1304 ポール・デルヴォー展-3

f0005116_225449.jpgこの絵「<伝説の旅>(1974年)のための習作」(1974) のように、デルヴォーは列車、特に汽車が好きで、作品にはそれらがよく登場します。

今回の展示物の中にも、デルヴォー自身が蒐集した、汽車のカンテラやランプなどがあり、今の世で言う「鉄道お宅」の一面を窺う事ができます。しかしデルヴォーにとっては、汽車は趣味以上のものであり、絵の重要なモチーフなのです。

そんな中の初期の作品「リュクサンブール駅」(1922)では、列車そのものが主題でしたが、この<伝説の旅>ではヌードもしくはロングドレスの女を左右に配し、月夜の幻想的な雰囲気を出しています。

f0005116_23391598.jpgそして「<エペソスの集い>(1967年)のための習作」(1967)という作品になってくると、これまたデルヴォー作品の重要な要素である、ギリシア・ローマ建築の要素がさらに加わってきます。

鉄道趣味と同様、ギリシア・ローマ文化への傾向も幼少期からということで、年表によれば1938、39年にイタリアへ、1956年にギリシア・イタリア旅行、1964年に2度目のギリシア旅行をしています。

作品のタイトルにあるエペソスとは、トルコ西部エーゲ会に面したイズミル県のセルチェク近郊にあった古代都市で、ギリシア語でエフェソス、トルコ語でエフェスと呼ばれる、アルテミスの神殿があった所のようです。

f0005116_22154136.jpgで完成版の、「エペソスの集い Ⅰ」なる作品はどうかというと、他の画集でも見当たらなくて、この作品が「エペソスの集い Ⅱ」(1973)です。

中央に横たわる裸の女や列車、背後のギリシア建築はほぼ共通素材ですが、左右の人物構成がだいぶ複雑になっています。しかしデルヴォーの他に誰が、ギリシア建築・列車・ヌードを一枚の絵に描いたでしょうか。それも何作にもおよんでのことです。

もう1回ほど話を続けるつもりなので、あまり結論づけみたいな話は早すぎるのですが、今まで見てきただけでも、デルヴォーを単にシュルレアリスムの画家、と言う枠でくくってしまうのは、デルヴォーに失礼な気がしてきたところです。(つづく)
[PR]
by ttru_yama | 2013-04-26 23:00 | ギャラリー
<< 1304 ポール・デルヴォー展-4 1304 ポール・デルヴォー展-2 >>