0910-「20世紀少年」の町-354 (南吉生誕103年-171)

2016 新美南吉生誕祭-4 (半田市-2)

f0005116_1245491.jpg7/31、昨日に続き生誕祭2日目の新美南吉記念館入口です。
昨日の訪問者が願い事を書いたランプの短冊が、風に揺れていました。
館内では昨日も貝殻笛づくりやお話会があり、外の広場では宵祭りもありましたが、今日もウグイス笛づくりや、ごんぎつねの人形劇等の催し物で賑わっていました。
午後の13:30からは「南吉さんの贈り物」で紹介した、小野敬子さん達の「歌とお話の会」もありました。(左下写真)
ちょうど同じ時刻に特別展「教科書に載ったごん」の解説があったので、今回はそちらの様子を見てみました。

f0005116_16142683.jpg特別展の解説は学芸員の遠山さんで、コーナー入口には教科書にも使われている挿絵画家・かすや昌宏さんの、「ごんぎつね」のスライド(地元の小学生が音声に参加)が流れていました。

そうした挿絵画家の作品も並べられる中で、展示は明治以降からの教科書の変遷から始まります。写真の右下枠に切り出したのは、ハナの挿絵から始まるので通常「ハナハト本」と呼ばれる教科書で、南吉もこの教科書を使ったそうです。

f0005116_21195881.jpgさて戦後の1956年になり、大日本図書が「ごんぎつね」を小学4年生の教科書に掲載し、その9年目以降、同作品を掲載する教科書会社が毎年増え、現在は全ての小学4年の国語教科書に採用されています。
こうした背景には、読者をどんどん引き込む物語の秀逸性があり、最後が象徴的な終わり方をしている事で、児童の様々な心情的な発言を引き出し、教材としても優れている点にあるといいます。
この大日本図書の最初の採択には、当時教科書の編集にあたった、南吉作品の育ての親と言われる「巽聖歌」(写真)の力が大きかったと言われています。
詳しくは10月23日まで開催の特別展・「教科書に載ったごん」でどうぞ。

f0005116_2233668.jpgさて14:45からの恒例ビッグイベントはウナギのつかみどりです。
小学生未満の子は広場のミニプールで、小学生以下の子は人工川をせき止めて、放たれた200匹のウナギのつかみどりです。

捕まえたウナギはもちろん食べられますが、子どもがウナギと触れられる機会を提供する、というのが主催者側の意図だそうで、大人の手出しは厳禁です。
にょろにょろ滑って逃げるウナギに、みんな悪戦苦闘していましたが、終りがけにバケツを除くとみんなそれなりの成果があったようです。
(おしまい)
[PR]
by ttru_yama | 2016-08-08 23:45 | 新美南吉
<< 0910-「20世紀少年」の町... 0910-「20世紀少年」の町... >>