「ほっ」と。キャンペーン

0910-「20世紀少年」の町-355 (南吉生誕103年-172)

2016 ごんの秋まつり-1

矢勝川の彼岸花も咲き出して、今年も「ごんの秋まつり」(2016.9.17~10.2)の次期となりました。今年は残念ながらあいにくの天気だったようですが、大勢の観光客で賑わったようです。
f0005116_143987.jpgそこへ行く前にまず<MIM>(MIZKAN MUSEUM)に寄ってみました。ミツカンミュージアム自体は、長い休館期間の末1年前の2015年11月8日にオープンしました。

予約すればいいのですが、なんだかおっくうで年に何度かある自由見学日(今回はごんの秋祭り期間の9/22)に行ってきました。以前この施設に行った時は博物館「酢の里」という名前で、解体も進んでいた頃でした。(2013.7記事)

酢造りの基本部分の展示は、そんなに変わってないのですが、工場見学も一部出来るようになって、大がかりな展示スペースもあります。

f0005116_16211745.jpg館内へ行く前に、西側の建物スペースがメモリアル広場の様になっていました。
この場所は以前、南吉も見たであろう中埜銀行が建っていたところです。

f0005116_1712998.jpg展示スペースに「半田 記憶の風景」という古い写真が何点か飾ってありました。こちらの写真は旧半田病院の建物、現在の雁宿ホールのある場所ですが、病院が建ったのは戦後のようです。

ちなみにその上部を左右に走るのは、南吉もかつて利用していた現在の名鉄河和線。ミツカンのある場所的な位置は、この写真の上方枠外です。
f0005116_17472692.jpg
こちらはミツカンの工場と、運河を整備している頃の写真。左側の建物が現在のミュージアム主要部です。今回のミュージアム1階には、酢を積んで運んだ木造の弁財船が復元されました。
[PR]
by ttru_yama | 2016-10-03 23:50 | 新美南吉
<< 0910-「20世紀少年」の町... 0910-「20世紀少年」の町... >>