「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

070828 月食

f0005116_22334352.jpg今晩は6年ぶりの皆既月食の日でした。・・と言うことが、思い起こせば数日前の新聞に載っていたのです。でもそんな事はすっかり忘れていて、ふと帰宅途中に空を見上げると、もう満月の月齢のはずなのに何と、三日月のお月さまが空に昇っているではありませんか・・。

そういえば昨日の夕方見た月は、ほぼ満月に近かったのに、なんで今日は三日月(下弦の三日月)が出てるんだろうと、混乱した頭が新聞の月食記事を思い起こすのに1、2秒かかりました。あらためて今新聞を見直すと、皆既月食の期間は18時52分~20時22分ということで、帰宅途中に見かけた三日月は、すでに復活しつつあったお月さまだったのでした。

f0005116_2305657.jpgそれでも急いで家に帰って、あわただしくベランダに駆け上がり、その後月を覆った雲の切れ間をじりじり待って撮ったのが、ごらんの月食後の写真(上)というわけです。写真を撮ってからおもむろに、「おーい、今日は月食だぞー」と、家の者に知らせようと居間に入ったら、ナントテレビ画面一面に、北海道の名寄の月(左写真/NHK)が映っているではありませんか・・。
(はぁー、みんなきれいなTV画面で、しっかり月食ウォッチングしてたのね。ぐすん)
[PR]
by ttru_yama | 2007-08-28 23:01 | へえ~ え

070812 牛馬童子をめざして-1/2

f0005116_23521915.jpg夏休みということで三重県南部から和歌山県の中南部を旅行してきました。名古屋方面から伊勢自動車道を南下して、勢和多気インターから大宮大台インターのひと区間を走ると、後はR42号線をひたすら走ることになります。その道を走る中、やたら熊野古道の看板が目につきます。今回最終的には熊野古道のほんの一区間だけ歩いてきました。

ところで三重県の南に熊野市という市はありますが、熊野という領域はもっと県境をこえた拡がりをもった地域です。その証拠に『○牟婁郡』という呼び名が、三重(北、南)・和歌山(東、西)の両県をまたがって存在しています。要するに紀伊国牟婁郡が分割したのだといいます。

もう一つ熊野三山という言葉がありますが、①熊野本宮大社(和歌山県田辺市本宮町)、②熊野速玉大社(和歌山県新宮市)、③熊野那智大社(和歌山県東牟婁郡那智勝浦町)を指し、熊野古道はそれらの参詣道の総称なのです。

熊野古道の途中途中に、王子と呼ばれる場所があります。熊野権現の分身として現れた御子神を祀る場所ということで、熊野詣での際に立ち寄りお参りをする場所ですが、道しるべとか休憩所的な存在でもあります。
[PR]
by ttru_yama | 2007-08-15 23:06 | お出かけ

070805 安城七夕祭り

f0005116_23272516.jpg愛知県安城市の七夕まつりは、昭和29年から始まったそうで今年が54回目、市制は27年の5月からということで今は55周年なのだそうです。毎年見ているわけでは無いので、的確なコメントではないと思いますが、今時は昔ながらの七夕飾りと商店街のディスプレイだけでなく、大小のイベントから成る巨大な参加型フェスティバルといった状態のようです。



f0005116_23453177.jpg店先のディスプレイも商店街の変遷で、かつて毎年人気を誇っていた店の、大仕掛けなディスプレイがなくなっていたり、展示の趣向も変化があらわれています。







f0005116_23574356.jpgそんな変化の中、定番に成りつつあるイベントが今年が第3回となる、七夕まつり中日絵画コンクールかもしれません。市長賞もあるようで神谷安城市長もTシャツ姿で、小学生に賞状を手渡していました。応募絵画の数が5千点以上というのも、このイベントの大きな下ざさえをしています。




f0005116_09725.jpg陸上自衛隊第10音楽隊によるパレードです。マーチングバンドは幼稚園から中学校まで行われました。









f0005116_0131173.jpg厚生病院跡の広場は、お祭りステージが築かれて、ダンスやバンド演奏が上演されました。市民参加型のイベントは愛知万博の成果でしょうか。昔懐かしの安城七夕祭りはこれからも、どんな風に変わってゆくことでしょう。
[PR]
by ttru_yama | 2007-08-07 00:23 | お出かけ