「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

111011 「はやぶさ/HAYABUSA」-3

f0005116_2129565.jpg「20世紀少年」に出演していて、今回の「はやぶさ/HAYABUSA」にも登場する俳優サンが1人います。

それは誰あろう「はやぶさ」のプロジェクトマネージャーを演じた佐野史郎サンでした。佐野サンは「20世紀少年」では、ケンヂ達の幼い頃からのにっくき敵、あの太ッチョの「ヤン坊・マー坊」兄弟の大人になった姿を1人で演じていましたね。

「20世紀少年」では「ともだち」の手先に「成り下がって」いた佐野サンでしたが、今回の「はやぶさ」では川口プロジェクトマネージャーに「成りきって」いて度重なるプロジェクトの成否を左右する難局で、決断を迫られるシーンを好演していました。

今回の映画では実在の人物がいるだけに、俳優サンもその人物に成りきった容貌と演技が要求されましたが、製作現場では特に佐野サンの評判が高かったようです。

f0005116_22272490.jpgそしてロストして皆が半ばあきらめかけていた時、「はやぶさ」の声が地球に届きます。そして最後の難関だったイオンエンジンの故障を回避し、地球にたどりつくと回収カプセルを放出し、「はやぶさ」は大気圏で自ら燃え尽きてしまうのでした。

後はオーストラリアでのカプセル回収を成功させるばかりなのですが、巨匠・堤監督、ここで一つイタズラシーンを挿入しています。(そのネタバレはちょっと教えられませんね。ヒントはオーストラリアという場所柄なのですが・・)(笑) <今回の写真は名古屋市科学館の展示写真より>
さあ、次は久しぶりで「大野編-江と佐治氏」に戻ることにしましょう。
[PR]
by ttru_yama | 2011-10-29 22:55 | 本・映画・ドラマ

111011 「はやぶさ/HAYABUSA」-2

f0005116_943253.jpgちょっと遅れて入場した私は、映画を最初からは観ていませんが、最初のシーンはおそらく西田サン演ずる的場対外協力室長の「はやぶさの講演」に、主人公の大学生・水沢恵こと竹内結子サンが聴きにいくところから始まったと思います。(イメージギャップがあり、初め誰?この人と思って見てました)

その講演後、水沢の宇宙知識に驚いた室長がボランティア要員として、プロジェクトに誘うのです。水沢は亡くなった天文好きの兄の影響でやはり宇宙の好きな女子大生という役どころですが、他の出演者が実在のモデルを演じているのに対して、はやぶさプロジェクトに参加したいろんなボランティアスタッフを総じて演じています。

ですから最初は高島政宏サン演ずるはやぶさのカメラチームにいましたが、時には西田サンに随行して、内之浦の漁協に打ち上げ時期の懇願に行ったり、JAXSAのガイドスタッフ等も演じています。

そこでわが(←いつのまにか「わが」がついていますが) 「20世紀少年」を制作した堤監督です。作品のリアリティーさを追求し、JAXSAの協力のもとに作られた管制室のセット。ここでははやぶさの打ち上げから帰還までの、緊張感・緊迫感・絶望とその後の喜び、そして涙の映像が撮影されました。

監督がいうように「作りたいのは人間のドラマ」というだけあって、出演者もプロジェクト中に描かれる姿だけでなく、ふだんの日常生活の姿まで映し出しています。たとえば普段の飲み会や送別会、亡くなったメンバーの家での弔問シーン。鶴見辰吾サン演ずるイオンエンジンの責任者は、地区町内会の会議の最中に呼び出されてしまいます。

そんなプロジェクトに直接関係無さそうなエピソードが、この映画に別の意味でのリアリティ感を与え、世間離れした世界にいる人たちが、実は私達と同じように生活しているんだという親近感を感じさせてくれます。(少し「ネタバレ」させてしまいましたが、こんな程度ではびくともしない映画だと思っています)

そして最も本物の登場人物にこだわったという佐野史郎サン。(うーむここでページが尽きました。常滑で会った江ちゃんの話もしたいのですが、また次回デス。(笑))
[PR]
by ttru_yama | 2011-10-22 11:15 | 本・映画・ドラマ

111011 「はやぶさ/HAYABUSA」-1

f0005116_727266.jpg(ヨコハマガイドにするつもりでしたが)、先週は映画「はやぶさ/HAYABUSA」を観ちゃったので今日はその話です。

「はやぶさ」それはもちろん2010年6月13日、日本中がその奇跡の帰還に驚き、役目を終え大気圏突入で燃え尽きた小惑星探査機「はやぶさ」(コード名・MUSES-C)の姿に涙した、あの「はやぶさ」のことです。

現在はやぶさの映画は、ドキュメンタリー映画含め4本制作されており、今回観た竹内結子サン主演の映画化の話は知っていましたが、何せ(常滑ブログ続きとしては)、監督があの「20世紀少年」の「堤幸彦サン」となれば、もう観るしかなかったのです。(アツい!?)

というわけで気分を出すために貼ったイメージ写真は、今年4月に行ったさいたまの「鉄道博物館」で展示された「~はやぶさがはやぶさに出会う日~」のポスターです。(東北新幹線「はやぶさ」は3月5日デビュー)

公募された150,372通中の7位から、東北新幹線の愛称「はやぶさ」が発表されたのは、2010年5月11日でしたが、小惑星探査機に「はやぶさ」の愛称があたえられたのは276通の応募の中からで、2003年5月9日、恒例により打ち上げが成功した時に命名されました。

ですから映画でも、打ち上げまでは竹内サンもMUSES-Cと言っていました。ちなみに擬人化された「はやぶさ」の声も竹内サンが演じていました。宇宙空間でロストした時の「ボクはここにいるよ」の声は、はたして地球にとどくのでしょうか。
(またもや、このブログも道をさ迷いながら・・、つづくのデス)
[PR]
by ttru_yama | 2011-10-15 15:33 | 本・映画・ドラマ

「コクリコ坂から」-9

f0005116_23392054.jpg「コクリコ坂から」には「上を向いて歩こう」が挿入歌として2度登場します。

1度目はコクリコ荘で、海のおばあちゃんの部屋のテレビから流れてきます。ヨコハマガイドには、海たちが白黒テレビから流れる歌謡番組を観るカットがあります。
少~し前、その歌を歌った「九ちゃん」の特集番組で、「夢であいましょう」の番組だったかで歌う姿が流れていましたね。

で、2度目は俊が海を自転車に乗っけてコクリコ坂を下るシーンです。これがまた映画に合ってしまって、2人の自転車は軽快に坂をかけくだってゆくのでした。まさか九ちゃんもこんな「青春ラブストーリー」で、自分の歌が使われるとは思ってもみなかったことでしょう。
本来は「見上げてごらん夜の星を」を使う予定だったそうですが、鈴木プロデューサー、大正解でした。

f0005116_0293295.jpgと、まあそんなところで「コクリコ坂から」のお話は、ここで終りにしまして、次からは「番外編」として以前から訪れた場所の「横浜写真」でも、眺めてみたいと思います。(写真は赤レンガ倉庫」

はたして「常滑」にはいつ戻れることでしょうか。すでに「江」の最初の夫・佐治一成(平岳大)は「塚原卜伝」の山崎左門となって出演しています。(笑)
[PR]
by ttru_yama | 2011-10-08 08:24 | 本・映画・ドラマ

「コクリコ坂から」-8

f0005116_20264393.jpgまたヨコハマガイドのカットからですが、上の絵が海のやっている下宿・コクリコ荘で、海が掲揚する旗が庭に掲げられます。
そして俊は、時々父のタグボートを手伝いながら、丘の上で少女が旗を揚げるのを見て、「コクリコ坂から」-2で書きましたように、「週刊カルチェラタン」に詩を載せたのでした。

もう映画公開も終わったようですし、原作と見くらべないと分からない話なので、俊の書いたその詩をここに引用してみましょう。そうしないと話が続きませんので・・。(笑)

「少女よ君は旗をあげる なぜ 朝風に想いをたくして よびかける彼方 気まぐれなカラスたちを相手に 少女よ今日も紅と白の 紺に囲まれた色の 旗は翻る」-風-
という詩で、まだ2人は知り合っていない頃のことです。

さて、原作ではかなり物語が進んだ頃、詩が校内新聞に載ります。すでに海と俊は(反目しながらも)顔見しりなのですが、まだ海も俊も詩の作者や旗を掲揚する少女が、お互い誰なのかをはっきり知っていない頃です。そんなシチュエーションを認識していただいて、今度は原作の詩の方を引用してみましょう。

「少女は ある朝 旗を立てる その旗は・・(中略) その旗は 少女の生きつづける意志だ 生命だ・・ その旗の下で いつも少女の顔は まっ正面をむいている 」(WHO)
どうでしょう。注目点は詩の内容の違いではなく、詩の最後にある「作者表示」の部分です。原作では、「WHO」になって、読者や海に謎かけしてる感じでしょうか。

そして、(おそらく駿サンの手によって)その「WHO」が、ジブリ流にアレンジされてますね。たまたま原作を買わなかったら気づかなかった、小さな「エスプリ発見」なのでした。そういえば俊の名字は風間でもありましたっけ・・。
[PR]
by ttru_yama | 2011-10-02 21:44 | 本・映画・ドラマ