「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:昔のこと( 5 )

090814 国民型ラジオ2号A受信機-4

f0005116_9272813.jpg前回も参照した国民型受信機一覧のページによれば、トヨタの国民型ラジオ2号A受信機が認定されたのは、昭和22(1947)年5月16日の事ですので、トヨタのラジオ製作はその頃から始まったと思われます。

写真は昭和24、5年頃のトヨタ自動車工業㈱刈谷北工場(右/現 ㈱デンソー)と刈谷南工場(左/現 トヨタ紡織㈱)の様子です。(トヨタ鞍ケ池記念館写真パネルより)

ということで、国民型ラジオは刈谷南工場で作られていました。実際に昔の刈谷南工場に勤務していた方が今回の展示ラジオを見に来られ、当時ラジオ製作していた場所まではっきりと記憶されていたのです。刈谷南工場は昭和25年5月に民生紡績㈱となり、昭和42(1967)年8月、豊田紡織㈱ (現 トヨタ紡織㈱)となります。

そしてもう一方の刈谷北工場側でもラジオを作っていたことがわかりました。ただし確実なところは、昭和24(1947)年12月に刈谷北工場が日本電装㈱となった翌年25年以降の話で、作っていたのは並4ラジオとしかわかっていません。(国民型ラジオ2号A受信機は高1ラジオ)

f0005116_1215130.jpgトヨタ自動車がラジオ等のいわゆる「やり繰り生産品」を製造していた背景には、戦後のGHQ指令があります。軍需工場に指定されたトヨタ自動車、及び関連工場には生産ストップが掛かり、生活必需物資への生産転換を余儀なくされ、トヨタ自動車においても当初は民需向けのトラックしか作れず、そのため食いつなぐ「やり繰り生産品」を作るしかなかったのです。

刈谷市史には当時の豊田系各社「やり繰り生産品」が載っていますが、その内の日本電装㈱(現 ㈱デンソー)の項には、鍋・フライパン・電気ストーブ・電気七輪・アイロン・ラジオ受信機などが載っています。今回見てきたトヨタ「国民型ラジオ2号A受信機」生産の背景には、こうした経緯があったのでした。
ただしトヨタ自動車のホームページや、鞍ケ池記念館の社史パネルには、ラジオ生産のことは一切触れられてはおらず、今回のような展示物により生きるために苦闘した戦後の、悲惨な時代を偲ぶことができます。
(おわり)
[PR]
by ttru_yama | 2009-09-20 12:30 | 昔のこと

090814 国民型ラジオ2号A受信機-3

f0005116_19525824.jpgこのラジオがトヨタ自動車で作られたことの証となるアルミ銘版の写真です。左上に「丸の中にトヨタ」と描かれた当時のロゴが見られ、「國民型二号A受信機」とあります。型式は「K-2」、製造番号は「00300」で、最下段でも「トヨタ自動車工業株式會社」の社名を確認できます。

ちなみにこの「國民型二号A受信機」というのは、トヨタの製品名ではなく、当時の電気機械統制会が中心となって作られた戦後のラジオの仕様に沿って作られた規格の名称です。くわしくは「日本ラジオ博物館」HPのこちらを参照下さい。これによれば国民型受信機は1~6号まで存在し、「國民型二号A受信機」だけでも、クラリオン、アリア、ゼネラル、アポロ、テレビアン等のブランドがあり、この中の「アポロ」がトヨタ自動車工業製であったわけです。

残念なことに「アポロ」というブランドは、消えてしまったのか初めから公に表示しなかったのか、筐体のどこにもみられません。上記ホームページには製造会社が(現在)なぜかトヨタ自動車工業㈱「刈谷南工場」となっていますが、そのリンクからジャンプしたこのページではトヨタ自動車工業(株) 「刈谷東工場」となっていて、HPでの製番が「4069」のように読み取れ、資料館の展示品より後発の製品と想像されます。そのせいか先行して作られた資料館のラジオの真空管には、見たところ「トヨタ」マークは入っていないようです。

しかし、このトヨタ自動車工業㈱「刈谷東工場」というのは、実際には存在しなかったので元ページの「刈谷南工場」の間違いかと思われますが、HP上にある自動車部品メーカ 「デンソー」というのは「刈谷北工場」にあたります。ではHPの記述は単に記述間違いなのか、それとも「刈谷北工場」 (現、デンソー)でもラジオは作られていたのでしょうか。(つづく)
[PR]
by ttru_yama | 2009-09-05 22:04 | 昔のこと

090814 国民型ラジオ2号A受信機-2

f0005116_1647039.jpgさてこの写真はラジオの裏側になりますが、まず前回記事の訂正をしておきましょう。(もう一度見てきましたヨ)(^_^;;)

前回「3つある操作つまみ」の機能は、①電源スイッチ、②選局チューナー、③ボリュームなどと書いていましたが、実は①の電源スイッチは間違いだったのです。その電源スイッチは本体の左手筐体側面にあったのでした。(下の写真でも本体左側に小さく写っています)

電源スイッチは上の裏側写真では、スピーカーの右上の黒い部品となります。これがスイッチでして、もちろん操作は箱の外から行うのでした。(そんなラジオがあるって知らなかったよ~) 今で言えばブレーカーをかなり小さくしたようなスイッチで、トグルスイッチを上下に切り換えることでオンオフします。

ついでに言っておきますと、2本ほど銀色に輝くだるまさんみたいな形のものが、真空管でこの先進化するとトランジスタに置きかわりました。真空管はカバーで覆われたりして見にくいのですが、全部で4本あります。


f0005116_1792465.jpgところで、「3つ目のつまみの機能は何なのだ?」ということになりますが、これも確認してきました(笑)
ということで、写真の3つのつまみは、右から①ボリューム、真ん中が②選局、そして左の③も選局なのでした。そうです。この時代のラジオは選局つまみ(ダイアル)が主(②、副(③)で2つあったのです。

この時代、主ダイアルで大まかに選局します。しかし主ダイアルでは大まか過ぎて、微弱な電波の場合、わずかな手元のブレで微調整が効かないのです。そこで副ダイアルで微調整を行うのでした。さて、そんなこんなでトヨタ製のラジオの話を書いてる余裕が無くなりました。(また次回ということで)
[PR]
by ttru_yama | 2009-08-30 18:00 | 昔のこと

090814 国民型ラジオ2号A受信機-1

f0005116_2162773.jpg終戦特集第2弾です。(笑) さて現在愛知県刈谷市の郷土資料館にて「懐かしの機械展」(2009.08.01-09.13)が開かれ、昔の振り子時計、ラジオ、テレビ、蓄音機、電話、カメラが展示されています。中でも私の気になったのは写真のラジオです。今ではこんな木製のラジオ自体が珍しい世の中ですが、どこが気になったかといいますと、その製造会社なのです。

その話に入る前にまずはこのラジオの操作が気になりませんか。(えっ、気にならないって?! 汗;;;) えーっと、私の覚えてるラジオの記憶では操作つまみが2つしかなかったのです。つまりボリュームつまみを回すとスイッチが入って、真空管があったまり受信できる状態になって、さらに回すと音量が大きくなるわけです。で次に選局つまみで聞きたい局を選ぶのです。でもこの時代のラジオは電源を入れるつまみが別にあり、合計3個のつまみがあったというわけです。 (3個のつまみについては090814 国民型ラジオ2号A受信機-2 にて訂正記事掲載)
まあ、どうでもいいような話は終りにしまして、このラジオの製造メーカーはどこだと思われますか。実はすごいメーカーが作っていたのです。何とトヨタ自動車製なのです。いや正確に言いますとトヨタ自動車工業㈱刈谷南工場製の、国民型2号A受信機だといいます。(つづく)
[PR]
by ttru_yama | 2009-08-23 22:17 | 昔のこと

三河地震のこと

(ギャラリーはお休みです) 8/11の朝5時7分に起きた駿河湾沖を震源とする地震(静岡中部震度6弱)によって、たたき起こされた人も多いことでしょう。この地域では震度3~4位の感じだったと思いますが、お盆の渋滞時期を前に崩落した東名牧ノ原付近の車線の通行止め(特に上り)も、数時間前(15日深夜)にやっと復旧したもようです。8月はずっと土曜に仕事が入り、車で遠出の出来ないでいる私にはあまり渋滞は関係無かったのですが、ただでさえ混み合うこの時期に東名という幹線道路が使えなくて、帰省する人には大打撃だった事でしょう。

f0005116_4141619.jpgさて毎年終戦の日が近くなると、テレビで終戦特集番組が多くなるのですが、先日ふとしたことで西尾のお年寄りと会話したとき、今回の地震の話から終戦の年の三河地震(昭和20年1月13日午前3時38分発生)に話題がふれました。実は三河地震の前の1ヶ月前、昭和19年12月7日午後1時35分に東南海地震(志摩半島沖、M7.9、安城市域で震度6と推定)が発生して、三重、愛知、静岡を中心に死者行方不明1,223人の被害が出ていた矢先のことでした。

そして続く三河地震の震源は三河湾ということでM6.8、死者・行方不明2,306人の被害を出しています。被害は西三河を中心に特に西尾市では当時の震度基準で震度6(現在の震度で7)だったといいます。その人から聞いた話では激しい横揺れに家の1階がつぶれ、しばらくは(持ちこたえた)2階の方で暮らしたといいます。

ということで掲載写真は安城市歴史博物館にて、平成18年の9-11月に開催された企画展、「三河地震」のリーフレットで、場所は安城市西端です。元は白黒写真だそうですが、CG着色化していて当時の雰囲気がよく伝わってきます。被害もさることながら女性のかぶった防空頭巾が、戦時下であったという状況をよく物語っています。

東南海地震と同じく三河地震も、戦時下ということで報道も規制され、写真をとること自体もなかなか難しい状況だったといいます。貴重な写真には碧南油ヶ淵の応仁寺、高浜の瓦工場、西尾米津橋等の甚大な被害の様子が写っていますが、新聞報道では強い揺れとしただけで、地震の規模にははっきりと触れておらず、被害は僅少としています。

また報道の中には恐るべきことに、この地震で灯火管制が緩んだ地域があり、もし敵機が侵入したら大事になるところであった、と書かれていることです。夜間の人命救助している時でも灯火を使うな、ということなのでしょうか。大変な時代だったことです。まあそういう点からみれば東名の復旧予定が、修正に次ぐ修正ではありましたが、どんどん報道されていったことは、今は『いい時代?』なのでしょうね。(しないと大変な時代か?)
(次回も終戦話題にしようと思います)
[PR]
by ttru_yama | 2009-08-16 05:24 | 昔のこと