「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

0910-1205 「20世紀少年」の町-118(江ちゃん里帰り-大野編-4)

今週の「あいち戦国姫隊」メモリアルコーナーは、ひきつづき<2011.12.15>の犬山演舞からです、と始まって・・、旧演舞(dakeじゃない演舞)の続きをお見せするつもりでしたが、本日(5/26)の「セントレア出陣まつり 夏の陣」において、新演舞と新衣裳の愛知・初披露がありましたので、そちらを「チラ見せ」してからです。まぁ、セントレアも常滑ですから、里帰りシリーズの1シーンともいえますが。(笑)
f0005116_23232917.jpg
ということで、この新演舞(仮に「新生演舞」とでもしましょう)、姫様方におかれては、今までのようにストンプを持つわけでもなく、優雅な舞にて演舞が始まります。

で、わが江ちゃんはどこに居るか、といいますと左端です。そしてよく見ると、江ちゃんの代名詞ともいうべき「たっつけ袴」がなくなっています。これが新生演舞の、姫衣裳の中でも最大の変化でしょう。おそらくプロデュース的に、「江ちゃん→江姫さま」という進化を見せたい、という演出があるかと思います。
----------------------------------------------------------------
ということで、ひきつづき<2011.12.15>の犬山演舞の、旧演舞(dakeじゃない演舞)の続きです。上のセントレアと比べると2世代前の話ですね。
しかし思いつきで始めたものの、このシリーズ思ったより画像の準備に時間がかかることが、2回目にして判明しました。(しまった~!! 後悔先に立たず)

f0005116_23155889.jpg
ええっと、ストンプの演技が終わると、おね様(左)まつ様(右)が中央に残り、二人MCにて演舞進行をしていきます。(上段) 『豊臣秀吉様の妻、おねにございます』『前田利家様の妻、まつでございます』ときて、武将のふるさと愛知の説明、そして影で武将の留守を守った妻達の存在を伝えます。

下段左からが最初のつかみの場面で、おね様が『・・その夫の留守を守ったのが、私達武将の妻でした。そうですよね~、まつ様』と近づくと、まつ様が相手の袖をしっかり掴んで『そー、やっと帰ったと思うと、す~ぐ次の戦っ!!』と袖を離そうとしません。
これでは袖がたまらないと、その手を振り払うおね様なのでした。(しっしっ。笑)(2コマ目)
次の2コマは、二人がそれぞれの出身地「朝日村」と、「七宝町沖ノ島」の口上をしている所です。

で、次からが信長様の室・吉乃様の登場シーンです。(ここから各姫のイメージ曲が流れます)
優雅な曲をバックに、舞台を左右に行き来しながら華麗な扇の舞を披露すると、
『織田信長様に最も愛されたのが、私、吉乃でございます。』と口上。
そしてラストは『生まれは江南、生駒屋敷でございます』と、扇で空を指す「決めポーズ」です。(ええぞ、ええぞ)
----------------------------------------------------------------
(と、今週は画像準備で疲れたのと、江ちゃんもとりあえず里帰りしたので、これにて終了です。ふぅ~。)
[PR]
by ttru_yama | 2012-05-26 23:30 | 「20世紀少年」の町

0910-1205 「20世紀少年」の町-117(江ちゃん里帰り-大野編-3)

今週の「あいち戦国姫隊」メモリアルコーナーは、ひきつづき<2011.12.15>の、犬山演舞からです。
f0005116_1162342.jpg
さてこの日犬山では、初陣以来の旧演舞と、それに次ぐ2011年度の新演舞(つまり現在行われている演舞)の公開稽古が、午前と午後にまたがって行われました。

実は1週前の清洲(12.7)でも、午後に新演舞がハプニング公開されたのですが、私は午後都合が悪く犬山で新演舞を見た訳です。
で、今週のネタですが、(最近見ないけど)「旧演舞(通称:dakeじゃない演舞)ってどんなだっけ?!(笑)」という話をしてみようかと思います。

ということで、今週は演舞のプロローグからです。姫の登場シーンでは、全員ストンプを持って登場します。(上) 、次いでストンプを薙刀に見立てた演舞(中)、次に全員タップがあってストンプを打ち鳴らします。(下)、思い出しましたか?(と自分自身に)
----------------------------------------------------------------
f0005116_103725.jpg
ネタつなぎに「大野城さくらまつり」(4/8)に展示されていた古い写真(左)と、当日の花見客との比較写真です。
モノクロ写真は明治か大正時代の山頂付近(城より少し南)だといい、当時は松の木くらいしかなかった様ですので、花見だったかは不明ですが右の鳥打帽の旦那さんは、お姐さんにお酒をついでもらってご機嫌の様です。

で、右の方は本丸の桜の下で、お父さんたちがリュックからお弁当を取り出して、紙コップ酒で花見を楽しんでいました。まあ、どちらも平和な写真です。
----------------------------------------------------------------
f0005116_1104672.jpg
ということで、当日は「楽遊館」さんの、お弁当が販売されていたので、奥さんにことわって写させてもらいました。(笑)
楽遊館さんは、「江ちゃん里帰り-大野編」では、江ちゃん達のお昼ご飯(しあわせごはん)を提供されました。(ではまた次回)
[PR]
by ttru_yama | 2012-05-19 00:07 | 「20世紀少年」の町

0910-1205 「20世紀少年」の町-116(江ちゃん里帰り-大野編-2)

今週の「あいち戦国姫隊」メモリアルコーナーは、ひきつづき<2011.12.15>の、犬山演舞からです。
f0005116_23285512.jpg
この日の演舞でとても珍しい光景を見たので、記録しておきましょう。
江ちゃんが自分の名前の「江(ごう)」をかけて「ごーごーアクション」をするのは、江ちゃん劇場-本編にて紹介した通りですが、(だいたい、他の姫のもあまり見かけないのですが)、特に吉乃様の「ごーごーアクション」等は、特に珍しく超レア物といえましょう。

江ちゃんの「ごーごーアクション」が現在の形に進化したのは、(私が知っている限り)20011.12.09の岡崎演舞からと思いますが、その日吉乃様は岡崎不在で、翌週のこの犬山演舞で進化した「ごーごーアクション」を目の当たりにし、「江様の ごー、すごいパワーアップして行きましたの!?」と、自らもやってみたというわけです。「ごー・ごーじゃぁ!!」(笑)
----------------------------------------------------------------
f0005116_22184954.jpg
さて、続いて「江ちゃん里帰り-大野編」に進めばいいのですが、実は始めたら、あっという間に終わってしまった(笑)、でもいけないので、第1回「大野城さくら祭り」(4/8)に戻ってひっぱります。ということで、大野城展望台より眼下の茶席の写真です。

ちなみにこの写真の右上は佐治神社で、佐治一成様の石像が祀られているのですが、このように一席もうけて江姫と茶会などがあったことででしょうか・・などと(・・見え見えですが、ひっぱります。)

f0005116_22375477.jpg
で、ひっぱりついでに、今回お城の中で公開された新しい展示写真です。お世話になってる地元郷土史家さんの労作ですが、これが海から見た大野城をCG化したものです。

海運で栄えた尾張大野を彷彿させるごとく、伊勢湾を船が往来し、見上げれば宮山(青海山)に屋敷や見張り櫓が建っています。当時は今の展望台のごとき、立派な天守閣のようなものはなかったそうです。
実際、現代のこの地は周囲が住宅に囲まれ、こんなに広々した城の様子は想像しにくいので、私なんか大河ドラマ「江」にて、海から見た大野城が堂々とした広がりを持って映し出された時、すごく違和感があったのですが、それほど強調したわけでもなかったことです。
(・・といった感じで次回に、つ・づ・く)
[PR]
by ttru_yama | 2012-05-12 23:45 | 「20世紀少年」の町

0910-1205 「20世紀少年」の町-115(江ちゃん里帰り-大野編-1)

今週の「あいち戦国姫隊」メモリアルコーナーは、ひきつづき<2011.12.15>の、犬山演舞からです。
f0005116_1265553.jpg
で、トークの話題に出た「ニッポン!いじるZ」(画像@TBS)はこのような感じで、姫隊メンバーがお座敷で、いじるZレギュラー陣を前に、「dakeじゃない」演舞を行うというものでした。
そして、ピーターこと藤井隆さんは、この軽快な歌がいっぺんに気に入ってしまい、翌年の総集編にも地区ランク入りした程でした。
中でも、演舞後のおもてなしタイムで、一番頑張ってゴメスこと東野幸治さんに、アピールした功労賞は、奥ゆかしさで定評ある、信長様の室「吉乃(きつの)」様(写真)だったことです。(あくまで個人の感想です。笑)
----------------------------------------------------------------
f0005116_21495111.jpg
ということで、今回のスタンプラリー奮戦記は、吉乃様コース(コース4/信長と吉乃恋の舞台めぐり)です。愛知県江南(こうなん)市にある、嫩桂山久昌寺(どんけいざんきゅうしょうじ/左)は、生駒家の菩提寺で、親族とともに建つ墓碑があるのですが、なんとウチのカーナビには出て来ないのです。
また演舞にも出てくる「生まれは生駒屋敷/中」というのも同様。29歳の若さで荼毘にふされたという、田代墓地の経塚(右)にたどり着くなどは、まるで迷路のごとくでした。

でも一番の大失敗はスタンプの置かれている、設置場所情報(名鉄犬山線「布袋(ほてい)」駅)を、良く読まずに行ったことでした。ま、苦労して押したスタンプこそ、必ずや報われるハズ・・。(と思いたい)
----------------------------------------------------------------
f0005116_1548396.jpg
さて常滑「きたまつり」の続編ですが、今回は矢田川に浮く權丸(ごんまる)の紹介です。365個(公称)ある白い提灯は1年をあらわし、山車の中心に高くそびえる赤い提灯は12ヶ月をあらわしますが、今年は閏年で13個あるとのことで、なんともめでたい山車です。(尾張津島天王祭にも、同様の巻藁船あり)

宵祭り時の白い提灯には、長時間用の蝋燭が灯され幻想的な風情を出しますが、日中の本祭りにおいてはこの提灯が左右に振られ、ぐるぐると力強く回転します。そしてやがて提灯の隙間から、大空に向けてカラフルな風船が飛び立ってゆきます。(クリックで拡大)

いやはや、佐治の殿様もびっくりの大野まつりですが、残念ながら祭りの歴史はずっと後からのようです。
f0005116_16523477.jpg
ということで、祭りを終えた權丸が、矢田川を下り水門の方へ帰って行きます。実はこの水門のおかげで、潮の満ち干関係なく、權丸を川に出し祭りが行えるとのこと。祭りには無くてならない水門なのでした。

で、この水門の形、なにやら映画「20世紀少年」にも似た様なゲートをみたような気がしませんか。そして実は、この大野も映画と無関係ではないのです。(でも、その話にいつ戻れることやら・・。)
そうそう戻ると言えば、「江ちゃん里帰り-大野編-1」今回は姫隊色紙(右上/尾張大野歴史資料館蔵)dakeで終わってしまいましたね。今回の祭りに合わせての、特別開館でした。(笑)
[PR]
by ttru_yama | 2012-05-05 00:10 | 「20世紀少年」の町