080920 信州松本と杉田久女句碑-22 (終回)

f0005116_13193947.jpg気持ち的には前回で終わりにしたかったのですが、まだ書き残した事があるのです。
墓参を終えると丸ノ内中学校前の坂道を登り、杉田久女の句碑があるという高台の城山(じょうやま)公園(標高約600m)を目指しました。その途中の民家の庭で紫陽花の花をみつけました。まだ咲いている花、白くしおれた花、そして茶色く枯れてしまった花が1つの株についていました。

紫陽花がどこかで見つかるといいなとは思って、探しながら歩いては来たのですが早めに見つかってうれしかったことです。もちろん今から見に行く久女句碑にある「紫陽花に 秋冷いたる 信濃かな」の紫陽花の花です。久女が父廉蔵の納骨で松本を訪れ、そこで腎臓病を患ったのは、大正9(1920)年の8月のことでした。先年のホトトギス6月号では「花衣 ぬぐやまつはる 紐いろいろ」が、三席ながらも賞賛され女性俳人としての地位を確立し、この大正9年吉岡禅寺洞の率いる福岡の俳誌「天の川」5月号では選者ともなって、久女の俳句人生はまさに順風満帆の矢先の出来事でした。

f0005116_14372050.jpgただその頃すでに俳句をめぐって、夫宇内とは溝が深まってきていたのです。あまりに句作にのめり込む久女には、夫との摩擦が心労と重なってしまったのでしょうか。

「阿ぢさいに 秋冷いたる 信濃哉」(句碑)
「山の温泉(ゆ)や 居残って病む 秋の蚊帳(かや)」

久女が紫陽花の句を読んだのは納骨式の前だったのか、それとも発病して松本の温泉で療養している時だったでしょうか。8月とはいえ山国信濃では、朝晩が冷えると聞きます。病んだ後の句とすればいっそう「秋冷」の語がしみてきます。
いずれにしても、この句は久女の俳句人生の最初の、大きな曲がり角だったように思います。その後久女は俳句を止めようと何度も思い、その度に復活を果たすのでした。

句碑は昭和58(1983)年8月1日、藤岡筑邨氏(俳人)他、地元有志の発起人により建てられ、もちろん石昌子さんも建立に加わっています。そして翌年には小原の
「灌沐(かんよく)の 浄法身(じょうほうしん)を 拝しける」
の句碑が建立されるのでした。

長かった久女シリーズの旅の見納めに、この城山公園にある展望台に上りました。そこからは360度のパノラマで、久女の愛した信濃アルプスの山々が一望出来ました。それは帰ってから小原の久女宇内夫婦の墓に参った時の、いいおみやげ話となりました。

f0005116_1713213.jpgこの松本もそうですが、あまり他のサイトに載っていない、久女とその家族、そして小原のことについて、知る限りなるべくこだわって書いてみたつもりです。しかし参考にした資料は始めから用意していた訳ではなく、記述順序が行っては戻りつみたいになってしまい、読みにくかったかと思います。うまく書けなかったところも多いのですが、久女シリーズとりあえずこれにて終了です。

思えば2002年のNHK人間講座のテキストに載っていた、久女と昌子さんの微笑ましい親子の姿が出発点でした。この優雅に構える久女の写真を見た私は、女流俳句は上流階級の奥様方のお遊びから始まったと思っていました。しかし実際の久女像は全く違っており、俳句をお遊び的に考えていた婦人たちを、久女こそが嫌っていたことも知ったのでした。ではこれにて、長らくのおつきあい誠に有難うございました。
[PR]
by ttru_yama | 2008-12-21 17:57 | 杉田久女
<< 080720 東京駅と「コロー... 080920 信州松本と杉田久... >>