<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

0910-1111 「20世紀少年」の町-92(江ちゃん劇場-予告編2・岡崎)

f0005116_23371967.jpg舞台は変わってここは岡崎、「三河武士のやかた」です。「葵武将隊」さんの力の入った演武の後、江ちゃんたちの幟が用意され、風になびきます。








f0005116_2338025.jpg う~む、江ちゃんは、裏も表もなくどちらもいいね。人間、こうでなきゃ~。(と、これが正しい!? 待ち時間の過ごし方です)









f0005116_073086.jpgで、演舞が始まるとこの日の於大様(中央)はパワーが炸裂。江ちゃんはじめ姫たちは圧倒させられたのでした。











f0005116_0182554.jpg・・これはいけない・・、このまま於大様に押されたままでは、「江ちゃん劇場」の幕が開かない!!










f0005116_037323.jpgそんな時、あの郵便やさんが、とある市から岡崎まで応援に駆けつけてくれたのです。(ホントか?!)












f0005116_0442171.jpgはるばると、江ちゃんの大好きな「江ちゃんバイク」に乗って・・。(素材提供/「江南郵便局」様)

(で・・あまり話のオチとかは無いのですが、この写真は「おー、ラッキーセブンじゃ」と言って、江ちゃんに喜んでもらえました。)

(そんなこんなで、次週はいよいよ、team-kumaのぷらいべーと「江ちゃん劇場」本編です。)
[PR]
by ttru_yama | 2011-11-25 11:00 | 「20世紀少年」の町

0910-1111 「20世紀少年」の町-91(江ちゃん劇場-予告編1・犬山)

ぷらいべーと「江ちゃん劇場」は、もう1~2週お待ちください。ということで、今週は「予告編」みたいなものを作りました。舞台はたそがれ時の犬山城です。

f0005116_20362394.jpgここは犬山城入口にある観光案内所前広場。あいち戦国姫隊の「江ちゃんブログ」にて、1月前の今日、本家の「江ちゃん劇場」(2011.10.18)が始まった記念的な場所です。

内容は4コマ漫画的なもので(以下引用)、
『① くだらない事を思い付いた「江」にございまする。/ 江はいつも元気いっぱい / 舞も披露じゃ ② それっ ③ あっ… ④ 草履脱げた… ? (以下略)』
という、画像が無いとあまりその「のほほん」としたニュアンスが、なかなか伝わりませんがまあ、そんな江姫の日常の1コマを描いたものでした。


f0005116_2111250.jpg「秋の日はなんとやら・・」で日も暮れかかり、この石碑写真だけではイカン、他にも何かブログネタを見つけないと、とあせる私に、犬山市限定の「わん丸君」コーヒー自販機が「のんびり のんびり」と言っています。


f0005116_21271163.jpgそんな私をなぐさめるように、城内では「四季桜」と「紅葉」が迎えてくれました。
でも残念ながらそれ以外、「江ちゃん劇場」の予告にふさわしそうな、キラッと光るネタが見つかりません。
「うーむ、どうしよう。」


f0005116_21353388.jpgそんな時思いだしたのが、ここへ来る途中の、とある市で見かけた郵便やさんでした。
「そうだ。この人に聞いてみよう。」郵便やさんだけに「何かいい知らせ」を届けてくれるに違いない。と妙に確信したのでした。
(以下、来週につづく)
[PR]
by ttru_yama | 2011-11-18 21:56 | 「20世紀少年」の町

0910-1111 「20世紀少年」の町-90(大野編-江と佐治氏-17 dakeじゃない)

f0005116_21154572.jpg 今週は、先週大野城の「二人一成」で前振りした続きで、常滑大野を訪れる江姫の当日朝の様子を描いた、ぷらいべーと「江ちゃん劇場」を作ろうと、3日かけた企画書を持って「あいち戦国姫隊事務所」さんに、江ちゃん出演交渉にお願いに行ったのですが、諸事情でちょっと難しいとのことで、それは自力でやれるところまでやってみますので、もう少し時間を下さい。

ということで、今回は「あいち戦国姫隊」のテーマソング「dakeじゃない」を取りあげてみたいと思います。実際の歌詞は私も見たことが無いので、歌詞はおろかタイトルさえも実際のものとはニュアンス等が若干違うかもしれませんが・・。(もし間違いをお知らせ頂ければ修正します)

でも今回、何回も聞き直し、(お名前はまたしても諸事情で申し上げられませんが、何人もの方に) 訂正チェックを入れて頂きましたので、かなり実歌詞に近いのではないかと考えます。(歌いやすいように区切りや長音等を入れてます。姫隊ファンの皆様の参考になればと思います。) 写真は「アイチのヒーロー!!」の場面ですが、これも諸事情でなぜか「豊明市商工会まつり」の映像です。(苦笑) それではどうぞ。


「dakeじゃない」


アイチのヒーロー !

信長、家康、秀吉、
dakeじゃない~ !

清正、利家~、ひろつぐ(広嗣/慶次)、正則~、
一豊~、前野将右衛門長康~

エイ! エイ! エイエイオー !

この身~、受けて我が身~、
さだめ~、受け止めて~、
切り開く~

エイ! エイ! エイ!

岡崎、清洲に、安城、名古屋~、
犬山~、吉田~、
戦国武将は、城で持つ~!

人間五十年、下天の内をくらぶれば!
天下布武! (天下布武!)
桶狭間! (桶狭間!)

愛知は武将のふるさと~! (愛知は武将のふるさと~!)
末は関白、太政大臣!
夢のまた夢、
出世街道 一夜城~! (出世街道 一夜城~!)

愛知は武将のふるさと~! (愛知は武将のふるさと~!)
末は征夷大将軍 !
天下分け目の、小牧長久手、大樹寺さ~!

エイ! エイ! エイエイオー !
dakeじゃない~ !

※ 2011.12.07 01:45 一部修正しました ※
※ TBS「ニッポン! いじるZ」にて、一部の歌詞テロップが「愛知→アイチ」「広嗣→慶次」と放映されたことによる修正ですが、広嗣/慶次は、確認がとれるまで両方併記(読みは両方「ひろつぐ」だそうですので、単に歌う分には大丈夫です。)しておきます。今のところ慶次でいいという話が有力なのですが・・。ただ自分的には慶次にホントにそういう読み方があるのか「半信半擬状態」なので中途半端ですみませぬ。 ※
※ どなたか(裏コメでも良いので) 後押しする情報をお教え下さい。※
[PR]
by ttru_yama | 2011-11-11 22:10 | 「20世紀少年」の町

0910-1109 「20世紀少年」の町-89(大野編-江と佐治氏-16)

f0005116_2283238.jpg(最近映画づいてずいぶん、ご無沙汰でしたが「20世紀少年の町、大野編-江と佐治氏」やっと戻ってきました。) 遡れば2週間前の10月16日(日)、大野の町は大変な事になっておりました。

ここ大野城でもその噂は聞こえ、若き日の一成(石像/佐治神社)と晩年の一成(画像/大野城内)が、何やら人目をしのんで話しあっておりました。
(画像)「おいおい、一成君、その話は本当かね。甦ったというのは!?」
(石像)「あれ? 一成翁、この前来たときご覧にならなかったですか? 私なんかもう8月20日のあの日の事が忘れられなくて、また今日も来てくれるそうなんです。」

f0005116_22493144.jpgこの二人が話しているのは、信長・秀吉の戦国時代から400何年もの時を越え、平成の世に甦った「江」をはじめ「あいち戦国姫隊」(23年7/27結成~24年3/31)の6姫のことなのです。


(石像)「ということなんですよ、一成翁。もちろんその中でも「江ちゃん」は一番若いし、かわいいし・・。」(みんなかわいいけど・・)
(画像)「そうだったなぁ、実にそうだった。あの死んだ憎っくき秀吉さえいなければ、わしも大野を追われずその後出家しなくとも良かったものをのう。」
(石像)「そうでしたね、翁。今日はぜひ二人で「江ちゃん」に会いましょう。」

(しかし私のせいで今回、翁は最大のチャンスを逃してしまったのです。翁、ゴメン・・。)
[PR]
by ttru_yama | 2011-11-05 23:44 | 「20世紀少年」の町