「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

070427 若沖と江戸絵画

f0005116_0322165.jpg珍しく有休が取れて、愛知県美術館で公開中のプライスコレクション「若沖と江戸絵画」展(2007.04.13~06.10)に行って来ました。2006年7月の東京展から始まり、京都、九州ときて今回の愛知展が最終です。
江戸時代の画家伊藤若沖(1716-1800)については、あまり知りませんでしたが、美術番組で見た鶏の絵の描写が巧みだったことで、「若沖=鶏の絵」みたいな感じで一つ覚えしていたことです。でも行こうかどうしようか迷ってたのですが、たまたま別件の用事もあり、今回が日本での最後の展覧会という話につられ、見に行くことにしました。

ところでポスターやこの写真にもあるように、「JAKUCHU」とアルファベットが書かれています。後追いのカタログで知ったのですが、実は若沖の絵を鑑賞する以前に面白い話があって、今回の若沖の作品を中心とした、江戸時代の絵画のコレクションをしたのが、アメリカ人のエンジニア、プライス氏だったのでアルファベットで「JAKUCHU」とあるのです。

f0005116_124980.jpgジョー・プライス氏は、石油パイプラインの会社を一代で築いた父の会社のビル建設をする際に、日本で帝国ホテルの設計をしたフランク・ロイド・ライトとの知遇を得ます。
そしてある日ライトに連れられ、ニューヨークの美術商に行った時、景和「若沖の字(あざな)」の絵に惹かれ、その絵(写真参照=「葡萄図」(写真はポストカードより、右側が全体図で左はその部分)を購入するのでした。それがプライスコレクションの始まりだったのです。
それ以後もプライス氏は作者名で判断するのではなく、作品自体が良いかどうかでコレクションを買い進め、自分が集めたコレクションを日本の展覧会にかけることで、伊藤若沖、その他の画家の名を有名たらしめることになります。

実際プライス氏のコレクションに寄せる思いは熱く強く、初回(1971年)の日本での展覧会時には、絵の移送費用を受け持ち、発行したカタログの購入までも自費でする程でした。今回の展覧会にしても、ガラスケース入りを出来る限り避け、生の絵を鑑賞するようにとりはかっています。こうして一人の外国人の眼を通して、若沖の絵が日本に甦ったといってもいいでしょう。
[PR]
by ttru_yama | 2007-04-28 00:32 | ギャラリー

070419 村の鯉のぼり

f0005116_22194560.jpgよく川を跨いで凄い数の鯉のぼりを渡したりしているのを、観光地等で見かけることがあります。でもこの鯉のぼりの場所は、そんな観光地でもないごく普通の山間にありました。普通というより、どちらかといえば過疎化の進む部落です。

たまたま仕事で通りかかって、この鯉のぼりを見かけたのです。最後のコンビニを見てから15kmは過ぎてたでしょう。道沿いにあるのは部落の人しか利用しない様な、昔ながらの商店が一つあるくらい。そんな所で見つけたのがこの鯉のぼりです。

鯉のぼりの数は全部で30くらいなものでしょうか。でも小規模だとて鯉のぼりを渡すには、かなりの人出が要ったはずです。若い人はみんな町に働きに出て行って、昼間はお年寄りばかりの過疎の村。そんな山間にひるがえる鯉のぼりの群れ。通りすがりのこととて、鯉のぼりをあげた意味は聞かなかったけれど、青空の下に舞うあざやかな鯉の群れを見上げていると、部落の人の何か強い思いを感じたひとときでした。
[PR]
by ttru_yama | 2007-04-20 22:18 | 何か感じたこと

070410 桃山公園・桜と風車モニュメント

f0005116_22354218.jpg世の中には近くにあっても、割と知られていない建築物があります。(私にとっては)そんな建造物の一つが写真の風車でした。NHK名古屋放送局のローカル映像で、この近未来的な風車の映像が一瞬流れたのは、たぶん昨年の暮れ頃だったかと思います。撮影地を見逃したので、あのステンレス風車はいったいどこにあるんだろうと、ずっと気になっていました。話は変わりますが最近建てられた市役所は、ロビー等に広い空間を持たせたり、最上階には食堂があって、それらを市民が利用できるようにしています。そんな庁舎の一例が大府市役所でしょう。

f0005116_22361035.jpgというわけで、今年の2月ふとしたことで、その食堂を利用したのでした。食事をしながら窓の外を眺めると、大府小学校の校庭が見おろせました。そしてこの写真ではわかりにくいですが、山の頂上に何か見覚えのある風車が、見えるではありませんか。それが桃山公園の「風車モニュメント」なのでした。そこで一階ロビーの受付さんの所に行って、建物の事を尋ねました。なんと受付さんの名札にも「風車モニュメント」が印刷されているのでした。(大府市内では有名なのでしょうね)


f0005116_22374825.jpgということで上の写真は2月撮影のものですが、本日遅ればせながら桜咲く、桃山公園の風車モニュメントを再度訪れました。
f0005116_22425517.jpgこの風車の直径は4.5M、長さは8.25Mあり、地上からの高さは17Mあります。f0005116_22491849.jpg塔の窓はごらんのようなステンドグラスになっており、風車と相まって自然の神秘みたいなイメージをもたらしています。

f0005116_22532748.jpgというわけで、これが屋上からの眺めです。市役所でもらったパンフレットによれば、大正・昭和初期、この桃山公園付近は桃の花が植えられて、花見見物ができたそうです。その当時灌漑用として水汲みに使われた風車があって、大府のシンボル的存在だったのですが、そのことがあって平成3年の市制20周年事業の時 、この桃山公園に「風車のモニュメント」が設置されたのでした。
ということですが、付近の道路を走っていても見にくい高台にあるため、ほとんどの人が気づかない、知る人ぞ知る隠れスポットかもしれません。
[PR]
by ttru_yama | 2007-04-10 22:43 | お出かけ

070407 御衣黄桜

f0005116_1928986.jpg今をさかりと咲きほこる桜もこの土日がピークかと、今日は愛知県豊橋市にある、二川(ふたがわ)伏見稲荷にやってきました。知る人は知っているという、御衣黄桜(ぎょいこうさくら)が有名ということで、私のようにご存じでない方は、こちらへアクセスしてください。今回の目的はこの御衣黄桜ですが、ナントカ桜が有名だそうだ程度の前知識でやってきた私は、さぞや大賑わいの大神社かと勘違いして、こぢんまりした境内の駐車場の角に、1本普通に咲く桜の木を見て、少し外れちゃったかなと思いました。(神社関係者の方すみません)

f0005116_19533620.jpg
そして参道の階段を登り詰めた左手に、源平桃が紅白織りなして見事に咲いているのを見て、(知らないということは恐ろしいことで)ふーん、これが見頃なのかな、と思った程なのでした。
f0005116_1959636.jpgでも先達がいうことには、御衣黄桜というのは拝殿右手にある、こちらの桜だというのです。残念ながらまだツボミが多く(奥には開花したのもあったのですが)その最盛期にはもう少し時間がかかるようです。


f0005116_2053550.jpgそこで神社で売ってた、はがき写真を紹介いたします。まあ黄色というより薄い緑の花びらですが、その芯の部分がピンクに染まっていって、そこで落花するのだそうです。もうすこしくわしい記事と写真がこちらの方のページにあります。この薄緑からピンクへの途上が、黄色に感じられるのでしょう。珍しい桜を見せていただきました。二川伏見稲荷社、こぢんまりした神社ですが源平桃や、常磐まんさく(紅花)、早出のかきつばた?も咲いていて、花木の数こそ多くはありませんが、なかなか楽しめたことです。
[PR]
by ttru_yama | 2007-04-08 19:52 | お出かけ

070402 リサとガスパールのエコバッグ

f0005116_21242839.jpg2月にコンビニで見つけたこの応募用紙。Pas○社製品のパンに付いている点数シール30点で、リサとガスパール(Gaspard et Lisa)のおかいものエコバッグがもらえるそうです。リサとガスパールはフランスの絵本から生まれた、うさぎでも犬でもない未知の生物で、最新絵本では日本にも遊びに来た様です。さて、この点数シール集めも、いよいよ大詰めに近づいてきました。

f0005116_21334936.jpgそのシール集めの状況は、現在こんな状態。あと残すところ4点のリーチ待ちです。というところで、今日はここまでのシール集めの、苦労話をお聞かせしましょう。このシール集めの障害ポイントは3つあります。
その①・・シールの付いているパンは同社の製品の一部に限られていること。
その②・・他社も同様のシールキャンペーンを展開していること。
その③・・コンビニの陳列棚は、コンビニオリジナルパンに占領されていること。
と、要するにコンビニの陳列棚に置かれている、同社製品でシール付きの品を見つけようとすると、限られたパンを毎日「おやつ」として食べなければならないのです。そういった制約の中で、集めたシールのほとんどは、サンドロールシリーズの「小倉&ネオマーガリン」だったのです。(好きだけど、もう食べ飽きた・・。)
でも、ここまで来て心配なことが一つ。どの店でも見本のエコバッグが置かれてるのを、見たことがナイのです。ホントにもらえますよねー。
[PR]
by ttru_yama | 2007-04-02 21:24 | 何か購入したこと