「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

070311 弥生3月のおまけ旅

f0005116_22402986.jpg東京での旅の続き話ですが、ぶらぶら歩いていますと偶然に、へえ~ここがそうだったの、という場所にぶつかることが時にあります。今回の旅では、この「弥生式土器発掘ゆかりの地」がそれにあたります。まあ記憶をたどれば中学校の歴史で、縄文式土器とか弥生式土器とか、かすかに習ったような気がします。

インターネットでおさらいをしてみると、縄文時代の後に弥生時代(紀元前5世紀中頃から3世紀中頃)が来て、水稲耕作による稲作が開始されたとあります。弥生式土器の特徴としては、単に縄目の有無というよりも、縄文式土器よりも高温で焼かれて硬く、物を貯蔵する壷、煮炊きに使うかめ、食物を盛り付ける鉢や高杯等、より農耕生活に密着した容器なのだそうです。

f0005116_23314154.jpg昭和61年7月に建てられた、この碑に関連した記事はこちらのページにあるように、弥生式とはこの土器が発見された地の「弥生町」からとっているそうです。この場所は言問い通り(ことといどおり)に面した、東京大学本郷キャンパスの一角にあり、大学の設備にも弥生講堂とか弥生門(写真)という名がつけられています。そして弥生とは文字通り3月のことなのだそうです。

f0005116_23503823.jpgそして私の向かった先は、弥生美術館(文京区弥生2-4-3)といいます。弥生美術館というよりも、俗に「竹久夢二美術館」といった方が通りがいいのかもしれませんが、もともとは挿絵画家・高畠華宵のコレクションから始まった美術館です。まあ現地にいくまでは美術館の名の弥生の意味も、弥生式土器の事も何も考えずに行ったのですが、3月に訪ねたという弥生続きのお話でした。
[PR]
by ttru_yama | 2007-03-25 23:21 | へえ~ え

070311 オルセー展と上野精養軒でのランチ

f0005116_22271441.jpg先週の出張中の日曜日、東京まで出向いて上野の東京都美術館で開催中の、「オルセー美術館展」(2007.1.27-4.8)に行って来ました。その日の朝は雨でまだ9時だというのに、傘をさした一群の人達が美術館へ向かって黙々と歩いています。こういう様子をみると人気の展覧会ということもあるのですが、さすが東京展だなと感じます。ところで最近エルミタージュ展に続き、美術館巡りが多くてなかなか纏める隙もないので、気持ちとしてはもう少し後にしたいのですが、なかなか東京へ出る機会もないし、そんなことしてたら終わってしまうので、こういう機会のある時に見ておくことにしたのでした。前回のエルミタージュ展と比べ、オルセーは19世紀の画家を中心に所蔵しているので、その分よく見聞きする画家の作品が多いのが特徴です。他方エルミタージュの方は歴史が古く、知らない画家が多いのでそれなりに勉強になる面があります。

f0005116_22445965.jpgさて、本格的な鑑賞記事?はまた(たぶん)いつの日かということにして、今回は印象に残った事だけ書いて見たいと思います。展示された最初の作品は、カタログNoでは3番目ですが写真(ポストカードより)の、ベルト・モリゾ(1841-1895)の描いた「ゆりかご」が配置されていました。
モリゾの姉がゆりかごに寝ている赤子を見守る、ほのぼのした絵ですが、実は今回の展示の目玉作品の1つは、上にあるポスター写真で分かるように、マネ(1832-1883)の描いた「すみれのブーケをつけたベルト・モリゾ」です。モリゾはマネの弟と結婚しますが、自分自身も画家でマネのモデルも務めています。今回ベルト・モリゾの作品を最初に持ってきたのは、こうした背景をふまえた主催者側の粋な演出かと思いました。そしてこの次にある作品は、これまたルノワールが描いた、モリゾの娘の肖像画「ジュリー・マネ」を配置しているという憎さなのでした。

f0005116_23113422.jpgf0005116_2312241.jpgさて、見終わったら昼近くで、(行ったことはないけれど)近くに上野精養軒があった事を思い出しました。ホームページによれば、精養軒は明治5年4月に築地に創業し、この上野精養軒は支店として明治9年に開業したとあります。文明開化の上でも歴史ある老舗の精養軒ですが、写真の様に玄関にベルボーイの人がいるので、入る時は少し気後れしちゃいます。(笑) また上層の階は結婚式場のようです。格式あるグリルの方では、10500円でオルセー美術館記念特別メニューが食べられ、記念ランチ(2400)もありましたがちょっと食材にきらいな物があったので、今回は財布に優しいランチ(2100)にしました。

f0005116_2338692.jpgf0005116_23385228.jpg昼時で満席に近い状態だったのですが、運良く滑り込みセーフで席に付けました。まず出てきたのがポタージュスープでしたが、スプーンはなくてコーヒーカップのように直接飲むようでした。メインは牛フィレ肉のチーズパン粉焼き、海老・帆立貝のパブール、香草入りクリームソースです。フィレ肉は国産牛で、チーズ衣をソースにまぶして食べると、単なるソースとは違った食感が得られていい感じでした。バプール(Vapeur)というのは蒸すという意味だそうで、なるほど海老も帆立ても柔らかく仕上がっていて、クリームソースとよくなじんでいました。後は紅茶をゆっくりと、と思いましたが席がつかえているので早々に引上げる事にしました。ランチにしたのは記念のためですが、ハヤシライス・プチサラダ付き(1360)、ビーフカレーライス(同)、スパゲティー関係(1260)も、店の様式からいえばそんなに敷居が高くないように思います。

f0005116_021746.jpgf0005116_0213522.jpgメニューが全部写真付きというのもいいですね。(グリルは違います) 店を出る時には預け品のタグプレートを渡して、ベルボーイから傘を受け取りますが、そんな小さなサービスを受けることだけでも、何か精養軒で食事したっていう満足感が得らるれから不思議です。(単なる田舎者でした)
さて、全国的に暖冬ですが気象庁さんのコンピュータミスと、寒さがぶり返したとかで、上野の桜もまだまだの様子でしたが、一箇所「五條天神社」の桜だけは満開で、午後から晴れてきた青空に花びらが光り輝いていました。
[PR]
by ttru_yama | 2007-03-17 22:38 | お出かけ

不在の連絡

しばらく出張でお休みします。
[PR]
by ttru_yama | 2007-03-05 21:29 | お知らせ

070301 春のワルツ・最終回

f0005116_061636.jpgいやぁ~、ついに終わってしまったですね、「春のワルツ」最終回(20話「愛と希望の島」。その名の通り、最後にまた出てきました、飛禽島(ピグムド)のハート海岸。あろうことか渚のラインがキラキラ光ったりしてました。(笑) それにしても最終回は、ユン・ソクホ監督お得意の泣かせ所や見せ所が、たっぷり仕込んでありました。

スホの父チョンテもスホに思いを残して死んでしまうし、義理の弟カングもすっかりミョンフン夫婦に気にいられてるし、指のけがを押してウニョンに聞かせるリサイタルでの、主題曲の「いとしのクレメンタイン(日本では雪山讃歌として有名)」のメロディーのやるせなさ。フィリップのウニョンに対する切ない思い。そして固くななイナの心境の変化。それらをチェハとウニョンの結婚式のスチル写真で、全てがハッピーエンドに向かっている事を示唆するにくい演出。幼いスホとウニョンに加え、カングをも参加させての麦畑でのかくれんぼシーン。美しい音楽とあいまった、ユン・ソクホの映像マジックが、心地よいエンディングへと誘います。次は総合放送でも再放送されるとのことで、まだまだ見忘れた場面が見られそうです。
[PR]
by ttru_yama | 2007-03-02 00:36 | 本・映画・ドラマ