<   2006年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

060520 ミササガパークにて

f0005116_1459411.jpg先週の話になりますが、刈谷市にあるミササガパークのバラをみてきました。1981年7月カナダ・オンタリオ州のミササガ市と刈谷市は姉妹都市提携を結びました。同公園はその20周年を記念して、2001年3月に開園しました。



f0005116_1517719.jpg園内にはミササガ市から送られた、カヌーに乗ったクマのモニュメント等が置かれています。公園広場は多目的に使われ、散歩の人、子供連れの家族、犬の散歩、キャンプ体験、児童サッカー練習、ディスクゴルフなどいろいろに利用されています。


f0005116_15361813.jpgそんな中、近くのデイケアセンターから車が到着しました。何事かと思いきや、付き添いの人に連れられ、車椅子に乗ったお年寄りの人達が、咲き揃ったバラのポーチの前で、ニッコリ記念写真を撮ってもらっていました。曇り空からも晴れ間がのぞき始めました。
[PR]
by ttru_yama | 2006-05-27 15:48 | 季節の話題

060521 かきつばたの道

f0005116_2312345.jpgいつになく、花モノネタが他に重なってあるのですが、今日は4/27~今週末(5/26金)までで終了の、知立市、無量寿寺の「かきつばた」の話をしたいと思います。週末やっと快晴になったかきつばた園ですが、そろそろ花期のピークは過ぎた感じでした。それでも青紫と緑葉の美しいコントラストに出合えました。終り・・。

f0005116_23235314.jpgではなくて、やっぱり知立といったら弘法様と「あんまき」ですね。まだまだ柏餅も売られておりました。ではなくて・・。(とひっぱっておいて)





f0005116_2330449.jpgお話したかったのは、無量寿寺より1キロ程南西の、旧鎌倉街道沿いにある、在原(ざいげん)寺さんで受けたご接待のことです。寺名の通り、在原業平(825-880)を供養するために建てられた、臨済宗のお寺です。「上がって業平像を見ていかれなさい。」の言葉に甘え、拝ませていただいた後に、お茶、そしてお菓子から、はては「ところてん」のお接待まで、頂いてしまいました。聞けば、寺には在住職はおらず、「かきつばたまつり」期間中、地元の方がボランティアで、接待をされておられるのです。


f0005116_23485155.jpg私の後からは、ボランティアガイドさんに付いてこられた方も、接待を受けられていました。ハイキングサークルのような団体さんも、お堂を借り弁当を拡げられていました。ちょっと(きまぐれで)寄ってみた、かきつばたの道(私の命名)で、温かく清々しい一時を過ごすことができました。
ラスト写真は、「か・き・つ・ば・た」の句をよんだと言われる、落田中の一松(おちたなかのひとまつ)という所です。住んでる方には悪いのですが、新興住宅地の中なので少し感慨が・・でした。(笑)
[PR]
by ttru_yama | 2006-05-22 00:03 | 季節の話題

060519 春の日は過ぎ行く

今週のBS映画劇場は「韓国映画特集」でした。木曜日は、あの「チャングムの誓い」のイ・ヨンエさんがヒロインだというので、録画をしておきました。

タイトルの「春の日は過ぎ行く」の意味は、最後の結ばれない愛の姿を示唆していたのですね。イ・ヨンエさん演ずるウンスは、離婚歴のあるラジオ局のアナウンサー。年下の録音技師のサンウ(ユ・ジテさん)と知り合い、お互い愛するようになる。特に純朴な青年サンウにとっては、初めての恋だけに真剣だったけれど、ウンスは途中他の男に惹かれ、サンウを疎遠にしたりするのです。

というわけで残念ながら、今回のイ・ヨンエさんは悪女役でした。どうして?サンウのどこがいけなかった? と思うくらいに、一途なサンウを、ストーカー見たいな眼差しで突き放します。ラストあたりでウンスが、またサンウに近づくシーンもあるのですが、春の日は過ぎ行くのでした。

認知症であるサンウのおばあさんの、現在の姿や若い頃の写真などを使い、若者達の愛を浮かび上がらせた演出は、大変いいと思いました。でももう少し丁寧に対比なんかさせれば、もっと効果的だとも思ったのですが・・。そしてウンスの感情説明も、もう少ししてほしかったことです。(サンウと一緒に悩んでしまいましたね)

でも、若い時のふっと移り行く感情の揺れは、この映画の様に説明しきれないものなのかもしれません。(それにしても映画の主題の、きれいなメロディは何という曲だったかが思い出せません)(笑)
[PR]
by ttru_yama | 2006-05-20 00:27

060514 夜の花壇で

f0005116_22115924.jpg前回の「なばなの里」(三重県)の続きです。チューリップも最盛期は過ぎていましたが、ライトアップされた花ひろばでは、色とりどりのチューリップが楽しめました。その中で、驚いたのがカクテル光線に照らされた純白のチューリップでした。



f0005116_22395113.jpg何に驚いたかというと、何故かその時は「えっ、白いチューリップなんてあったっけ?!」と、初めて見たくらいに思ってしまったからです。(060429の奥殿陣屋でも見ていたはずなのに) チューリップの色は「赤」、という大昔に描いた絵の先入観が、夜の雰囲気に変に甦ったのか、他の花に混じって咲いてた事に幻惑されたのかもしれません。よく考えれば「童謡(チューリップ)」にも「赤、白、黄色」とありましたね。


f0005116_2255067.jpgところでパンジーの花壇で、こんな絵模様も見かけました。何の絵かお分かりでしょうか。

解答はこちらです。
[PR]
by ttru_yama | 2006-05-14 23:05 | お出かけ

060506 リベンジ、ズッキーニ

f0005116_2225877.jpgいつになく更新が続きます。(笑) さてGWも残りわずかな本日の午後、津島市の天王川公園に行ってきました。曇り空ながらも見頃を迎えた藤棚には、大勢の人がつめかけていました。九尺藤も見事なのですが・・、


ぶどうの房のような八重藤(八重黒竜藤)も珍しさも相まって、関心を集めていましたね。
f0005116_22314424.jpg


f0005116_2243486.jpgそのあとは食事がてら久しぶりに、「なばなの里」を訪れました。花まつり期間中の入場料が、1500となったことも驚き!!でしたが、1年前から園外に巨大な園芸マーケット、「花市場」がオープンしたことも驚きでした。そしてなんとそこで、ついに「幻の?イタリア野菜(060504参照)」の苗木を発見したのでした。


f0005116_22542743.jpgと、いうわけで本日の食事は、イタリア料理(写真はミネストローネ)に決定したことです。メイン料理の付け合わせには、そのズッキーニも入っておりました。世の中には捜し求めてても見つからないものが、思ってもみない時に突然現れることも(た・ま・に)あるようです。
[PR]
by ttru_yama | 2006-05-06 23:02 | お出かけ

060504 苗木めぐりの成果は

f0005116_19384020.jpg世の中はGW真っ盛り。昨日は休日出勤だというのに、良く晴れました。(苗田に映える夕日) いざ、今日は「お出かけ」か?と思いきや、しっかり家庭菜園の「苗木買い」に付きあわされました。

f0005116_19445542.jpg ①JA,②サカキヤ(ホームセンター)、③西尾市-憩いの農園、④碧南市-あおいパーク、と行く先々で増える苗木たち。(そんなに広い庭だったっけ?) でも先々では、季節の花の鑑賞もできるのが いいところで、添乗員としては結構花見気分です。(これは「ミータン」というそうです)

f0005116_19593767.jpg藤棚も見られたし、大好きな「こでまり/おおでまり」の、いっぱい花をつけた枝振りも見られたし、

f0005116_2065137.jpgついでに季節の先取りで、旬の紫陽花もおがませてもらったことです。ただし、求めていた「イタリア野菜」の苗は何処にもありませんでした。
[PR]
by ttru_yama | 2006-05-04 20:16 | 季節の話題