0910-「20世紀少年」の町-350 (南吉生誕103年-167)

半田から安城へ 南吉さんの贈り物
f0005116_22523749.jpgさる6/11(土)安城市南吉下宿先にて、掲記の催し物がありました。
南吉研究家でストーリーテラーである小野敬子(おのけいこ)さんは、毎月茨城県つくば市より半田市の新美南吉記念館に来られ、南吉の歌を歌われる左近治樹(さこんはるき)さんと、その奥様である玲子さんとともに「南吉童話の歌とお話の会」をされています。

今回はタイトルの「半田から安城へ 南吉さんの贈り物」とあるように、記念館でのお話会をそのまま安城の下宿先へ、持ち込んだ形の催しとなりました。

f0005116_1459479.jpg開始の1時間前、半田からの出演者ご一行が安城の南吉下宿先に到着されました。
梅雨のさなか、背後のハクモクレンの葉が緑に繁って綺麗です。(左端から新美南吉記念館、遠山さん、右に左近玲子さん、治樹さん、小野敬子さん)

f0005116_15294311.jpg縁側に南吉関係の本を置き、会場設営を行う左近さん。
私も参考にしていた小野さんの著書「詩碑の散歩道」、新美南吉に親しむ会発行「安城の新美南吉」、矢口栄著「南吉の詩が語る世界」、南吉著「手毬と鉢の子」などがありました。

f0005116_16152514.jpg時間となり、左近さんの南吉オリジナルソング「ランプの思い」から「歌とお話の会」がスタートしました。
左近さんは小野さん等のお話の後、自作の歌の演奏をされました。
次に全員揃ってのご挨拶。今回の出前公演は左近さんの希望だったそうで、小野さんも下宿先の大見さん、南吉に親しむ会の協力に感謝され、今回は「うた時計」「一年生たちとひよめ」他、玲子さんは「かんざし」「かたつむりのうた」を聞かせて頂きました。
f0005116_1736323.jpg
こうした流れの中で、遠山さんは「一年生たちとひよめ」に出てくる「ひよめ」についての生態や呼称、そして現代にも歌い継がれている「ひよめの歌」、作品の元になった「嘘」という作品についても解説されました。

また「うた時計」については、掲載された「少國民の友」(S17.2月号)を記念館から持参され、目次などを読んで、昨年太平洋戦争に入った直後の時代背景や、当時ならではの検閲で問題になった箇所等を解説されました。
この中には巽聖歌も「神武天皇」という詩を寄せています。また南吉が当時の授業で教え子に「うた時計」を読んで聞かせた話もされました。

かくして「半田からの贈り物」は、歌あり、お話(作品)あり、解説ありの豪華版で、1時間半があっという間に過ぎていきました。
[PR]
by ttru_yama | 2016-07-06 23:49 | 新美南吉
<< 0910-「20世紀少年」の町... 0910-「20世紀少年」の町... >>