「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

0908-0909 東京への移動(渋谷駅で見たもの)-3

f0005116_21542175.jpg渋谷駅で見たもの、その3回(最終回)です。ということで明治製菓のミルクチョコレートを久しぶりに買ってしまいました。(小学校の遠足以来か?!(爆)) パッケージデザインが38年ぶりに変更され、以前からのMeijiの斜体文字がmeijiになりました。値段は従来の120円(65g)が105円(58g)なったのですが、みた目の「サイズ」はそんなに変わってないので、歓迎しましょう。味は?小学校以来食べてないので従来との違いがワカリマセン。

f0005116_2242939.jpgで、何で山手線の渋谷駅と明治ミルクチョコレートが関係あるかという話です。(私も知らなかったのですが)実は今年は山手線が命名されて100周年なのだそうです。『山手線という名称が決まったのは1909(明治42)年10月12日。品川-新宿-赤羽間の品川線、池袋-田端間の豊島線、大崎-大井連絡所間の貨物支線を合わせて、山の手地区中心に走ることから命名された。』(SANSPO.COMより)

というわけで1編成だけ特別列車を走らせるということで、昭和30年代に運転されていた旧型国電を模した「ぶどう色2号」のカラーをラッピングした列車に協賛しているのが、同系色のミルクチョコレートを販売している明治製菓さんだったのです。新パッケージのチョコは2009/9/8から発売でしたが、列車は1日前の9/7から12/4(予定)まで山手線を走っています。(お見のがしなく) ただし運行時間帯は非公表で走らない日もあるとか。

しかし実際見慣れた山手線のカラーである、シルバーに黄緑ストライプの列車の代わりに、このチョコレート車両が渋谷駅に入ってきた時は「何だこれは!?!?!?」と,本当にびっくりしました。運良く見られてヨカッタことです。(笑)
[PR]
by ttru_yama | 2009-10-23 23:21 | お出かけ

0908-0909 東京への移動(渋谷駅で見たもの)-2

f0005116_21374088.jpg渋谷駅で見たもの、今日はその2です。この絵をみれば何の説明もいらず、誰の絵か判ってしまいそうな大迫力の壁画ですが、JR山手線から京王井の頭線を結ぶ、渋谷マークシティの連絡通路にあります。前回も渋谷駅で井の頭線に乗り換えたのですが、歩く経路が違ったせいか気づかず、今回ハチ公を見たあと2階の連絡通路に来て初めて知ったのでした。

岡本太郎の長らく行方不明となっていた、この「明日の神話」と題された壁画が、異国の地メキシコで淋しく打ち捨てられている、というTV番組を見たのはもう何年か前(2003年頃か)のことでした。遺族の岡本敏子さんが現地でそれを確認したものの、何ブロックもある巨大な壁画をどう日本に持ち帰ったものか、といった感じで番組は終わったような気がするのですが、その壁画が突然目の前に出現し、びっくりしたものでした。

その後を私は知らなかったのですが、その無残な状態の壁画は日本に帰国し、元の姿に修復されたのでした。そして次には展示する場所をめぐっての招致合戦が繰り拡げられ、ここ渋谷が安住の地と決まったようです。一般公開が始まったのは昨年の11月7日だといいます。くわしくはこちらをどうぞ。

強烈な色彩で原爆が炸裂したシーンを描いた一見悲惨な絵ですが、タイトル「明日の神話」にも象徴されるように、岡本敏子さんの音声解説を聞くと、岡本太郎がこの絵で表現したかったことがわかります。
[PR]
by ttru_yama | 2009-10-17 23:22 | お出かけ

0908-0909 東京への移動(渋谷駅で見たもの)-1

f0005116_8213226.jpg台風18号凄かったですね。私もその後遺症で豊橋に行かされました。(泣) さて、今日は東京の渋谷駅で見たものを紹介しましょう。渋谷駅といえば、「090912 HACHI ~約束の犬~」でも紹介した、「忠犬ハチ公」の像です。駅の改札口にも「ハチ公口」があるので、案内板をたどっていけば間違いな「ハチ公前広場」にいくことが出来ます。(笑) そしてハチ公前広場の壁面にあるのが、このハチ公ファミリーレリーフ (タテ4m、ヨコ15m陶板製 平成2年設置)です。もしハチ公にファミリーがいたらというテーマで、中央のハチ公のまわりを大小20匹ほどの秋田犬の家族が取り囲んだデザインになっています。架空でもこれだけファミリーがいれば「HACHI」もさみしくないことでしょうか。

f0005116_8474264.jpgそしてこちらが、「忠犬ハチ公」像です。大正14年5月、飼い主である上野博士が亡くなり、昭和10年3月にハチ公も亡くなりますが、初代「ハチ公像」(銅製)は昭和9年4月に生前のハチ公同席で除幕されました。その初代「ハチ公像」は残念なことに終戦前日(昭和20年8月14日)に、金属供出のため溶かされてしまいました。しかし戦後2代目「ハチ公」像の再建は、その混乱時もかかわらず昭和23年8月に竣工されました。

思えばその日から61年、今年7月7日ことでした。2代目「ハチ公像」は亡き主人と遭遇することになったのです。いえ、正確に言えば主人を演じた異国の映画俳優、リチャード・ギアと、この渋谷駅前で再会を果たしたのでした。
[PR]
by ttru_yama | 2009-10-10 09:42 | お出かけ

0908-0909 東京への移動手段-2

f0005116_855163.jpg「ムーンライトながら」が臨時列車化してしまうと、夜間の移動手段としては高速バスしかありません。定番なのは「ドリームなごや号」などですが、ただこれが結構人気があって満席になることも多く、また名古屋まで出かけなくてはいけません。西三河地区だと「ドリームとよた号」もあるのですが、言ってしまえばこれも似たりよったりの遠地です。(笑)

しかし、2007年5月から「知多半田駅」から「東浦イオン」、「刈谷駅南口」、「知立リリオホール」経由で東京駅まで行く「知多シーガル号」が登場しました。私のような「思い立ったら行く」という人にとっては、予約の煩わしさは同じですが、(「ムーンライトながら」も全席指定だけれど、最悪席がとれなくても、料金を払えば乗せてはくれる)まあ手近な高速バスならこのバスがベストアンサーでしょう。ということで写真は、早朝の東京八重洲口の降車ターミナルです。バスはこの先TDLに近い「新木場」まで行きます。

f0005116_9312160.jpg今や高速バスの人気は高く全国から東京駅へのルートが確立しています。(東京八重洲南口、発券窓口の路線案内)
[PR]
by ttru_yama | 2009-10-04 09:40 | お出かけ