「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

0910-1202 「20世紀少年」の町-105(江ちゃん里帰り-長浜編-11)

今週の「あいち戦国姫隊」メモリアルコーナーは、ひきつづき昨年11月の岡崎城演舞です。
f0005116_033432.jpg
恐るべし、於大様の「ひとりじゃんけん」が始まりました!!(今週も詰め込みましたぞ)
「いきますぞ、せ~の、はいっ、はいっ、はいっ、」
思わず江ちゃんが悲鳴をあげます。「きゃ~、出来ぬ~!、 於大様すご~い!!」
於大様、涼しい顔で、どんどんじゃんけんを続けます。
「皆様、練習しますと、認知症予防にいいんじゃなぁ~。」笑。
(於大様、・・仰せの通りでございます。私はじゃんけんはうまく出来なかったけど、この画像の収め方考えるだけで、頭使って認知性どころではありません。ふぅ~。)
えっ、その間、市様は何をしてたと・・。さすが暴君・信長様の妹君市様、「はいっ、はいっ、」と扇子で、聴衆に指揮をとっておられましたね。(つづく)
恒例・岡崎演舞にて(2011.11.18)
----------------------------------------------------------------
f0005116_23175947.jpg
前回のとおり受験シーズンで、「常滑」が滑らずの町になったと、尾張大野城主「一成」様(写真中央)に報告にいきますと、何やらご機嫌の様子。一成様いわく、「今日は朝から<東海古城研究会>のご一行が来てな、楽しかったぞ。」とご満悦でした。
ついでに「江ちゃん」の最近の様子もお話ししたら、「そうかそうか。」と目を細めていました。(笑)(2012.2.19)
f0005116_23412749.jpg
ところで、尾張大野では、この時期もう一つ紹介しておくことがあります。それは「楽遊館」さん(0569-44-2550/月火以外の日中営業)での「雛まつり」(2/8水>~3/18<日>)です。(クリックで拡大)
特に2/26(日)の13:30~は、「お筝と尺八の演奏会」(無料)があるとのこと。予約制の「ひなランチ」もありますゆえ、ぜひどうぞ。(あの姫隊も大野イベントの時は、ここでお昼をいただいたという、くつろぎの癒しスペースです。)以上、ボランティア宣伝でした。(笑)
(2012.2.19)
----------------------------------------------------------------
(12/03 長浜・小谷会場、つづき)
f0005116_23341125.jpg
そして、長浜のクイズの答え、信長様が桶狭間に向けて出陣した城は、②の清洲城なのですが、市様がある解答者さんを指名します。
「そちらのな、ピース(の方)じゃ、」
f0005116_2342498.jpg
「・・ピースで、手を上げておる、そこのそなた!!」
と自らもピースサインを出します。しかし、解答者さんはピースサインではなくて、すでに「答えは②番だよ」って、指サインで合図していたのでした。
ですから、質問側の市様の正しい対応としては、「そなた、②番でいいのかな?」なのでした。
f0005116_014872.jpg
でも、江ちゃんの指摘でそれに気づいた市様、てれ笑いしながら「正解じゃ」、と手を差し出したのであります。
微妙な指サインの感じ方のズレが、ほんのり笑いの場を作ったクイズタイムでした。(笑)
(つづく)
[PR]
by ttru_yama | 2012-02-24 00:11 | 「20世紀少年」の町

0910-1202 「20世紀少年」の町-104(江ちゃん里帰り-長浜編-10)

今週の「あいち戦国姫隊」メモリアルコーナーは、ひきつづき昨年11月の岡崎城演舞です。
f0005116_0203327.jpg
そして於大様のパフォーマンスが始まります。
『では皆様、片方の手をあげて頂いて、コチラ「ぐぅ」「ちょき」「ぱぁ」、「ぐぅ」「ちょき」「ぱぁ」とくり返し出していただきます。』(ナント今週は於大様が3人!!!)
f0005116_1552872.jpg
『そして、もう片方の手は、今度は「ぱぁ」「ぐぅ」「ちょき」・・と、くり返します。』
『そうしますとな。ずうーっと片方が勝ち続け、片方がが負け続けるということでございます。』
(・・実はコレ作りながら、もう分かってきたことがあります。今週も作るの大変だったけど、来週は一体どうなるんじゃ~。後悔、先に立たず。)(泣)
恒例・岡崎演舞にて(2011.11.18)
----------------------------------------------------------------
f0005116_2115818.jpgいやいや、まるで姫隊応援ブログみたいになっとりますが、けして「20世紀少年の町」常滑(とこなめ)を忘れた訳ではありません。
実は現在、名鉄の常滑駅は合格祈願の駅になっていて、今年1月末から駅の改札口には、このような看板が掲げられているのですよ。ハイ。
ホレ、常滑の「滑」、つまり「滑る」って字が、逆さになって、つまり「常に滑らない」イコール「合格」ってことなんです。受験生の方、試験の前には常滑祈願です。常滑駅前のウィルセラでは、「とこにゃんの合格祈願カード」も貰えるよ。(大野城の、一成様にも教えてあげよう)
----------------------------------------------------------------
(12/03 長浜・小谷会場、つづき)
f0005116_1324234.jpg
さて、長浜のクイズに戻りましょう。問題は「市様の兄、信長様が天下取りへの、第一歩を踏み出した城はどちらの城でしょう?」という問題です。三択クイズで、①が名古屋城、②が清洲城、③が犬山城です。
「さあ、分かった方、ハ~イ!!」
(と、上の写真を作るので疲れちゃったので、今週はここまで。また来週デス。答えは②の清洲城なんだけど・・。(笑)
[PR]
by ttru_yama | 2012-02-18 11:00 | 「20世紀少年」の町

0910-1202 「20世紀少年」の町-103(江ちゃん里帰り-長浜編-9)

今週の「あいち戦国姫隊」メモリアルコーナーは、ひきつづき昨年11月の岡崎城演舞です。
f0005116_11175696.jpg
「そう、そう、そう。久松俊勝さまも、甦らず、長~い夜を・・」と、一人思い出にふけっていた於大様。
ここで、はたと、お市の方の「許せまじ発言」に気付きます。
振り返りざま、「(こら) おぃ!! 」と、市様に詰め寄ります。(会場内、大爆笑)
そして、つぎには「申し訳ございませぬ。」と、無礼をわびる市様なのでした。
(と、息の合ったみごとな、チームコントなのでした。まだまだ続きます。)
恒例・岡崎演舞にて(2011.11.18)
----------------------------------------------------------------
f0005116_11534336.jpg
と、ここまで来ましたが、カメラ位置の関係で秀吉様の正室である、おね様が写っておりませんでした。(すみませぬ。) たぶん、このような お顔で、於大様劇場を見ておられたと思います。(と、紹介しておかぬと、次会った時が怖いので・・)(笑)
----------------------------------------------------------------
(12/03 長浜・小谷会場、つづき)
f0005116_2243225.jpg
こちらは、二人で6人分の姫の紹介をした「dakeじゃない」特別バージョンを終え、ほっと笑顔の出た、あいちの「浅井親子」です。
f0005116_22514957.jpg
さて、会場内に姫隊ファンはいたものの、多勢に無勢。ここ長浜でも知名度を上げるべく、市様と江ちゃんはクイズ大会をすることにしました。
f0005116_23331460.jpg
そして、クイズの景品にはコチラ、(こんなような)「姫隊オリジナルポストカード」が貰えます。ちなみに写真は3枚セットのうちの一枚で、姫隊の背景には、愛知の(左から)岡崎・犬山・名古屋城が写っています。(といいながら、これは私の物ではなく、とある所からの借り物デス。)
[PR]
by ttru_yama | 2012-02-11 11:00 | 「20世紀少年」の町

0910-1202 「20世紀少年」の町-102(江ちゃん里帰り-長浜編-9)

今週の「あいち戦国姫隊」メモリアルコーナーは、昨年11月の岡崎城演舞です。
f0005116_22372871.jpg
ここですかさず、市様がツッコミを入れます。「一人じゃんけん?!。於大様・・、寂しい方ですね。>_< 」(会場内に静かな笑いが・・)
あわてて、江ちゃんが市様の制止に入ります。「母上さま~っ!!(な、なんて事を・・)」
しかし、幸か不幸か、於大様はすでに自分の世界に入っています。そして、回想するように我が身の不運を語るのでした。
「そう、そう、そう。(自分は甦ったのに、再婚した夫)久松俊勝さまも、甦らず・・」
(と、佳境に入ったところで、つ・づ・く、お楽しみに!) 恒例・岡崎演舞にて(2011.11.18)
----------------------------------------------------------------
f0005116_2318027.jpg
ちなみにこちらが、久松俊勝さまの墓所のある、安楽寺(愛知県蒲郡市)です。於大の方は俊勝さま亡き翌年より、2年間、寺に在住し、薙髪(ちはつ/髪を剃ること)の後、伝通院と称されたのでございます。
----------------------------------------------------------------
(12/03 長浜・小谷会場、つづき)
f0005116_23572698.jpg
ここまできて市様の顔にも、少し安堵の表情が・・。お怒り顔から、笑顔に変わる瞬間です。「市じゃぞ。」(会場内にも、ほっとした笑い声がきかれました。)
余談ですが、トップのメモリアルコーナーにある、市様の高く渦巻いた髪形。なかなか見られない「レアもの」ですぞ。(笑)
f0005116_051550.jpg
そしていよいよ、江ちゃんの見せ場です。
「皆様。お江ちゃん、と呼んでくださりませ。」などと愛嬌を振りまいていたところから・・。
一変して、「後の三代将軍、家光の母でもあるッ」と、あいち戦国姫隊の特徴である、市様同様「強い姫」をアピールします。(長浜のお客様にも、届きましたかのぅ)
しかし思えば、(偶然とはいえ)今回の「浅井親子による演舞」、そんなところがいかんなく発揮できた人選だったことです。
(などと、何か演劇評じみてしまいましたが、次回につづきます。)
[PR]
by ttru_yama | 2012-02-04 11:00 | 「20世紀少年」の町