「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

070622 ペインテッド・ハウス

f0005116_1581155.jpg今日はひさびさの平日休みで、午後13:10からNHK/BS2のペインテッド・ハウスを観ました。(Amazon社書籍紹介写真参照、映画の家は平屋でした)しばらく更新してなかったホームページの更新をして、気付いたら昼過ぎになっており、インスタントの昼食をとりながら何となく観はじめたのです。舞台は朝鮮戦争さなかの1952年秋のアメリカ、アーカンソー州の綿花栽培農家です。物語は綿花の収穫シーズンに起こった様々な事件を、10歳になる少年ルークの回想として描いています。一家はメキシコ人や季節労働者を雇い入れ、家族もそして少年ルークも、大好きなカーディナルスのジャンパーを買う為に、綿花の採り入れをするのでした。

天候に左右される綿花栽培でしたが、祖父や父は日曜礼拝を欠かさず実直な生活を営んでいます。ところが季節労働一家の暴力息子ハンクが喧嘩で引き起こす殺人事件が発生し、ルークはその現場証人の一人にもなり、警察もハンクをマークしはじめます。そのハンクの17歳になる妹タリーには、ルークも淡い異性を感じたりします。でもタリーはメキシコ人の男が好きになります。警察に追われ故郷に一人逃避するハンクでしたが、その途中妹とメキシコ人が好き合った事を知り激怒します。ハンクはメキシコ人に喧嘩を売り、逆に刺され川に投げ込まれて死亡します。そしてメキシコ人はルークの家の車を盗み、タリーと北部へ逃避します。この時もルークは目撃者でした。

大洪水が襲い綿花畑は水没し、一家は借金を負います。ルークの父と母は綿花をあきらめ、従兄弟がつとめる北部の自動車工場に働きに行くことになります。そんなある日、ルークは祖父にメキシコ人がハンクを殺したのを見たと告白します。話を聞いた祖父は真相を明かしても、誰の得にもならないとルークと二人だけの秘密にするのでした。

ドラマはラジオしかなく都会には出回っていた白黒テレビが、やっと手に入りかけた旧きよきアメリカの農村地帯を、自動車、トラクター等当時の道具を使って、一つ一つのエピソードを丹念に描くことで、ノスタルジーを画面いっぱいに感じさせます。題名のペインテッド・ハウスは田舎ではまだ家にペンキを塗るなど余裕のない時代でしたが、駆け落ちしたタリーが綿花つみのつましい給料から、ルークの為にペンキ缶をプレゼントしたことがきっかけで、父母やルークも家計をきりつめ、数缶づつペンキを買って塗っていくことによります。

とにかくこの物語には原作者ジョン・グリシャムの、故郷の家で体験した思い出が各所にちりばめられていて、それが画面いっぱいにあふれています。農場の描写や人々の生活においても、作者が実体験した原作故に、不自然な作りがなく、その懐かしい映像が人々の郷愁を誘います。ジョン・グリシャムはナレーション(日本語版ではあおい輝彦さん)でも登場しています。まあ本日休み一番のプレゼントでしたね。(他にも省略したエピソードがたくさん有ります。)
[PR]
by ttru_yama | 2007-06-22 16:45 | 本・映画・ドラマ

070609 なばなの里・あじさい花しょうぶまつり

f0005116_12552269.jpgなんといっても6月の曇った日の土曜日は、あじさい見物で決まりです。(ほんとか?) ということで三重県桑名市長島町にある、「なばなの里」の『あじさい花しょうぶまつり』(~7/20)に行ってきました。午前中はパラパラっと降ってはまた上がるという感じで、ラジオ・テレビ番組も放送準備をしていました。

f0005116_12585561.jpg写真は中部日本放送のレポドラカーのようですが、13:30からの「天才クイズ」のラジオ放送の準備をしていました。午後からは雷は鳴るは大雨は降るわで、どうなったか気になりましたが、レポドラのブログを見ると番組は無事終えたようです。

f0005116_1374022.jpgさて、あじさいの話ですが今日はいっぱい勉強しました。(すぐ忘れるのでここに書いておきましょう)まずよく見るこの青い「ホンアジサイ」ですが、ガクアジサイ系てまり種というのだそうです。この花もガクアジサイ系だったのですね。
f0005116_13152359.jpgそしてこのピンクの花が「ウインドミル」。ウインドミルというのは「風車」って事ですが、良く見ると確かに花の部分が、他の種よりしっかり風車の形状を形作っているようです。

f0005116_13443474.jpg「オタフク」なんておもしろい名前のあじさいもありました。小粒な花ですがまあるい感じが、そのイメージなのでしょう。

f0005116_13472057.jpg「パリ」という名のあじさいもありました。言われてみればそんな気になりますが、どこがどうで「パリ」かはわかりませんね。

f0005116_13455291.jpgさらに言えば、こちらがパリジェンヌなのだそうです。素人考えですが、きっと同じ人が造ったような気がするのですが・・。(笑) まあお寺のあじさいも、風情があるところがいいのですが、こうしていろんな種類を見て、あれこれといろんな名前に思いをはせるのも、時にはいいことでしょう。(花しょうぶのほうは今からが見頃のようです)
[PR]
by ttru_yama | 2007-06-10 12:53 | お出かけ

070529 多彩な芸術家「ダリ」

f0005116_0411746.jpg先週は名古屋市美術館で開催中(2007.5.12-7.11)の、ダリ展へ行ってきました。行ってきましたといっても、平日の仕事の隙間を縫ってということで、ゆっくり解説パネルも見てはいられなかったのですが、絵画以外のダリの多面的な活動に触れる事が出来ました。(ということで、この続きはまた・・・です(笑))
[PR]
by ttru_yama | 2007-06-04 00:57 | ギャラリー