0910-「20世紀少年」の町-357 (南吉生誕103年-174)

2016 ごんの秋まつり-3
f0005116_935874.jpgさて、話は逆のぼって9//22、ミツカンミュージアムの見学後ですが、前日の雨で矢勝川の堤の道は、ぬかるんでいました。
気になる彼岸花ですが今年は開花が遅れ気味とのことで、写真も「いいとこ取り」しないと、ちょっと寂しい感がありました。今年はそのいいとこ取りの場所に、「撮影スポット(ごんと見る権現山)」としてベンチが置かれ、その傍には「ごんの置物」が置かれていました。(左下の説明写真参照)

f0005116_9384714.jpgいつもは賑わう露店会場ですが、ごらんの様なぬかるみ状態で、お客さんの姿も遠目に眺めている様子でした。
私も近づけなかったので、別の所で撮った「ごんのお土産写真」を上に貼っておきました。

f0005116_9514838.jpgその足で記念館へ行きますと、いつもはよく露店の休憩所でやっている街頭紙芝居が、記念館広場で行われていました。紙芝居を自転車に積んだ、昔ながらの懐かしいスタイルです。

f0005116_11182852.jpg「南吉童話お話の会」さんの、この日の紙芝居はもちろん「ごんぎつね」。

結末は分かっているのに、ラストは何度見ても何度聞いても悲しく、せつなくなる名場面です。そういえば前回、10/4が「ごんぎつねの生まれた日」という話をしましたが、彼岸花や栗・松茸も出て来ますし、今更ながら「ごんの秋まつり」にこの作品は欠かせません。
[PR]
by ttru_yama | 2016-10-05 23:50 | 新美南吉
0910-「20世紀少年」の町... >>