていた時に撮ったものです。写真には服の左上から斜めに「新美正八(しょうはち)」と本人の署名が書かれています。

なぜ署名があるかというと、その年(昭和6=1931年)7月1日に学芸会があり、南吉の創作劇に南吉の最初の恋人・木本咸(みな)子さんの弟が出演しており、それを観に来てくれた咸子さんへ南吉がお礼の手紙を書き、その中に写真も同封したからです。

そして南吉は写真について「この写真は、骸骨のような顔に写っているが、僕のとても好きな写真です」と書いています。手紙にわざわざ写真を付けて送ったのは、自分も咸子さんの写真が欲しかったのでしょうね。二人の交際は昭和10(1935)年の夏まで続きますが、南吉の性格も災いしうまくいきませんでした。

話がそれましたが、リーフレットの右側は生誕100年の記念行事一覧で、3/22の没後70年の命日から、12月のフィナーレイベント(予定)までが掲載されています。

f0005116_2101957.jpg
そして裏面は岩滑地区の関連マップで、東は生家から西は南吉記念館までを掲載しています。このマップで矢勝川の堤が真っ赤になっているのは、200万本の彼岸花の分布を表しています。

マップが出てきたことのついでに、「新美南吉顕彰会」さん発行の「南吉のふるさと 半田」という、A2版を12折りしたパンフレットを載せておきます。

f0005116_2140261.jpg
こちらはそのおもて側で、上半分が岩滑地区マップ、下半分が南吉の年譜となっています。(折りたたみ式なので、実物では下半分が逆さなのですが、読みやすいように上向き表示に直しています)

そしてその裏面は、以下となります。
f0005116_2219592.jpg
見ての通り、もう少し地域を広げた拡大マップで、半田市の南吉ゆかりのコース散策にはうってつけのマップです。ところで今気付いたのですが、これには4月に出来た半田口駅の、「ごんぎつねの駅」の看板写真も載っていますね。エライ! (笑)

ということで、南吉の好きな牛の如く、ででむしの如くブログはノロノロと進んでいます。(南吉っさんて、うし年ですってね)
[PR]
by ttru_yama | 2013-11-30 23:00 | 新美南吉

0910-「20世紀少年」の町-179 (南吉生誕100年-41)

南吉生誕100年-リーフレット-3(2012.4~2013.1)

・・ですがその前に
f0005116_10365895.jpg
以前、 (南吉生誕100年-37)にて南吉の紙芝居を随時上演されている、半田市の「きりんの会」さんの記事を書きましたが、こちらは安城市御幸本町にあるギャラリー&カフェ「南吉館」(火曜・第2月曜定休)内で、毎土曜日の14時から行われる、「南吉朗読ででむし会」さんによる朗読会の様子です。

「ででむし会」さんは、昨年4月から7月まで開講された、安城市中央図書館の朗読講座からスタートしました。
ただ「きりんの会」さんと違う点は、南吉館や図書館などでの公演を最初から想定して発足したことです。ということで現在25、6人のメンバーが、A~Eの6班を構成し朗読公演をされています。

朗読の方法は一人による朗読だったり、複数で読み継ぐリレー形式だったり、登場人物の役割を分担したりとさまざまです。またそうした朗読の後には、南吉の詩に曲をつけている方のギター演奏コーナーもあります。公演自体は無料ですので、土曜日の安城南吉散策の午後にいかがでしょうか。
注)「ギャラリー&カフェ・南吉館」さんは2015年12月で閉館しました。朗読は安城駅1Fの観光案内所「KEY PORT」で行われています。

f0005116_1155373.jpg・・と、ことのついでに昨年4/28にオープンした時の「南吉館」のリーフレットです。

南吉館では南吉の安城高女時代の校舎や、生徒達との写真、南吉が書いた原稿や短冊などの資料が見られ、ごんぎつねの顔のクッキー・ぬいぐるみ等の南吉グッズも販売されています。

またこの南吉館は今年7/20~10/6まで行われた、半田・安城を巡る「南吉探訪スタンプラリー」のゴール地点でもありました。ああ、景品の自転車欲しかった。(笑)

さて本題に戻ってと。
f0005116_136209.jpg
こちらは昨年安城市から出た南吉マップ(A4二つ折り)で、「安城まちなか 南吉先生 足あとマップ」というものです。[逸話&壁画めぐり]と注釈があるように、南吉が安城高女で教師をしていた頃の安城の町と、南吉とのかかわりを日記から抽出した記事を、マップに展開し、かつ壁画(ウォールペイント)の設置場所も掲載したものです。
このマップの後継版が、昨年来都合3回出ましたがこのマップが一番最初のものです。

f0005116_1365220.jpg
ということでこちらの見開きのページには、当時の7つの壁画スポットが記載されています。これらはその後も増殖し、安城市のウォールペイントのページには、平成23年度には(7箇所8作品)、平成24年度には(8箇所9作品)、平成25年度には(8箇所8作品)完成となっています。
[PR]
by ttru_yama | 2013-11-24 23:59 | 新美南吉

0910-「20世紀少年」の町-178 (南吉生誕100年-40)

南吉生誕100年-リーフレット-2(2012.12以前~2013.1)

そういえば1/5のリニューアル開館で、,新美南吉記念館も「入館しおり」が変わりましたので、載せておきましょう。まずは昨年のものです。
f0005116_232548100.jpg

つづいてリニューアル後の、しおりの表と裏です。
f0005116_23273594.jpg

f0005116_23275622.jpg

裏面の方は何も変わっていませんが、表側では前回取り上げた「ステンドグラス「南吉のふるさと」と、リニューアルされた展示室と「手袋を買いに」の帽子屋の店先の写真が取り入れられました。

f0005116_046595.jpgその頃見かけた、出版物のチラシも載せておきます。これは新装版「新美南吉童話集」なるもので、2012年12月の上旬刊行されたようです。
「ごん狐」「おじいさんのランプ」「花のき村と盗人たち」の3巻の中に、童謡や詩までがぎっしり詰め込まれています。

f0005116_0585362.jpg
一方こちらは南吉童話の英訳絵本のチラシで、「牛をつないだ椿の木」と「木の祭り」の2作品が入っています。

調べてみたら関連で、今年1/27に「第1回新美南吉英訳絵本英語朗読コンテスト」が、半田市で開催されていたことを知りました。

こちらはその主催者である「半田国際交流協会」さんの、新美南吉文学の英訳絵本の紹介ページです。

南吉は英語の先生でしたので、日記にも時々英語が混在していますが、自分の作品が英訳されるところまでは、たぶん想像もしてなかったことでしょうね。

f0005116_2230319.jpgその後、第三作目を見つけましたのでここに掲載しておきます。

「手袋を買いに」と「子どものすきな神様」が入っています。
[PR]
by ttru_yama | 2013-11-16 09:00 | 新美南吉

0910-「20世紀少年」の町-177 (南吉生誕100年-39)

南吉生誕100年-リーフレット-1(2012.12以前~2013.1)

さて、南吉生誕100年を手元にあるだけのリーフレット(いわゆるチラシですが)にて、振り返ってみましょう。
といいながら、タイムリーに記事にしていないので、チラシの入手時期があいまいですから、記載内容にておおまかに順序づけをしていくことにします。
(場合によって、順序が入れ違ってるかも知れません)
f0005116_23484470.jpg
・・ということで、まずこの「ごんぎつねの世界」(2012.12.26-2013.1.7/ジェイアール名古屋タカシマヤ)というイベントチラシです。はっきり言って私は見ていないので、チラシの内容から窺える範囲での記述になります。

主要な展示としては「ごんぎつね」の草稿と、棟方志功以下12名の画家による南吉童話の挿絵といったことでしょうか。チラシ表紙は小学校の教科書にある、「ごんぎつね」の挿絵の一つにもなっている、かすや昌宏さんの映像です。冬休みになってからスタートして、翌2013年の南吉生誕100年に弾みをつけたいという意気込みのイベントだったように思います。

f0005116_0211625.jpg
・・でこちらがたぶん2012年の後半?から発行された、半田市最初の「新美南吉生誕百年」リーフレットです。
表紙写真は「南吉といえばこの写真」というくらい代表的な写真ですが、昭和17年頃、安城高女の郷土室にて同僚の戸田紋平先生が撮った写真です。
南吉が持っている本は、明治用水開拓の祖・都築弥厚の本「弥厚翁」で、当時南吉は弥厚の伝記を書こうと模索しましたが果たせませんでした。

f0005116_216282.jpg
チラシついでに写真の方も少しだけ振り返っておきましょう。
記念館敷地の入口におかれた1/5(土)、1/6(日)の開幕祭の看板です。新美南吉記念館がリニューアルされ、「手袋を買いに」の帽子屋の店先イメージが出来たり、東京時代の下宿部屋等が再現され、この両日記念館は入館無料となりました。
あっ、ついでに言っておきますと、通常の入館料は高校生以上が210円で、ナント中学生以下は無料なのです。これってなかなか、凄いことではありませんか?

f0005116_21382070.jpg
さて1/5はイベントがいっぱいありました。記念館オープンのテープカットに引き続き、国際ソロプチミスト半田さんから寄贈された、ステンドグラス「南吉のふるさと」の除幕の様子です。

f0005116_22251923.jpg
そしてこちらは、半田ロータリークラブさんから寄贈された、「ごんぎつねと六地蔵」のオブジェの除幕式です。ごらんのように六地蔵のかげからごんが覗いていますね。
そして最近になって、お地蔵さんに赤いよだれかけが掛けられたので、お地蔵さんがますますかわいらしくなりました。

f0005116_22362595.jpg
まあとにかくいろいろいっぱいありましたので、開幕祭のプログラムを載せておきましょう。あっそういえば、マスコットキャラのごん吉くんが写真に出て来ていませんが、いつも通り子どもに囲まれて大人気でした。いつも思うのですが、子ども達はあのしっぽが大好きなのであります。(笑)
[PR]
by ttru_yama | 2013-11-10 22:56 | 新美南吉

0910-「20世紀少年」の町-176 (南吉生誕100年-38)

「イツノコトダカ」碑と「ひよめのうた」碑

さて振り返るついでに、先週の「きりんの会」さんの紙芝居にて「イツノコトダカ」が出てきましたので、桜の頃の「イツノコトダカ」碑を見てみましょう。
f0005116_2183661.jpg
ということで、背後にか細く咲いた桜を入れて、撮ってみました。(笑)
場所は東海市富貴ノ台の星城大学のキャンパスにありますが、その前身である名古屋明徳短期大学の閉校のメモリアルとして、10年前の平成15年3月に建立されました。

写真右のパートは、その碑文の「イツノ コトダカ」の部分だけ拡大したものですが、表面が鏡のようになっていて周囲の景色を反射しています。で・・、これが実に何ともいえぬ味わいと、ぬくもりがある文章なので、ちょっと抜き出して紹介しましょう。

「イツノ コトダカ ドコノ コトダカ ワカリマセンガ ヒロイ ハラガ アリマシタ。ソノ ハラノ マンナカニ イッポンノ 木ガ ハエテ イマシタ。(中略) タビビトタチハ コノ 木ノ 下デ 馬カラ オリテ シバラク ヤスンデ イクノデ アリマシタ。」

元の文章は、また全集か何かで見ていただくとして・・ある日この木の下にまんじゅう屋ができ、旅人達の憩いの場所のようになり、ついで宿屋ができ、鍛冶屋ができ・・と、だんだん町が出来ていきます。そして・・。

「コドモタチハ 町ノ マンナカノ 木ノ マワリデ カクレンボヤ オニゴッコヲ シテ アソビマシタ。」
・・と町が発展していく中で、最後は原点である一本の木に帰着するのですが、この「イツノ コトダカ ドコノコトダカ ワカリマセンガ 」というのが、実に効いている文章です。(ここには海蔵さんは出て来ませんが、何か「牛をつないだ椿の木」とつながるような感じで好きな文章です)

f0005116_22285544.jpg一方こちらは、「春の電車-その2」に出てきた岩滑の大道が、半田口駅の南で名鉄電車と交差する踏切りです。南吉も半田に行くとき使った道ですが、この先はやがて住吉神社へ、そして旧カブトビール工場の西側を通ってゆきます。


f0005116_22565157.jpgということで歩いてゆくと、入水(いりみ)神社の鳥居が右手に現われます。
半田市の観光マップによれば、少し離れた地にある乙川(おっかわ)八幡宮が入水上神社で、ここ入水下社が住吉神社のことだそうです。

f0005116_23332968.jpg
そして鳥居をくぐった先に、今年2/26に除幕された「ひよめのうた」碑(もしくは「ひよめ」碑)があります。この写真を撮ったのは8月のことですが、うかつにもその時は「おや、こんな所にも南吉碑がある・・。」と、今年出来た事を初めて知ったぐらいでした。

調べて見ると「半田市拓本研究会」さんが、知多信用金庫さんの「夢サポート助成事業」を活用して建てられたようです。知多信用金庫さんもそうですが、今年の生誕100年には多くの地元企業が賛助されていますね。
ところでこの「ひよめのうた」は、南吉の創作した歌ではなく、昔から岩滑の子ども達の間で伝承されてきたものです。でも南吉の日記には、「ひよめ」の出てくる詩がいくつかあります。

「ひィよめ ひよめ だんご やァるに くゥぐゥれッ」
(南吉はこのフレーズを元にして「ウソ」(後に「一年生たちとひよめ」と改稿)という童話を作っています。碑文は自筆原稿から採った文字を拡大とのこと。)

ところでこの碑のある住吉神社には、祭りで「ちんとろ船」という船が浮かぶ宮池があり、碑は池を背景に建っています。そしてこの池の西には、数十メートル隔てて名鉄の「住吉町」駅があり、「池」(一九三一・四・五)という詩の情景と、よく似ているので紹介しておきましょう。

「池の側へ/ 電車が/ 来た。/ 池から/ ひよめが/ 出た。/ 池の中に/ 電車のかげ/ 見た。」
(でも現在は間の建物で、電車の影を見るのはちょっと難しいようです)
[PR]
by ttru_yama | 2013-11-03 23:55 | 新美南吉