「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

070728 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

f0005116_22111628.jpg前作、「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」(2005・11)より1年半、シリーズ゙第5弾「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」が夏休みに合わせて公開中です。といいながら原作も読んでいない、ただのハリ・ポタ映画のファンですので、すっかり前作も忘れた状態で見たので分からない事が多いこと。(笑)

今回のあらましはこちらの「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」の予告編をみてもらえればいいのですが、前回とのつながりが思い起こせなかった要因として上げられるのは、とにかく前回(第4作)以上に出演者が成長していて、その面影が変わったことです。まあすっかり成長したハリーは、日本での上映イベントでよくテレビでみかけましたし、親友のロンやハーマイオニーは前作からそれほど変わっていないので、あまり問題ではないのですが、ハリーの初恋相手だった中国系の女の子チョウ・チャンなんかは、いったい誰だっけみたいな感じでしたね。(笑)でも本作ではハリーとのキスシーンがありましたのでもうこれで忘れない(かな)と思います。

ちょっと本題から外れますが、英題の「Harry Potter AND THE ORDER OF THE PHOENIX」の中の 『ORDER』 が気になったので調べて見ました。日本語でよくオーダーするなんて言いますが、『注文、命令』の他に、『秩序、 順序、 配列』、そして軍隊用語では『隊形』なんて意味があり『騎士団、 結社』の意味もあるんですね。

今回はアズガバンの囚人としてシリーズに登場した、シリウス・ブラックが中心となって、悪の権化ヴォルデモートに対抗する結社の名前が、「不死鳥の騎士団」でした。そしてハーマイオニーとロンがハリーを支持して立ちあげた、ホグワーツ校の生徒有志が立ちあげたのが「ダンブルドア軍団」でしたね。始めは恐怖から自分の殻に閉じこもっていたハリーも、かけがえがなく力強い友情の支援を得て、ヴォルデモートに立ち向かって行くのです。

前回も女性ゴシップ記者が物語を振り回しましたが、今回は魔法省から派遣された女性教師アンブリッジが、校内の粛清をするのは良いのですが、いきすぎて魔法学校なのに魔法を禁止したり、校長のダンブルドアでさえさしおいて、権威を肩にかけて・・。とここから先は映画を見てください。(笑)

でも、今回学校でのハリーの仇敵、ドラコの悪たれをつくシーンが少なかったですね。代わりにアンブリッジ新校長の下で活躍したのは、学校の嫌われ管理人アーガス・フィンチ(セリフないのに、あいかわらず存在感あります)でしたね。そして、ハグリッドの見つけた秘密兵器は今回顔見せだけの感じでしたし、新メンバーの謎の女学生ルーナは、まだまだ何かしてくれそうで、次回作が今から楽しみです。
[PR]
by ttru_yama | 2007-07-28 23:52 | 本・映画・ドラマ

070722 ウィングアリーナのウは鵜?!

f0005116_22135248.jpgいつものじじめじめ天気が一転して、朝から太陽がまぶしい夏空の日がやってきました。ここは鵜飼で有名な岐阜県の・・ではなくて、愛知県刈谷市を流れる逢妻川という川です。つがいの鵜の夫婦が川に潜って魚を捕って(その動きの早いこと)いましたが、おなかもいっぱいになったのか、片方が砂州に上がって手(羽)招きすると・・


f0005116_22194932.jpgもう一羽も上がって来て、2羽で羽を拡げて乾かしていました。で、ここは逢妻川のどこかといいますと・・、






f0005116_22222287.jpg刈谷市総合運動公園に、この5月1日にオープンした(オープニングイベントは4/29、30)、新体育館「ウィングアリーナ刈谷」の場所となります。バレーボールやバスケット等室内競技場に加え、温水プールやフィットネス設備も備えています。体育館、プール、フィットネス施設の管理は、刈谷市から委託管理された「コナミスポーツクラブ」さんがされているようで、施設利用チケットの自販機も設置されていました。


f0005116_2254969.jpgとはいいながら、どこにも「ウィングアリーナ」という、愛称の説明が見つけられませんでした。私は密かに現地取材にて、本日のタイトルがあながち間違いでもないのでは・・と、最後に鵜のイメージに合う写真を載せてみました、ハイ。(何か『ウは宇宙船のウ』みたいですが、それにしても、逢妻川にも鵜がいたなんてね)(笑)
[PR]
by ttru_yama | 2007-07-22 22:50 | お出かけ

070715 うめさんのパワー

f0005116_20345730.jpg沖縄・九州などでは猛威をふるった大型台風4号も、どうやら夜中には南にそれて、東海地方は台風一過となりました。つぶれかけた三連休でしたが、まあ何か食べに行こうと出かけた先は、愛知県南知多町豊浜にある、有名なうめさんの店「まるは食堂旅館」です。はまちの刺身、しゃこ、渡り蟹、いさきの煮つけ、クロダイの塩焼き、もちろん店の看板料理ジャンボエビフライも頼みました。なかなかセントレア(中部国際空港)店では待ち行列が長くて、いつも横目で見てる反動がつい出てしまいましたね。実は渡り蟹なんかは店では初めてでした。(笑)

f0005116_20525948.jpgおなかいっぱいで、満足しながら会計に置かれたチラシを見ると、ナント「7/17~29」まで鯛が半額というのです。右上部に「まるは創業者うめさん(今日も元気に店におられました)」の案内文が載っていますが、鯛まつり(豊浜鯛まつりは7/28土/29日)にちなんで、毎年半額祭をしているとのこと。気になるお値段は・・・。

こちら・・デス。
[PR]
by ttru_yama | 2007-07-15 21:22 | お出かけ

070707 ピノキオ(星に願いを)

f0005116_23583461.jpg今日は七夕でしたが、夕方1つ南にみえてた星も雲にかかってしまいました。織姫でも彦星でもなかった様でしたが、あれが本日唯一の願い星だったなら惜しい事をしました。(笑) ということで今日は07.07.07と続くので何か書いておきたい気分です。

(ぜひリンク引用した方のページをひらいて見てください)「星に願いを」(When You Wish Upon a Star)は、ディズニー映画「ピノキオ(1940)」のあまりにも有名な挿入歌ですが、そうはいいながら映画を見たのは小学校の頃で、「暴れくじら」からの脱出シーンを辛うじて覚えているだけで、ほとんど記憶になく、お まけにこの素晴らしい曲の事も、その当時は全く映画の中に流れていた記憶が無いのです。

後年、映画音楽というジャンルから大好きになった曲ですが、どんな場面に流れていたかはさっぱりなのでした。「これはイケナイ」、今日は七夕だからいうことで、DVDを買ってきました。(レンタルじゃ無かった所に少しこだわりが・・)

実際見てみるまでは物語の途中で、妖精から良心の役を請けおったこおろぎのジミニー・クリケットが、ピノキオがくじけた時に勇気を与えるために歌う歌なのかな、と勝手な想像をしていたのですが(物語中にも曲がほんの少し流れはしますが)、主体はオープニングとラストに使われています。まあ最初のはゼペットじいさんの願いを象徴していて、ラストのはピノキオ自身の願い(どちらも本物の子供になる願い)を表しているように、私には思えました。

あの時代のアニメーションでこれだけの表現(なめらかさや、波や鯨の暴走シーンなど)が出来るのはすばらしかったのですが、そこまで出来るのならもう少しだけ、ピノキオとジミニーとの衝突する場面(良心とのせめぎ合いというテーマ)を掘り下げて欲しかった、と思うのはこちらが大人になって見方が厳しくなったせいでしょうか。そんな感じもあって、もしこの曲がなければこの映画も、ただの冒険物語ぐらいで終わっていた気もするのです。「白雪姫(1937)」もそうですが、映画における音楽の力はすごいものです。また曲の邦題を「星に願いを」というタイトルにしたセンスの良さも光っています。そして日本語版はナントE.YAZAWAさんが歌っているのですね。
[PR]
by ttru_yama | 2007-07-08 00:00 | 本・映画・ドラマ

070704 七夕の行列

f0005116_0252851.jpg「あ・り・が・とぉー!!」は子供達の声。歩行者信号で停まった私の車の前を、なにやら得体の知れない子供達の一団が通り過ぎて行きます。

みんな手に手に、「わさわさ」した緑の物体を持って、横断歩道を渡って行くのです。突然のことにそれが笹竹だと気付いたのは、隊列が半分渡り終えたあとでした。そして続くは後続部隊。

写真のように竹竿一本丸ごと担いでいます。そう、七夕準備の行列なのでした。おそらく近くの竹林の許しを得て伐採し、先に行った先頭の子達が持ってたのは、お家用に飾って持ち帰る笹で、写真の丸ごと1竿は、幼稚園に飾るためなのでしょう。

突然のストリートパフォーマンスにはびっくりしましたが、こうして笹竹の切り出しから子供達に関与させるのは、切った笹竹がすでに用意してあって、「さあ、飾りなさい」なんてことよりは、思いも深まっていいことなんじゃないかな、と思いました。お天気になってくれますように・・。
[PR]
by ttru_yama | 2007-07-05 00:46 | 季節の話題