<   2007年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

071125 越前かにツアー

f0005116_21405926.jpg「関宿」の続きがまだ書けてないというのに、次の「お出かけ」に出かけてしまいました。実は後に載せた今日の写真は少し失敗してしまったのですが、その話はまた後で・・。
話は3週間前に遡りますが、紅葉のこの時期に親戚で紅葉ツアーを企画していました。しかしメンバーが風邪をひいたり、仕事や他の用事が出来、ずるずると遅れ紅葉ツアー候補地の旬が、どんどん過ぎていったのでした。ということで企画担当の私は大いに弱りました。

そこで思いついたのが、11月6日に解禁となった「越前がに」でした。途中の紅葉などは過ぎていようが、『越前がにのブランドタグ(写真参照)の前には、誰からも文句は出ないであろう』と、いうのが私の計算(水戸黄門の印籠のごとく)なのでした。インターネットでにわか勉強しますと、そもそも越前ガニの黄色いタグは、福井県の越前・三国・敦賀で漁れた雄のズワイガニに付けられる地域ブランドなのです。


f0005116_22124250.jpgということで「越前がに」と書かれた旗が街道中に翻る、福井県越前海岸にやってきました。店もインターネット検索した数店の店構えを確かめ、ただの「カニ」とだけ書いてある旗の店は避け、生簀に「黄色いタグ」のズワイガニが泳ぐのを確かめた上、準備万端でとある店に入りました。

そして しばし待たされた後に、卓上に上がったカニがこの写真です。頭部の幅が12~13cmのカニは「12,000クラス」のもので、まだ上には上(1杯22,000とか)があるのですが、このクラスでもやはり地元のとれたて茹でたては、ボリュームもそこそこガッツリと夢にまでみた至福の味で、メンバー誰もが黙々とかにと格闘したのでした。

しかしあとで写真を見ると、大変な失敗をした事を知りました。ご覧のように例の黄色いタグが写っていないのです。と言いますか、実はそのことは現場でも気付いてはいたのですが、このかにの黄色いタグはハサミの根元の裏側になっていて、ひっくり返さないと写らなかったのです。そこで隣のメンバーのかにを借りようとしたのですが、時すでに遅し、かにはメンバーの餌食となっていたのでした。ううっ、せっかくの証拠写真が・・。(泣)
[PR]
by ttru_yama | 2007-11-25 22:42 | お出かけ

071115 香嵐渓の「新」待月橋

f0005116_9242133.jpg「関宿の町並み」の記述の途中ですが、愛知県豊田市足助町にある紅葉の名所、香嵐渓付近の仕事に行ってきました。紅葉はもう少し先という感じでしたが、この週末くらいから人で賑わい出すことでしょう。沿道にはいつもの様に渋滞情報のため、「香嵐渓まであと○km」の看板が用意されていました。ところで今年はじめの070218 中馬のひなまつりにて書きましたが、その香嵐渓のシンボルとも言える「待月橋(たいげつきょう)」が、架け替えられて(11月1日が渡り初め)新しくなりました。(ちゃあんと紅葉シーズンまでには出来るんですね。(笑))

写真はその新待月橋のパンフレット(豊田市足助支所発行)ですが、新しい橋は技術の進歩か2つあった橋脚が中央だけの1つになりました。舗道部分は昭和36(1961)年以前のイメージに合わせ、コンクリートから木張り舗装に変わりました。また今回この太鼓橋の勾配は、従来の10%から最大8%に緩和され、幅員も1.9mから3.5mと大幅に広くなって歩き易くなったそうです。(なったそうです、というのは実際には渡っていません。(笑))


f0005116_10482613.jpgまた、その中に橋の歴史写真もあったので少し眺めてみましよう。

巴川には旧来木製の「流れ橋」(橋板部分が洪水時には流れることを前提に造られた橋、イメージはこちらの方のページでしょうか)が架かっていたようで、昭和28年に「待月橋」と命名されました。そのことからして昭和29(1954)年に竣工した新橋(左上写真)から、欄干のある待月橋が出来たと思われます。

写真を見るとなぜか皆さん自転車で渡っていますが、まだ戦後間もなくのことで自転車が、人々の主要な交通手段だったからかもしれません。まあ、今時香嵐渓へ自転車で行けと言われたら、シーズン中の混雑はもっと緩和されることでしょうね。
[PR]
by ttru_yama | 2007-11-17 09:35 | お出かけ

071110 関宿の町並み-1

f0005116_2315376.jpg忙しさにまぎれブログもHPも滞りがちです。ここにはリンクしてない別のHPのため、大量の資料を処理しないといけないのですが、まあ少しうっちゃっておいて、曇り空の下、本日は三重県亀山市にある「関宿(せきじゅく)」に行ってきました。ところで「せきじゅく」で変換すると、なぜかうちのPCでは「関塾」と変換されてしまいます。大手の学習塾の関塾は、「かんじゅく」という読み方なんですけどね・・!?

f0005116_23453591.jpgということで、まずは愛知県から三重県にまたがる、伊勢湾岸道路「湾岸長島パーキングエリア」で昼食となりました。三重県桑名市にある大規模なレジャーランド、長島スパーランドの出口付近にあるこのパーキングエリアを使うのは、私としては初めてでしたが、たぶん地元のドライバーでも(トイレ休憩くらいで)利用する人は少ないことでしょう。足湯の設備もあり、他県ナンバーの車が大く見られました。

レストランの名物の一つに「はまぐりラーメン」(塩/醤油780)、というのがあったので注文してみました。ネーミング通りのわかりやすいラーメンで、真ん中のゆで卵を囲むように、殻つきのはまぐりが5個入ったすっきりしたスープ味のラーメンでした。写真のようにやっぱりしっかりと「殻つき」でないと、店側も(もちろん食べる側も)「はまぐり」をアピールできないのがよくわかります。ラーメンの右手にかすかに写ってますが、殻出し用の器がセットされています。実ははじめ何で「空の器」があるのか不明でしたが・・。(笑)

ということでどうでもいいような、前置きが長くなりましたので本題の「関宿」の話はまた次回に・・。 m-_=m
[PR]
by ttru_yama | 2007-11-10 23:45 | お出かけ