「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:季節の話題( 15 )

070704 七夕の行列

f0005116_0252851.jpg「あ・り・が・とぉー!!」は子供達の声。歩行者信号で停まった私の車の前を、なにやら得体の知れない子供達の一団が通り過ぎて行きます。

みんな手に手に、「わさわさ」した緑の物体を持って、横断歩道を渡って行くのです。突然のことにそれが笹竹だと気付いたのは、隊列が半分渡り終えたあとでした。そして続くは後続部隊。

写真のように竹竿一本丸ごと担いでいます。そう、七夕準備の行列なのでした。おそらく近くの竹林の許しを得て伐採し、先に行った先頭の子達が持ってたのは、お家用に飾って持ち帰る笹で、写真の丸ごと1竿は、幼稚園に飾るためなのでしょう。

突然のストリートパフォーマンスにはびっくりしましたが、こうして笹竹の切り出しから子供達に関与させるのは、切った笹竹がすでに用意してあって、「さあ、飾りなさい」なんてことよりは、思いも深まっていいことなんじゃないかな、と思いました。お天気になってくれますように・・。
[PR]
by ttru_yama | 2007-07-05 00:46 | 季節の話題

061224 クリスマスはハガキ作り

f0005116_20153011.jpg年の暮れ・暖かくおだやかなクリスマス・イブの日曜日ったら何します? そりゃもう後がないので年賀状です。(笑) ということで昨日の夜から準備した、レイアウトを印刷します。でもそんなに枚数もないのに、画像印刷には結構時間がかかること。そして宛て名印刷。これが毎年やってるのに毎年失敗します。「あーっ」と気づいた時には、すでに同じ宛て名で3枚目が印刷中・・(ジーコ、ジーコ)・・・。

やっと調子が出てきたと思ったら、「あれ、そういえばこの人喪中ハガキ来てた~。」と、後からチェックもれに気づくのです。と、いろんな事が起こるので印刷中も目が離せません。そんなこんなで半日以上パソコンのお守りで、時間が過ぎていきます。夜「、じゃあ今夜はレストランに食事行こう。混むから早めに行かないと。」と、出かけた先は予約先行の店で、悲しくその店を後にしたのです。この忙しい時期、ちゃんとみんなこれにかけて予約してることです。家に帰りTV見ながらの、その日買いケーキ。でもいつも一緒に食べてた人を、しのびながらのケーキの方が、本来のクリスマスらしくていいのかも、ね。
[PR]
by ttru_yama | 2006-12-24 20:56 | 季節の話題

061204 一年ぶりの「ほっとかりん」

f0005116_21405179.jpgうじうじとくさってばかりいても仕方がないので、次に進もうと思います。写真は今年始めて見つけた、カ○ピス社の果汁飲料「ほっとかりん」です。昨年始めて見つけ、通年的にのどの弱い私は「かりん」=「喉に良い」という図式が頭の中に、何とかの一つ覚えの様に定着しています。

昨年スーパーで見つけたパックタイプ「ほっとゆず・かりん茶」も買い置き商品です。でもさすが春先から秋にかけては、売られていません。秋から出始めるのは「ほっとゆず」、「はちみつ ゆず」のような「ゆず」タイプで、とりあえずそれでがまんをしていました。そして今日やっと「かりん」タイプを見つけたわけです。ということはやはり、原料のカリンが出来てこないと造れないんだ、と当たり前のようなことを「しみじみ」感じた事です。
[PR]
by ttru_yama | 2006-12-04 22:20 | 季節の話題

061111 治らない風邪

f0005116_16202214.jpg(近代洋画への道が途中ですが)写真は小原村ふれあい公園の11/09現在の四季桜です。(といいながら)、合併したので豊田市小原町になったようですが、四季桜はそんなこと関係無く、今年も咲きました。観光協会のHPでは7~8分咲きと書かれていますが、かなり見頃に思えました。
広場には架設テントのお土産コーナーが設営されて、豊橋あたりからの観光バスも来ていました。毎年気になるへぼ飯が、お土産で今年も出ていました。へぼ(蜂の子)って気になるくせに、やっぱり食べる気にはなりません。どうも幼虫にせよ、孵化中にせよ、あのまんまの姿が、御飯にまぶされているのは視覚的にね。(笑)

f0005116_16472910.jpgさて、2週目となる風邪が、全然治ってくれません。最初は喉の痛みからはじまって、熱が出て今は鼻水と咳がとまりません。咳はとにかく体力を消耗し、特に夜中の咳というのは、寝られないので最悪ですね。
それでも休めないので薬づけの毎日なのですが、写真の他にも手をかえ品をかえている(ジャンキー状態)のですが、いっこうに回復の兆しがみえません。今日も薬局で新しい薬を勧められ飲んで来ましたが、今のところ効果(「すぐ体がホカホカあったかくなりますよ」って言われたけど)がでてきません。ティッシュが手放せない季節の変わり目です。
[PR]
by ttru_yama | 2006-11-11 16:34 | 季節の話題

060813 お参りセット

f0005116_22315438.jpgお盆の季節です。お盆と言えばお墓参りです。と言いながら毎年手ぶらで行って、手を合わせるだけの手抜き墓参なのです。(←反省) でも、今年はスーパーに寄って「ご参詣セット」、なるものを用意しました。内容はろうそくが7本、お線香が2束、そしてマッチが1箱です。どういう計算のもとに、このセットがパッケージされてるかは分かりませんが、これだけあればまず不足は無い事でしょう。余ればまた次回でもいいし、停電対策になるかもしれません。

日頃、線香もあげたことのない私には、箱のキャッチフレーズがすごく、目に痛くて深くうなづいてしまいます。「ご先祖様に真心をおくりましょう」(おっしゃる通りですね。) ろうそくに火をつけて、次に線香に点火しますが、そよぐ風にろうそくは、すぐ吹き消されてしまいます。でもマッチもたくさんあるので、余裕で再点火できます。いやはや出来たセットです。マッチの代りにチャッカマンがついていれば、なおさらいいなと思いましたが、あっと、不謹慎でしたね、ご先祖様。今の発言は聞かなかったことに・・・。
[PR]
by ttru_yama | 2006-08-13 23:12 | 季節の話題

060805 携帯で花火撮影

f0005116_943653.jpg夕方みんなで食事したあと、岡崎市の花火大会に行こうということになりました。車に乗って岡崎方面に向かうと、7:00すぎから進行方向に小さく花火が上がっていました。「へえ~、もうこんな時間からやってるんだ。」という感じで車を進ませて行くと、だんだん花火が大きくなっていく事に、近づいてるなという実感(うれしい)がわいてきます。

ところがある時点で、予想していた進行方向とかなりずれた場所に、花火が上がっています。「あれは西尾の花火(8/15)じゃない?」とか言ってると、実際は岡崎の花火だったりして、車は真っ直ぐ走らせてるつもりでも、道の微妙なカーブでいつの間にか45度も、感覚がくるっていたのでした。(夏の夜のミステリー?)

この時間とても現地には近づけないので、運良く空いていた道端に止めて、冷房付き車内極楽・花火大会鑑賞となりました。そして華々しく打ち上がる夜空の花火に、携帯カメラを取り出すのでしたが、シャッターを押すタイミングがめっぽう難しいのデス。ヒュルヒュルと上がっていく少し手前で、先に押しておかないと最高に開いた時、丁度シャッターが切れないのです。(というわけで今日の写真は、もっと花開く前の失敗作でしたね)

年々花火も進歩していますが、「現在1/3終了」とか、「次はスターマインです」なんていう花火サインが、いつかできない事でしょうか。
[PR]
by ttru_yama | 2006-08-06 10:23 | 季節の話題

060520 ミササガパークにて

f0005116_1459411.jpg先週の話になりますが、刈谷市にあるミササガパークのバラをみてきました。1981年7月カナダ・オンタリオ州のミササガ市と刈谷市は姉妹都市提携を結びました。同公園はその20周年を記念して、2001年3月に開園しました。



f0005116_1517719.jpg園内にはミササガ市から送られた、カヌーに乗ったクマのモニュメント等が置かれています。公園広場は多目的に使われ、散歩の人、子供連れの家族、犬の散歩、キャンプ体験、児童サッカー練習、ディスクゴルフなどいろいろに利用されています。


f0005116_15361813.jpgそんな中、近くのデイケアセンターから車が到着しました。何事かと思いきや、付き添いの人に連れられ、車椅子に乗ったお年寄りの人達が、咲き揃ったバラのポーチの前で、ニッコリ記念写真を撮ってもらっていました。曇り空からも晴れ間がのぞき始めました。
[PR]
by ttru_yama | 2006-05-27 15:48 | 季節の話題

060521 かきつばたの道

f0005116_2312345.jpgいつになく、花モノネタが他に重なってあるのですが、今日は4/27~今週末(5/26金)までで終了の、知立市、無量寿寺の「かきつばた」の話をしたいと思います。週末やっと快晴になったかきつばた園ですが、そろそろ花期のピークは過ぎた感じでした。それでも青紫と緑葉の美しいコントラストに出合えました。終り・・。

f0005116_23235314.jpgではなくて、やっぱり知立といったら弘法様と「あんまき」ですね。まだまだ柏餅も売られておりました。ではなくて・・。(とひっぱっておいて)





f0005116_2330449.jpgお話したかったのは、無量寿寺より1キロ程南西の、旧鎌倉街道沿いにある、在原(ざいげん)寺さんで受けたご接待のことです。寺名の通り、在原業平(825-880)を供養するために建てられた、臨済宗のお寺です。「上がって業平像を見ていかれなさい。」の言葉に甘え、拝ませていただいた後に、お茶、そしてお菓子から、はては「ところてん」のお接待まで、頂いてしまいました。聞けば、寺には在住職はおらず、「かきつばたまつり」期間中、地元の方がボランティアで、接待をされておられるのです。


f0005116_23485155.jpg私の後からは、ボランティアガイドさんに付いてこられた方も、接待を受けられていました。ハイキングサークルのような団体さんも、お堂を借り弁当を拡げられていました。ちょっと(きまぐれで)寄ってみた、かきつばたの道(私の命名)で、温かく清々しい一時を過ごすことができました。
ラスト写真は、「か・き・つ・ば・た」の句をよんだと言われる、落田中の一松(おちたなかのひとまつ)という所です。住んでる方には悪いのですが、新興住宅地の中なので少し感慨が・・でした。(笑)
[PR]
by ttru_yama | 2006-05-22 00:03 | 季節の話題

060504 苗木めぐりの成果は

f0005116_19384020.jpg世の中はGW真っ盛り。昨日は休日出勤だというのに、良く晴れました。(苗田に映える夕日) いざ、今日は「お出かけ」か?と思いきや、しっかり家庭菜園の「苗木買い」に付きあわされました。

f0005116_19445542.jpg ①JA,②サカキヤ(ホームセンター)、③西尾市-憩いの農園、④碧南市-あおいパーク、と行く先々で増える苗木たち。(そんなに広い庭だったっけ?) でも先々では、季節の花の鑑賞もできるのが いいところで、添乗員としては結構花見気分です。(これは「ミータン」というそうです)

f0005116_19593767.jpg藤棚も見られたし、大好きな「こでまり/おおでまり」の、いっぱい花をつけた枝振りも見られたし、

f0005116_2065137.jpgついでに季節の先取りで、旬の紫陽花もおがませてもらったことです。ただし、求めていた「イタリア野菜」の苗は何処にもありませんでした。
[PR]
by ttru_yama | 2006-05-04 20:16 | 季節の話題

060409 黄砂と太陽

昨日の黄砂の事を書くつもりで始めたのだけれど、今日は画像がありません。だいたいが近頃黄砂の話も聞かなかったので、変な天気ぐらいにしか、思っていなかったのでした。

車でニュースを聞いた後、空を見上げると天体観測じゃないけど、夕方の太陽がスリ硝子越しに見えるような感じで、空中に浮かんでいるのを発見したのです。家へ帰って写真を撮ろうと思ったのだけれど、帰った頃には暗くなりすぎて、間に合わなかったのデス。

でも、いったん黄砂だと聞いてしまうと、何か呼吸するのも重苦しく、変な臭いもするような気になるのは、自分だけ? 数ミクロン~数十ミクロンといわれる粒子が、どのくらい集まったら、硝子越しの太陽になることでしょう。

タクラマカン砂漠から、数日かけて飛んでくるという黄砂。今なら正体は分かっているのだけれど、昔の人はいったい何が起こっていることかなんて、日蝕を恐れた土人ような気分だったのでは・・?。

話は変わって、今日の朝のお話。「桜見物にいくぞ」と早起きし、車の中で朝5寺30分の日の出を見ました。昨日とはうって変わって、珍しく雲もかかっておらず、クリーンな空に昇ったでっかい太陽なのでした。(違うとは思うけれど)黄砂が砂消しゴムのように、空を掃いていったのでしょうか。(こちらも運転中につき写真なし。おまけに桜はまだほんのツボミなのデシタ。でも野生のお猿さんを見られたから、まあいいかな。)
[PR]
by ttru_yama | 2006-04-10 00:14 | 季節の話題