<   2012年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

0910-1207 「20世紀少年」の町-126(江ちゃん里帰り-大野編-12

f0005116_0524160.jpgいやいや、なでしこも男子も初戦勝利で、開会式観る前からオリンピックが楽しみですこと。(笑)

という話は置いときまして、スタンプ上段、左上の羽豆岬・羽豆﨑城址から行ってみますか。羽豆岬というのは愛知県知多半島の先端・師崎(もろざき)にある岬のことで、伊勢湾と三河湾をつなぐ海運の要衝ということで、高台に城があったようです。

で、このスタンプの人物は「誰?」ということですが、説明には「羽豆﨑城には、佐治氏や尾張藩の船奉行となった千賀氏などが居城した」ということですが、まあうちのブログでは、大野城城主・佐治一成様にしておきましょうね。(なにせ姫隊のスタンプラリーですから)
f0005116_1302835.jpg
ということで、こんな感じで、沖を往く船を見張ってたんでしょうね。
f0005116_1362540.jpg
そして、現在では羽豆﨑城というものは無いのですが、羽豆神社というのがあります。ということで、絵馬がやたら恋愛系です。
ナントここは、SKE48の聖地でして、「ごめんね、SUMMER」(2010・7)のc/w曲「羽豆岬」の舞台なのです。
『羽豆岬の展望台 海は大きくて・・』『羽豆岬の夕焼けは 涙が出るくらい ・・』『羽豆岬の思い出は 瞼 閉じる度・・』『羽豆岬の思い出は 青春 そのもの ・・』

うむ、戦国ロマンですの・・?? 江ちゃんは、ここで、どんな夕焼けを見たことでしょうか。
[PR]
by ttru_yama | 2012-07-28 09:00 | 「20世紀少年」の町

0910-1207 「20世紀少年」の町-125(江ちゃん里帰り-大野編-11)

いやはや、1週間経つのは早いもので、前回追加する予定だった「江ちゃん里帰りネタ」は、以下になります。(笑)
f0005116_5543761.jpg
ということで、これがコース7「 於大と江ゆかりの半島めぐり」のスタンプ6ヶ所になります。
左上から羽豆岬羽豆﨑城址(南知多町)、刈谷郷土資料館(刈谷市)、大野城跡(常滑市)、下段左から野間大坊(美浜町)、東浦町郷土資料館(東浦町)、斎年寺(常滑市)のスタンプです。
f0005116_6262367.jpg
で、この頃は刈谷と野間のスタンプがかすれてましたので、なんとか顔がわかるようにしてみました。

野間大坊(下段左下)はスタンプ自体の写真ですが、刈谷(上段中央)のはたまたまラリーの最終日(2012.2.29)採ったもので、丁度スタンプの同好者さんが居合わせて、スタンプをきれいに整備された後に採らせてもらったものです。

その方は、姫隊スタンプdakeじゃなく、本当にスタンプ集めが趣味の方で、綺麗なスタンプを自作の収集帳に集めており、かすれたスタンプも整備して採っていたのです。

いろんな場所でよく見かける記念スタンプですが、実際押してみると、かすれてどうしようもないスタンプが多く、私もたかがスタンプだからと今まで思ってきました。

でも、こんな方がいるのを知って、提供される側も、スタンプの定期整備に、もう少し気を配っていただけたらと、思ったことでした。「スタンプ命」ぐらいに思っている方の存在を、この日初めて知りました。(ではまた次回に)
[PR]
by ttru_yama | 2012-07-21 07:05 | 「20世紀少年」の町

0910-1207 「20世紀少年」の町-124(江ちゃん里帰り-大野編-10)

一週間ブログを休み、愛知のお土産ということで、「あいち戦国姫ぜりー」を手土産に、西国に別件の取材に行ってきました。(笑)
ということで・・「あいち戦国姫隊」メモリアルコーナーは、ひきつづき<2011.12.15>の犬山演舞からです。
f0005116_22173811.jpg
「・・安土桃山時代を支えっ、後に北の政所となる、おねっ!!」ガッツポーズの後、おね様は「にこっ」と笑い交代。(下段左)
そして去りながら、まつ様の口上を読み上げます。「安土城下にて、このおねと共に暮らし・・」にてまつ様登場。このときまつ様、すでに扇の端を開いて・・。

「加賀百万石、・・」にて、一気に扇を開きます。(下段左) この扇をバシャッと開くポーズは、おもてなし中もよく見るポーズですね。ついで「前田利家様の妻となった、まつっ!!」の口上にて、扇を中央に持ち換えてのポーズ。この時軽く膝を折ってする笑顔が、まつ様ファンにはたまらんのだとか。(笑)(下段右)
--------------------------------------------------------------
例により以下は、近日更新です。
(などと書いていましたが、時間が無くて次のページに移ります。
[PR]
by ttru_yama | 2012-07-14 23:00 | 「20世紀少年」の町