「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

1107 フェルメール・地理学者-2

f0005116_21281134.jpgそしてこれが豊田市美術館のフェルメールのリーフレットです。こちらのキャッチコピーは『フェルメール、来たる』で、オーソドックスといえばオーソドックスなのですが、地方都市だけれども(前回のと比べると、ウチは)フェルメールに媚びてないぞって感じが(私には)するのですが・・。

(もう少しヨイショしますと)、ウチの街だって(世界の〇〇タがあるし)、ヤルときにはフェルメールだって呼べるんだぞって感じもしますね。豊田市市制60周年の記念行事はコチラです。

というわけで、豊田(とよた)市の前身である挙母(ころも)市制から数えて60周年なのでした。ところで先程の「コチラ」にあった豊田市の市章ですが、衣(→挙母)からのデザインだったんですね。

今回、日本ではBunkamura ザ・ミュージアムと豊田市美術館が、フェルメール作品を呼んだわけですが、所蔵元のシュテーデル美術館が大改修を行うという事情もあって、実現したイベントなのでした。

(この地理学者の青いガウンは、ヤポンス・ロックと呼ばれ、日本とも関係アリだとかいうのですが・・) シュテーデル美術館は、あの7/18早朝の興奮も冷めやらぬ 「なでしこジャパン」がサッカー・ワールドカップで優勝を決めた、ドイツ・フランクフルトにあります。開館は1818年で、銀行家で美術品収集家・ヨハン・フリードリヒ・シュテーデルの遺言により開設されました。

なんて余計?!なことを書いてる内にページがいっぱいになってきましたので、「悲しい事件」のことはまた次回です。
[PR]
by ttru_yama | 2011-07-23 23:13 | ギャラリー

1107 フェルメール・地理学者-1

f0005116_2127375.jpg予定を変えてフェルメールの話です。今、豊田市美術館(愛知県豊田市)にて『フェルメール<地理学者>とオランダ・フランドル絵画展』(2011.6.11-8.28)を開催中ですので、少し前に見てきました。ここでは悲しい事件を目にするのですが、その話は後にしましょう。

ところで、掲載リーフレットはこれに先んじて開かれた、渋谷・Bunkamura ザ・ミュージアム(20011.3.3-5.22)のものですが、あおり文句が「東京初上陸。」となっています。・・ということは、すでに日本公開されていたわけです。

なんとなく、モデルの立居振舞いには記憶があるのですが、それが「天文学者」だったか「地理学者」だったか、すでに記憶があいまいです。なにせ両方とも男の単独モデルだし、うさんくさい衣裳だし、左窓から光が入ってるし・・、あ、それはおキマリゴトでしたね。(笑) 調べてみたら、「天文学者」はルーブルにあるのですが、2009年6.30-9.27の京都市美術館にて、同じルーブルの「レースを編む女」(小さな絵でした)が来日した時は来ていないようです。(ひょっとして日本未公開?)

で「地理学者」をいつ見たかと言いますと、「青いターバンの少女(真珠の耳飾りの少女)」のやって来た『フェルメールとその時代展』大阪市立美術館展(2000.4.4-7.2)の事ですから、もう11年前になります。あの時が私にとってもフェルメール作品との初対面でした。(つづく)
[PR]
by ttru_yama | 2011-07-16 22:47 | ギャラリー

0910-1107 「20世紀少年」の町-86(大野編-江と佐治氏-13)

f0005116_95324.jpgまずはお江伝説の、蓮台寺(れんだいじ)に行ってみましょう。佐治家の前に大野を治めていた一色家の創建で、後花園天皇の勅願所だったそうです。
境内には初代佐治駿河守宗貞の墓があります。(次回掲載予定)



f0005116_9453171.jpg山門を入ると左手に、枝が左右に拡がった大きな松の木が見えます。これを「衣掛けの松」と言い、大野城が焼かれた時にお江がこの寺に逃げ込み、着ていた衣をこの松に掛け、井戸への投身に見せかけたといいます。(ただし・・はまた次回)


f0005116_1051314.jpg(なぜか朝ドラの元気姉ちゃん「筒井育子(満島ひかり)」風に) するってぇーと、やっぱりその「衣」ってぇ言うのは、これですかいね)

先週の「江」は利休の切腹以来、いつものように秀吉を責めたてるのですが、一向に懲りない秀吉でしたね。しかしそんな生前の利休に、身を隠して会いに行った時の仲間の秀勝と結婚をすることになって、口先ではああいいながら、メロメロでしたね。
(待て、それはいかんぞ、江、お主は佐治一成を忘れたのか。(笑))
[PR]
by ttru_yama | 2011-07-09 10:30 | 「20世紀少年」の町

0910-1107 「20世紀少年」の町-85(大野編-江と佐治氏-12)

f0005116_23265652.jpg踏み切りを渡ると今度は矢田川の支流・前山川を渡ります。今から行く小倉(おぐら)地区は、この二つの川に挟まれた中州にあるのです。
車の発達した現代では、不便に思える土地状況ですが、大野が水運で発達した町という事を忘れてはいけません。ところでこの橋を勅使橋といいます。

後花園天皇の勅使が、大野に遣わされていたとのことですが、それと橋の出来た由来は私にはよくわかりません。
ただ、この大野は古くからの荘園(大野荘)であり、京都との深いつながりがあったわけです。現在の大野城にも京都を望む遥拝所があります。

f0005116_8184950.jpgですから、かつてはこの伊勢湾には大野水軍の船が往来したわけで、その旗印には佐治氏の「日の丸扇紋」が掲げられていたかもしれません。
実際この「日の丸扇紋」は佐治家なきあとも引き継がれ、実際に尾張廻船の旗印に使われたそうです。(参考:大野城内、説明資料)
[PR]
by ttru_yama | 2011-07-03 08:47 | 「20世紀少年」の町