0910-「20世紀少年」の町-175 (南吉生誕100年-37)

「南吉童話展」と「きりんの会」紙芝居

f0005116_0182951.jpg春に逆上ると言っていながら、また今回も最近の南吉イベントの紹介です。10/26-11/10まで、半田市立図書館にて南吉童話の世界にふれる「南吉童話展」が開催されています。

主な展示は、南吉の日記の中に取り上げられた作家と作品を、写真パネル及び、実際の本の展示で紹介するもので、ドフトエスキー・チェーホフ・正岡子規・谷崎潤一郎・萩原朔太郎・内田百聞(百閒)、児童文学では白秋・賢治・広介が紹介されています。

その他、グリム童話集・スコットランド童話集・武者小路実篤全集等、南吉の蔵書の原本が紹介される中、南吉の作品も生存中の「手鞠と鉢の子」から、昭和20年代発行された「牛をつないだ椿の木」「花を埋める」「ひろったらっぱ」「がちょうのたんじょうび」「ごんぎつね」、その他紙芝居になった「ごんぎつね」「花の木村の盗人たち」も展示されています。


f0005116_2302596.jpgそんな中、このたび半田市内の小中学生を対象にした、「好きな南吉のおはなしは何?」という興味あるアンケート結果がありました。結果はご覧のような結果となりました。
「ごんぎつね」をわずかに押さえ、「てぶくろを買いに」が1位になったのは、哀しい結末との差ではなかったでしょうか、という話もありました。
以下、「あめだま」「がちょうのたんじょうび」「でんでんむしのかなしみ」「かにのしょうばい」へと続きますが、このアンケート発表のすごいところは、子どもたちの主だった感想をちゃんと伝え、それを最後の1票まで伝えていることです。

f0005116_9415771.jpg
さて「童話展」と連携して10/26には、「春の電車-その4」でも少し紹介しましたが、南吉の紙芝居を市内各所で演じている「きりんの会」さんの公演がありました。

特に今回はアイリッシュ・ハープ演奏者・MISAさん(写真右上)とのコラボで、「イツノコトダカ」「去年の木」、単独で「ひとつの火」「ごんぎつね」が演じられ、最後にMISAさんのハープ演奏で「赤とんぼ」、ジブリの「いつも何度でも」「浜辺の歌」が演奏されました。

紙芝居とコラボ時のハーブは、物語のイントロ・場面転換・エンディングにおいて、物語に合ったメロディを奏で、絵と朗読、そしてハープとの相乗効果で場面を盛り上げていきます。

f0005116_2392796.jpg
ところで「南吉生誕100年」以来、「きりんの会」さんのステージでハモニカ・キーボード・フルート・オカリナ等とのコラボ演奏を観て来ましたが、ハープは今回初めてでしたのでつい、いろいろお聞きしてしまいました。
そもそも「きりんの会」というのは、立ち上げが昭和59(1984)年で来年で30年になるそうですが、半田図書館の読みきかせ講座を終了した人達が集まって結成されました。

ということで「きりんの会」とは、もともとは児童書の読み聞かせグループなのですが、南吉生誕80年の時、会の中でも南吉童話中心に活動する「南吉グループ」というのが出来、現在10人程のメンバーがおられるそうです。
(ユニフォームの背中を写させていただきましたが、このきりんの絵は「聞きに来てくれる人が、次まで首を長くして待っててくれるといいな」という絵なのだそうです)

f0005116_283410.jpg
最初は読み聞かせ中心でしたが、朗読だけより絵があった方がということで紙芝居を制作し、次に音を入れようということで、楽器の出来る知人に協力してもらうスタイルが出来てきたそうです。
そして今回のMISAさんとも、(私が知らなかっただけで)もう3年程のおつきあいでコラボ公演をされてるとのことでした。

ところでこの紙芝居の絵は「ごんぎつね」の一場面ですが、現在はオリジナル音源で効果を入れられています。これがいつかMISAさんの生演奏で、観られる日が来るといいですね。
そうなった時、いたずらごんはハープの音色によってどんな表情をしてくれるでしょうか。そしてエンディングの曲はどうなるのでしょうか。ついそんなことを考えた日でした。
[PR]
by ttru_yama | 2013-10-28 09:00 | 新美南吉
<< 0910-「20世紀少年」の町... 0910-「20世紀少年」の町... >>