081123 小原「松茸そば」と杉田久女句碑-19

f0005116_9281382.jpg「夜の衾(ふすま)」石昌子句集より
「こぞり咲く 小さく寒き 四季桜」
「花寂し 咲き満ち冬の 四季桜」
「四季桜 人煙たて 冬の谷」
「山里の 蕾む梅買ふ 師走人」
「青軸の 梅買ひが来て 年くるる」


写真は長屋門をバックに咲きほこる四季桜です。花の無い晩秋に咲く四季桜の華やかさは格別です。そう思うと久女は秋の四季桜を見たことがあったろうか、と気になって年譜をいろいろひっくり返してみたのですが、おそらく可能性は低い様に思います。

小原に嫁いで来た時は冬で、明治42年3月31日には夫は小倉に赴任し(久女も最初から同行したかは不明)、入籍届けは8月、長女昌子さんの出産のため再度小原に来た時が明治44年8月で、昭和17年の義父の和夫氏の葬儀は8月ということで、大正2年の義母杉田しげさんの亡くなった時がまだ可能性としてはあるものの、数少ない小原滞在時に久女が四季桜を愛でた可能性は少ないかと思います。もし久女が四季桜を見ていたらきっと句に残し、母子の競作を私も見ることが出来たでしょうし、花好きの久女は敬遠していた小原の地を、今は見直しているかもしれません。

「梅買・・」の梅の話は小原「夏の七草そば」と杉田久女句碑-16にも少し載せましたが、正月飾りの梅の花を業者が、この屋敷にも買いに来たことがわかります。

f0005116_14193217.jpg「苔清水」
「父の忌も 心に深かく 五月来る」
「仏彫る 石工の軒端 麦は穂に」
聖観音
「すらすらと 話纏まり 麦の秋」
「孫連れし 子等と打ちつれ 木の実踏む」
「谷風の 木の葉の嵩(かさ)を 踏みし墓」


写真は昭和57年に昌子さんはじめ遺族により建てられた、聖観音こと「杉田家先祖代々証大菩提也」です。(「証大菩提」とは「大いなる悟りを開く」という意味です) 小原「夏の七草そば」と杉田久女句碑-14にも載せました「灌沐(かんよく)の浄法身(じょうほうしん)を拝しける」の句の2年前に建ったものですが、ある意味この聖観音が「灌沐・・」の句碑を招いたのかもしれません。

聖観音は句の流れから読み取ると、初夏から製作され秋頃に建てられたように思います。屋敷がいつ解体されたのか私は知りませんが、杉田宇内・久女はもちろんのこと、累代の杉田家先祖を弔う意味でこの屋敷跡地に建てられたことでしょう。

その聖観音はこれまた見事に咲き始めた山茶花と、黄葉と四季桜に囲まれて静かに微笑んでいました。そして聖観音の左傍らに小さく佇む碑は、平成19年1月29日行年95歳で亡くなった石昌子さんを慰霊する碑です。慰霊碑には「杉田宇内・久女 長女」とあります。

こうした屋敷跡の風情を見ると私には、この庭が生前反目を繰り返した両親と娘の昌子さん等が集う、安息のパラダイス空間に思われてならないのでした。(これまで半年かけてこの屋敷の記述を、中断再開しながら続けてきましたが、まさか秋にこんな花盛りの嬉しい情景を書くことになるとは思ってもいませんでした)
[PR]
by ttru_yama | 2008-11-28 16:21 | 杉田久女
<< 081123 小原「松茸そば」... 081123 小原「松茸そば」... >>