<   2012年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

0910-1201 「20世紀少年」の町-101(江ちゃん里帰り-長浜編-8)

今週の「あいち戦国姫隊」メモリアルコーナーは、昨年11月の岡崎城演舞です。
f0005116_22151651.jpg
本日の姫隊は、おね・市・江・於大様の四姫演舞。そして岡崎演舞といえば岡崎城主・家康公の母君、於大様の独占トークショーが売りであります。

という訳で・・本日の於大様(左)、なにやら自信ありげな「したり顔 !!!」にて、
『皆様と一緒に、ひとりじゃんけん、なるものをしてみとうございます』ともちかけます。
それを隣で聞いた市様は『ひとりじゃんけん(それって何!?)』と首をかしげます。
江ちゃんは、もっと分からず『???』状態。さて於大様劇場、はじまり、はじまり・・。
(長丁場になりそうな予感。でも面白いからこの先つづく) 恒例・岡崎演舞にて(2011.11.18)
----------------------------------------------------------------
f0005116_2313506.jpg

ずっとお待たせしている、二人一成様のご機嫌伺いに、お正月の大野城(佐治神社)の様子を載せときましょう。地区の方による正月奉納です。一成石像様(右)は、御神酒をいただいてご機嫌のようです。(2012.1.3)
----------------------------------------------------------------
(12/03 長浜・小谷会場、つづき)
f0005116_0482652.jpg
度重なる市様の受難に、江ちゃんが「母上、ドンマイ、ファイト!!」と、応援します。
市様、苦笑しながらも演舞の続きに進みます。
「(戦国一の美女といえば誰か)知っておるか!?」
f0005116_293740.jpg
さっと演舞顔に切り換えた市様、「知ってる者、おるかのう?!」と、いつものように客席を見渡します。
さて、ここは愛知ではなく「アウェイ」の滋賀県長浜・・。はたして声がかかりますでしょうか?
すると会場前列から、手が挙がります。(いました。姫隊ファン)
「それを見つけた江ちゃん。「あっ、いたいた。良かった(笑)。・・大きな声で、大きな声で。」
(市様ぁ~)
それを聞いた市様、ホントはうれしかったくせに(と思いますが)・・、いつも以上の調子で)
「声が、小さぁーいっ!!」
日頃の姫隊とファンのつながりを、少し長浜でもみせられたシーンでした。(良かったね。)
(まだ、つづくよ)
[PR]
by ttru_yama | 2012-01-28 11:00 | 「20世紀少年」の町

0910-1201 「20世紀少年」の町-100(江ちゃん里帰り-長浜編-7)

今週の「あいち戦国姫隊」メモリアルコーナーは、ひきつづき昨年11月の武豊町です。
f0005116_2055882.jpg
いつも以上に気合をいれて、手作りの大きなリボンの髪飾りをつけた江ちゃん。この日は武将のふるさと愛知と姫隊を紹介したあと、東北支援の物産コーナーの販促お手伝いです。

山田の醤油(岩手)、武田の笹かまぼこ(仙台)、白石の温麺(うーめん/宮城/写真)、冷麺(盛岡)、かやきせんべい(岩手)等を紹介していきます。
「東北の方の手助けも出来て、そしておいしいものも食べられるという・・、良いですな。」とコメント。
第28回・武豊町産業まつり(芝生グリーンステージ)にて(2011.11.13)
----------------------------------------------------------------
f0005116_8212499.jpg
遅れましたが、今年の常滑陶芸の干支作品です。
----------------------------------------------------------------
(12/03 長浜・小谷会場、つづき)
f0005116_22162061.jpg
えぇっと、先週の市様のマイクトラブルのつづきでしたね。いつも冒頭にある三姫の紹介のくだりを二人でこなして、やっと調子が出てきて、ほっとしたところです。そして、いよいよ市様の紹介場面となる前半最大の見せ場、おなじみの「そこのそなた!!、戦国一の美女といえば誰じゃ!!、 知っておるか!?」のシーンです。

f0005116_22444043.jpg
で、で・・、なんと扇子で観客席を指した瞬間、誰かがマイクのコードを引っかけ、コードが抜け落ちてしまいます。(ゴトッと物音が・・)
一瞬何事が起こったかと、無くなったコードを見やり、あとは笑うしか無かった市様受難の日なのでした。

実はこの写真の前の、いぶかしげに抜け落ちたマイクの先を見やる、市様困惑の(おそらく「一体何事が起こったんじゃ???、 このせっかくの見せ場がだいなしじゃ、この場をどうとりつくろえばいいんじゃ?」というような感情が入り交じったもの) 表情が、なんともいえないのですが、ここで載せるのはやめときましょうね。
(つづく)
[PR]
by ttru_yama | 2012-01-21 11:00 | 「20世紀少年」の町

0910-1201 「20世紀少年」の町-99(江ちゃん里帰り-長浜編-6)

今週の「あいち戦国姫隊」メモリアルコーナーは、すこし戻って昨年11月の武豊町です。
f0005116_21504417.jpg

この日は、8月5日の名古屋城宵祭りから通算101日目の出陣。秋のイベントシーズンとあって、この日、姫隊は超過密スケジュール。で、ナント3隊に分割。
なかでもここ武豊町は、江ちゃんの単独出演なのでした。いつも以上に胸で手を合わせるシーンが多かったような・・。(どきどき)
でも、前日の名古屋城検定の疲れもみせず、10:20から芝生ステージのトップバッターなのでした。
そしていつもの元気さで、『「あいち戦国姫隊、知ってるよ!」って方、ハーイッ!!』
第28回・武豊町産業まつり(芝生グリーンステージ)にて(2011.11.13)
----------------------------------------------------------------
(12/03 長浜・小谷会場、つづき)
f0005116_2126971.jpg
長浜歴ドラ隊さんの最後のステージ挨拶、「皆様、有難うございました~。」のシーンです。感極まって江姫が、泣いてしまう場面もありましたが、3月からの長期間の演舞、お疲れさまでした。会場からも惜しみない拍手が送られます。

f0005116_21455148.jpg
さてその後、関ヶ原東西武将隊さんなどの演武を挟んで第2部。15:15 登場音楽が流れ、いよいよ「あいち戦国姫隊」の出番です。
最低でも3人でする演舞が、今日は二人だけの演舞。二人の表情にも緊張が走りますが、最初の挨拶でナント市様にマイクトラブル。「本日は、お招きいただき有難う存じまする」の市様の声が入っていません。

f0005116_22104764.jpg
「失礼を申し上げました。」と司会者さんが差し出すマイクを受け取る、よわった顔の市様。すかさず江ちゃんは「母上は、怒ると怖いんじゃ~。」と場をつなぎます。しかしさらなる試練は・・。頑張れ姫隊。
(つづく)
[PR]
by ttru_yama | 2012-01-14 11:00 | 「20世紀少年」の町

0910-1201 「20世紀少年」の町-98(江ちゃん里帰り-長浜編-5)

今週の「あいち戦国姫隊」メモリアルコーナーはひきつづき南知多です。
f0005116_23103191.jpg
海っ子バスは途中、中継ポイントの「豊浜さかな広場」に立ち寄ります。軽トラの臨時お立ち台に陣取った信長様は、ここでもイワシ等プレゼントを貰ってご満悦。姫隊に向かって
「おまえらにゃ、食わせたらんでなー。これワシへの献上品じゃでのー。いやー、たくさん貰った。ありがとさんじゃー!!」

わが姫隊は、(もう笑って) 拍手するしかなかったのデス。
(一連の流れに沿うように苦労してつなげた、3カットいいとこどり写真、背景とか多少のムラは無視してくださいね。笑)
内海・山海「きずなの会」宝探しスタンプラリーにて(2011.12.04)
----------------------------------------------------------------
(12/03 13:30 「華舞台」にてホストである、長浜歴ドラ隊さんのファイナルステージです)
f0005116_03379.jpg
長浜歴ドラ隊さんは、2010年の12月に結成され、2011.3/20から華舞台での演舞を務め、今日が最終演舞です。
「本日は・・我等の最後のステージ、しばし、おつきあいくださいませ。」と長政様(上段右からの2人目)の挨拶で、「扇を使った舞」から始まりました。ちなみに長政様の右が「市様」です。

f0005116_041129.jpg
この日の演目は「大阪の陣」。戦はさけられぬものかと苦悩する、上段左から、初、江、茶々浅井三姉妹の、大河ドラマの1シーンをみるような演技です。
そしてラストは、浅井三姉妹の歌。

ねぇ、 こ~っちを向~いて/ 私~の事を見て~/ 近江のステキを教えてあげるわ。
浅~井 三・姉・妹~
今日も琵琶湖 ゆ~ら 、ゆ~ら !/ いつもの風 さ~ら、さ~ら !/ 君の横顔 いつもより やさしい !

歴ドラ隊さんの最後の熱唱が、会場を一つにします。(つづく)
[PR]
by ttru_yama | 2012-01-04 23:32 | 「20世紀少年」の町