<   2012年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

0910-1209 「20世紀少年」の町-134(江ちゃん里帰り-大野編-20)

f0005116_13394385.jpg
先週に引き続き、旅のみやげ話は、またもホテルネタです。

ザ・〇ワー(写真参照)という施設の、22階に泊まったのですが、こちらはHPでも『36階建ての高層ホテル』とあり、確かに景色も素晴らしかったのですが、帰ってから唯一気になる事がありました。

それは「36階建て」って本当?ということです。1つは37階まで行先ボタンがあること、そして行先ボタンには、不吉な番号の4階・13階が無いってことです。

『37マイナス2=35』の謎、早速お尋ねしました。

結果・・、「今、ご指摘されて気がつきました。確かにそうですね。」とのこと。ちなみに37階というのは部屋割り的には無いそうです。きっと「35プラスB1」なんでしょうね。


f0005116_14593592.jpgで、こちらが今年の「於大まつり」のリーフレットを、お持ちいただいた於大様にございます。


幼子のほほえましい、パレードの様子に、於大様の表情もうれしそうにございました。


f0005116_153780.jpgきっと、480年前とかの自身の思い出に、ひたっておられたにございましょう。




(現地で於大さまパレードの一人にモデルを、お願いしました →)



では次回まで、さらばじゃ~。つづく(笑)
[PR]
by ttru_yama | 2012-09-30 15:30 | 「20世紀少年」の町

0910-1209 「20世紀少年」の町-133(江ちゃん里帰り-大野編-19)

f0005116_16405494.jpg
ということで、まず先週の旅のみやげ話ですが、ホテル宿泊時の失敗話です。フロントで部屋のICカードを渡され、いざエレベータに乗り込みますが、行き先階のボタンが何度押しても反応しません。

そのうち動きだしたので、安心していると別の人が、待ってる階に停まってしまいます。しばし呆然としていましたが、薄暗いエレベータの中、何やらカードの説明があります。

つまりエレベータに乗った時点でカードをかざさないと、行き先階ボタンも受け付けてくれない、セキュリティシステムでした。当ホテルは初めてですかと聞かれたとき、フロントで何の説明もなかったけど、これってシティホテルではもう常識!? (ホテルは2010年6月開業です)

f0005116_17541355.jpg
さて、話は東浦町に戻って、毎年4月下旬に行われる「於大まつり」です。

このような八重桜の道を、姫衣裳の於大様(といいながら於大様は1名だけ選出され、御輿に乗るのですが)がパレードします。(パレードは今年のポスター写真より) つづく
[PR]
by ttru_yama | 2012-09-22 18:30 | 「20世紀少年」の町

0910-1209 「20世紀少年」の町-132(江ちゃん里帰り-大野編-18)

f0005116_2335584.jpg
さて、於大様の故郷・東浦の続きですが、写真が現在残っている「緒川城址」となります。

城址といっても付近は住宅地で、主郭を囲む土塁の一部が残っているだけなのですが、残存する土塁に緒川城址の碑が置かれていて(写真中央)、その南面の児童遊園地に「傳通院於大出生地」の碑(写真左)、北面の保護柵に案内版(写真右)が取り付けられています。

余談ですが、現在この地へ車で行くのは道も狭くて駐車場も無く、おまけに途中の案内標識も無いので、東浦町役場にてよく聞いてから徒歩で行くのがいいでしょう。

手がかりは役場下の交差点の脇道にある、小さな案内標識が全てです。

f0005116_03321100.jpgことのついでに、東浦町観光協会の「おだいちゃん」のことを紹介しましょう。

このマスコットがいつ出来たかは不明ですが、少なくとも2008年4月にはあったようです。バックは桜で、毎年4月中旬にある「於大まつり」は八重桜の咲く並木道を通り抜けます。

また、髪飾りの白い花は「うのはな」で、古歌にも詠まれている東浦町の町花です。緒川の里も往時は、うのはなが咲きみだれていたのでしょう。
いやーしかし、あの於大様にも、こんな頃があったのでしょうかね。(次回につづく)

(来週は遊びに行くので、一回お休みです) 笑
[PR]
by ttru_yama | 2012-09-09 08:00 | 「20世紀少年」の町

0910-1209 「20世紀少年」の町-131(江ちゃん里帰り-大野編-17

f0005116_0453463.jpg次は「東浦町郷土資料館」(うのはな館)です。東浦町緒川といえば、江ちゃんの義理の祖母・於大様が生誕地。

ということでスタンプ像は伝通院於大様にござります。

f0005116_1143814.jpg
そしてここには、2011.11.12の東浦産業まつりに出演した、於大・市・吉乃様の写真が飾られていました。お三方はこの日は、午前「きらまつり」をこなしてからの出陣でした。

ところで、この日江ちゃんはどこにいたかといいますと、午前は名古屋市公会堂にておね・まつ様ともども、「名古屋城検定」を受けていた(後日全員合格受理)のであります。

そしてこちらの組も、秋まつりシーズンの過密スケジュールとあって、午後は「長者町えびす祭り」に出陣でした。(江ちゃんも翌日は「武豊町産業まつり」に、ソロ出演でした)

f0005116_2245371.jpg
そしてこの館内には、左から息子・徳川家康、生母・於大、父上・水野忠政と、ここ東浦ならではの、三世代につながる立派な像が置かれています。

(いや~於大様の、それはそれは立派な立ち姿ですこと。今にも「於大じゃ」と名乗りそうです。(笑))
(東浦については、次回も続きます)
[PR]
by ttru_yama | 2012-09-02 09:00 | 「20世紀少年」の町